135° East

世界各国の旅行情報を紹介

TUMIスーツケースを5年間使った感想をシェア

f:id:novotabi:20180511140548j:plain

 

この記事では、出張用のスーツケースを探しているビジネスパーソン向けに、出張にもプライベートにも使えるTUMI(ツゥミ)のALPHA2(アルファ2)のスーツケース・2ウィールタイプを紹介します。

 

私自身は、このスーツケースを2013年に購入してから、国内・海外、仕事・プライベート含めて色々なタイプの旅でこのスーツケースを5年間使ってきました。かつては、毎月1週間の出張に行くこともあったので、合計50回以上の旅行でこのスーツケースを使ってきたことになります。今でも、現役で活躍してます!

この記事では、私が5年間利用してわかったTUMIのスーツケースのメリット・デメリットについて紹介していきます。

TUMIといえばALPHA2

1975年創業。本社はアメリカニュージャージー州。

TUMIといえば、耐久性の高いオリジナル素材「FXTバリスティックナイロン」が有名。

FXTバリスティックナイロンR
業界において最高基準の耐久性を誇るトゥミオリジナルのバリスティックナイロン。超高密度ナイロンに特殊なコーティングと撥水加工を施しています
引用:TUMI公式ページ

会社勤めのビジネスパーソンが持っている、あのナイロン製のカバンに使われている素材のことを、FXTバリスティックナイロンというようです。知らなかった。。

更に、日経トレンディには下記のように書かれていました。

トゥミといえば「Alpha(アルファ)2」だ!

引用:日経トレンディネット

そうなんですか??しりませんでした。。でも、ALPHA2はいい製品ですよ!

下記で、ALPHA2のスーツケースについて詳しくレビューしていきます。

TUMIスーツケース・2ウィールタイプの基本仕様

f:id:novotabi:20180511061751p:plain f:id:novotabi:20180511061730p:plain

写真は、TUMI公式ページより。

  • サイズ:高さ 56cm X 幅 35.5cm X 奥行き 23cm(拡張時28cm)
  • 重さ:4.09kg
  • 容量:33リットル
  • 主素材:FXTバリスティックナイロン
  • カラー:ブラック

2-3泊の週末旅行や出張~数週間の旅行でも使える、使い勝手のいいサイズです。

あまり大きなスーツケースだと、スーツケース自体が重たすぎて、中にたくさんモノを入れると多くの航空会社の制限重量である23kgにひっかかる。逆に小さすぎると必要なモノが入らないということになるので、このサイズが一番好きです。

また、JALやANAの国内線は100席以上の大型飛行機であれば、機内持ち込みのサイズが3辺合計が115cm以内(55cm × 40cm × 25cm以内)ですので、ALPHA2(56cm × 35.5cm × 23cm)も機内持ち込みができると考えてよさそうです。拡張していない状態であれば、高さが1cmだけオーバーしていますが。

更には、Peachやバニラエアも重さをクリアすることができれば、なんと機内持ち込みもできそうですね。各飛行機の機内持ち込みのサイズに関しては、グレゴリー・コンパス40の機内持ち込み可否を検証にて紹介しています。

TUMIのALPHA2スーツケースを5年間使用した感想

1. ポケットが多いので収納が便利!

フロントポケットをはじめ、サイドにもポケットがあるので、細かいものを収納するスペースは十分あります。下記の写真は、TUMI公式ページより。
f:id:novotabi:20180511071745p:plain f:id:novotabi:20180511072147p:plain 

 

2. 荷物の大きさに応じて拡張できるのが超便利

行きは荷物を少なめに、帰りはお土産で荷物が増えるってことがありませんか。
そんなあなた(私)のために、スーツケースの幅を荷物の量に応じて約5cm拡張することができるという便利な機能を、このスーツケースは持っています。
おかげで、行きはコンパクト、帰りはお土産をたくさん持ってかえることができるので、私は非常に気に入っています!

