135° East

世界各国の旅行情報を紹介

アイスランド旅行のアルコール購入は到着時の免税店で!

f:id:novotabi:20180319034945j:plain

アイスランド空港免税店でのアルコール購入をオススメする理由

アイスランドの物価は高いですし、それにかかってくる消費税も高いです。通常の買い物で24%、アルコールはそれ以上とも言われています。また、アルコールはアイスランドでは国営のお店でしか購入することができません。言い換えると、BONUS等のスーパーでは低アルコール(約2%)の飲み物のみで、購入できません。

従って、アイスランドの空港に到着したら、空港内の免税店でアルコールを買ってから、空港をでることをオススメします。

アイスランド空港免税店の場所

幸いにも、アイスランドの空港には、飛行機を降りて入国審査場を通過してしばらく進んだ後、スーツケースの受取場(Baggage Claim)のすぐ横に大きな免税店があります。エスカレータを下った正面にあるので、すぐに見つけられると思います。

アイスランド空港免税店で購入できるもの

アイスランドのお酒の代表的なものは一通り揃っていました。また、店員さんにもお酒に詳しい人がいたので、色々とアドバイスも貰えます。

また、免税店には大きなボトルはもちろんのこと、下記のようにミニボトルでもお酒が売っています。私達が訪問した2018年2月には、”Any 6 For 5”という割引キャンペーンを実施しており、5個の値段で6個のボトルが買えました。また、1個あたりの金額は、”399 ISK PER ITEM"と書いてありますので、1つのボトルが399ISK(約400円)でした。

f:id:novotabi:20180319034118j:plain

スピリッツ系だけでなく、アイスランドのビール、更にはヨーロッパ産のワインもミニボトルで売っていました。下記のASTIはブルーラグーンで飲んで美味しいなと思って購入したもの。甘くて食前酒にぴったりです。

f:id:novotabi:20180319044244j:plain

最新の免税店での品揃え・お酒の価格はこちらを御覧ください。

Duty Free Iceland - Tax Free Store at Keflavik Airport

f:id:novotabi:20180319040633p:plain

さいごに 

折角の機会なので地元のお酒も楽しみたい、という方に、到着してすぐに空港の免税店でアルコールを購入することをオススメしました。ぜひ、ビールだけでなくウォッカ、ジンといったスピリッツ系も試してみてください!個人的にはBreninvin(ブレンニヴィン)等のGINは美味しかったです。主人がいうには、BJORKはユニークな味で木の味がしたと言っていました。残念ながら私は試すことができませんでしたが、氷河の氷でのむお酒も美味しいでしょうね!