海外在住の旅好きが届けるブログ135° East

世界各国の旅行情報を紹介

【プライオリティ・パス】サンフランシスコ空港ラウンジのまとめ

アメリカ・サンフランシスコ空港の中にある、プライオリティ・パスで入ることが可能な空港ラウンジについてまとめました。サンフランシスコ空港内には、現在プライオリティ・パスで入る事ができるラウンジは国際線ターミナル(セキュリティ通過後)にあるエアフランスのラウンジ1箇所のみになります。

 

エアフランス-KLMラウンジのロケーションはセキュリティ通過後に

国際線ターミナルのセキュリティを通ると、すぐ左側にブランドショップが並びますが、その1番手前側のブランドショップの手前の奥まった場所に入口があります。セキュリティ通過後に入ることができます

コンコースAからの出発のときのみ使えます。飛行機会社によっては使えない場合があります。入口で、プライオリティ・パスと搭乗券を見せると入れてくれます。

営業時間は、毎日午前6時45分から午前0時15分まで。

エアフランス-KLMラウンジのアメニティ

中は綺麗に掃除されており、入ってすぐの手前と奥まったところにあるスペースがあります。手前側はコーヒー等のドリンクがおいてあり、奥側に食事・ドリンクがおいてありました。Wifi、アルコールはありますが、シャワーはありません。

エアフランス-KLMラウンジの軽食と飲み物

朝食メニュー

訪問した際は朝9時ぐらいでしたので、朝食メニューが並んでいました。

ヨーグルト、卵サンドイッチ、デニッシュ系のパン、カップラーメン(チキン味のカップヌードル)が置いてありました。

ひっきりなしに食事が補充されていたので、量がなくなることはありませんでしたが、どうもあまり味が好きにはなれませんでした。唯一、カップラーメンがよかったです。下記は、フォカッチャ風のパンを使った、たまごサンド。

f:id:novotabi:20180312090524j:plain

正直、朝食時は期待はずれというのが感想です。普段こんなことはないのですが、ここの食事では満足できなかったので、外のレストランドで約千円近くもする高級サラダを買ってしまいました。カップヌードルはキープしたまま、食事のレベルをもう少しあげてほしいです。

さいごに

プライオリティ・パスで入れるサンフランシスコ空港にある、エアフランスの空港ラウンジについてレビューしました。施設はキレイであるものの、フランスは美食の国というイメージからは程遠く、エアフランスなのに食事のレベルが低くがっかりしました。違う時間帯にも訪問してみたいと思います。

なお、このラウンジは国際線のみ(しかもコンコースAのみ)と、使い勝手が悪すぎるので、プライオリティ・パスの運営会社には、アメリカ国内線のときに利用できるよう提携の拡大、他のコンコースでも使えるよう提携の拡大、とにかく提携の拡大をがんばってほしいです。

関連記事