3. 布製だけどしっかり衝撃を吸収

3~4回ほど、日本とアメリカを往復したときに、ワイン3本をALPHA2スーツケースの中に入れて持ち帰りましたが、このスーツケースで割れたことはありません。
注記:Wine Skineのようなワインの梱包財でつつんだ上で、スーツケースに入れています。梱包財なしのワイン単体では、さすがにわかりません。。

4. 5年間使用しても壊れない!

実は、お恥ずかしながら、私はあまりモノの取り扱いが丁寧ではないです…でも、そんな私の乱暴な扱いでも、このスーツケースは壊れていません。
ハンドルもフロントカバーも汚れはしますが、本当に壊れないですね。

従って、新しいものが買えない。でも、使いやすくて気に入っているのでOKです。

軽量な航空機規格のアルミニウム製ハンドルをケース内に格納することにより外部からの衝撃を吸収、ハンドルの防護性を高めたX-Brace45®構造を搭載(特許取得済)。

(中略)

耐久性に優れたFXバリスティック製。

引用:トゥミ(TUMI)公式ウェブサイト

 

フロントカバーは、米系の飛行機会社が乱暴に扱って1度だけ破れて出てきたことがあります。おそらく何か鋭利なもので、引っ掛けたんでしょうね。許せん!

TUMIスーツケース・2ウィールタイプのデメリット

私は、2ウィール(車輪が2つ)のものを購入したので、スーツケースを横に置いて歩くことができないので少し不便を感じるときがあります。

次回購入するのであれば、少し価格はあがりますが、4ウィール(車輪が4つ)のものを購入してもいいかなとも思っています。

ただ、普段はスーツケースを前から引っ張る形で歩いているので、そこまで必要ないかなと思ったりもします。

4ウィールのものが気になる!という方のために、下記で比較をしてみました。

TUMIのALPHA2スーツケースの比較

2ウィール型と4ウィール型のスーツケースについて比較してみました。

左が2ウィール型、右が4ウィール型の写真です。見た目はわずかに違うかなという位の差ですね。

  

大きさは同じであるものの、4ウィール型のほうが重さが約0.9㎏重く、容量は小さいということがわかりますね。

 

   インターナショナル・エクスパンダブル・2ウィール・キャリーオン  インターナショナル・エクスパンダブル・4ウィール・キャリーオン
型番 22020D2 22060D2
サイズ 56cmX35.5cmX23cm 56cmX35.5cmX23cm
容量 33L 30L
重さ 4.09Kg 4.9Kg 
主素材 FXTバリスティックナイロン FXTバリスティックナイロン
耐久性
持運びのしやすさ
収納量
価格
楽天市場でのレビュー 4.57 なし
評価件数 165 なし

メモ:各種情報はTUMI公式ページ、及び楽天市場を参考としました。 

持ち運びやすさは、4ウィールのほうが上だと思いますが、他の面では2ウィールでもいいかなと私は思います。

荷物をサイドにひいて歩きたい、かつお金に余裕がある方は4ウィール、それ以外の方は2ウィールでいいのではないでしょうか。

2ウィール型でも、楽天市場で4.57点という十分高い評価が得られています。


さいごに

本記事では、出張・旅行に大変便利なTUMIのALPHA2スーツケースを紹介しました。

2-3泊の旅行から、1週間以上の旅行まで対応できる、かなり使えるスーツケースです。今まで、AceやSamsoniteのスーツケースも使ってきましたが、このスーツケースが私は一番オススメだし、好きです。

アメリカでは、このスーツケースを利用しているビジネスパーソンもたくさん見ます。少し高いですが、長く使えるので、結果的にはいい買い物ですよ!私も、5年使い続けてきましたし、これからも使い続けます!

もし、スーツケースの購入を検討している方がいれば、ぜひちょっとだけ下記のサイトを覗いて検討してみてください!