135East/みりタビ

世界のストーリーを伝えていく旅ブログ

【注目】アイスランドの人気アウトドアブランド「66North」【アウトレット情報あり】

アイスランド 66ノース



アイスランドに旅行をした人なら誰でも見たことがある66°のマーク。

デザインもかっこいいので、なんだろうと気になった人も多いのではないでしょうか?

 

66°はアイスランドを代表するアウトドアブランド

アメリカでいうNorth Faceにも似た(より洗練されたイメージ)ブランドです。

実際に、アイスランドの66°のお店・アウトドア店・そして実際に66°の商品を購入しました!

 

本記事では、66Northのアウトレットへの訪問情報を含め、66°North(シックスティシックス・ノース)について紹介します。

66°Northの基本情報(レイキャビク市内の店舗)

アイスランド 66ノース

  • 住所:Laugavegur 17, 101 Reykjavík, アイスランド
  • 電話番号:+3545356670
  • 営業時間:午前11時〜午後6時(週末は午後5時まで)
  • 公式サイト:https://www.66north.com/
  • 店舗情報:現在アイスランドやコペンハーゲンに11店舗(店舗リスト

 

66°North とはアイスランドの人気アウトドアブランド

f:id:novotabi:20201105015757p:plain

参考:66°North公式サイト

アイスランドで人気があるアウトドアブランドの一つです。

66°Northは、1926年にHans Kristjánssonが設立し、元々は過酷な環境で働くアイスランドの漁師さん向けに作られた製品を製造したブランドです。

 

66°Northのブランド名は、このブランドが作られた土地「Súgandafjörður」を通る緯度にちなんで名付けられたようです。

66°North derives its name from the latitudinal line of the Arctic Circle which touches Súgandafjörður where the company was founded in 1926.

参考:66°North公式サイト 

 

実は、私のブログ名もこの66°Northにならって、日本を通る経線である東経135度を参考にしました。

 

アイスランドのメイン空港「ケフラヴィーク空港」でも、66°Northの大きな広告が飾られていましたよ。

目をひくのは、66のマークだけでなくそのデザイン。

アメリカのノースフェースのように、飽きがこないデザインで格好いいです。

メンズクラブ公式ブログでも紹介されていました。

 

アイスランド・ケプラヴィーク空港の66°Northの免税店

f:id:novotabi:20180312085453j:plain

アイスランドの玄関口、ケプラヴィーク空港にも66°Northが出店しています。

セキュリティを通過した後、ショッピング街が広がっており、その一角に免税店があります。

 

免税店での品揃えと価格の最新の様子は、66° NORÐUR | Keflavik Airportにアクセスしていただけると感じていただけると思います。

参考までに、スクリーンショットを下記にのせています。

f:id:novotabi:20180505085412p:plain

参考:https://www.isavia.is/en/keflavik-airport/shops-and-restaurants/shops/66-nordur

 

2018年5月現在、1ISKは1円が目安です。

メチャクチャ高いわけではないですが、免税店でも安くないというのが私の印象です。

 

ということで、市内のアウトレット店を探しており、2018年2月に訪問してきました。

 

66Northアウトレット店の基本情報

  • 住所:108, Faxafen 12, Reykjavík, Iceland Google Maps
  • 営業時間:午前9時〜午後9時(土曜は午前10時〜、日曜は午後0時〜)

 

66°Northのアウトレット店への行き方・アクセス方法

f:id:novotabi:20201105015952j:plain

66°Northのアウトレット店がレイキャビック市内にあります!

 

しかし、繁華街からは少し離れているので、レンタカーがないと行きにくいかもしれません。

アウトレット店はかなり安いので、行く価値アリです。

市内から5−10分程度のようなので、レンタカーがなければ、タクシーかバスで行ってもいいかもしれないですね。

 

f:id:novotabi:20180313131711j:plain

アウトレット店は、正規の価格で販売している通常店のすぐ横にあります。

まずは、正規の価格で扱っている66Northのお店の入口から入ります。

正規店の左奥にOutletはこちらといった内容の掲示があります(上の写真)。

案内に従って歩いていくと、丁度正規店の裏側にアウトレットコーナーがありました。

 

66Northのアウトレットはかなりお得!

メンズ、レディース、キッズ、プロフェッショナル用とわかれています。

メンズが多いような気がしましたが、どのコーナーもそれなりに揃っていました。

価格は、感覚的には、70%ぐらいになっているお得なものから30%ぐらいのものまであったように思います。

不思議なのは、正規価格の販売店で売っているものとほぼ同じデザインのものもアウトレットコーナーに売っていました。え?という感じですが。。

従って、まずはアウトレット店を覗いてから、正規価格のお店で買うのがいいです。

主人は、定価63,000 ISK するスーツにもあいそうなダウンのジャケットを12,600 ISKで購入していました。

デザインはあまり日本では見たことがないものですが、かなりよかったです。

 

実際に購入したダウンジャケットですが、見た目はすごくおしゃれだったのですが、うちの夫が活動的すぎたのか、現在、購入してから3年目ですが、腕の縫い目のあたりが破けてきてしまいました…

 

66°Northアウトレット店は免税対応あり

f:id:novotabi:20201105020302j:plain

対象の価格(6000 ISK)以上であれば免税処理をしてくれます。

買物時にパスポートを見せて、"Duty Free, please"といえば、免税処理をしてくれます。

アイスランドを出発する時に、空港(セキュリティの前)の免税コーナーで、提出するように渡された書類を提出してくださいね。

アイスランドのVAT(消費税のようなもの)は24%と非常に高いですので、お忘れなく!

TAX Refund when leaving Iceland. VAT Refund visitors - Keflavik International Airport - Kefairport.com

 

日本でも買える!アイスランドのアウトドアブランド「66North」

アイスランドまで行かないと、66Northは買えないのか?という方に朗報です。

アマゾンでも66Northの製品が買えるようです。

価格はアウトレット価格とまでは行かないですが、アイスランドへの飛行機代を考えると悪くないのではないでしょうか。

 

まとめ|アイスランドのノースフェイスに匹敵!デザインがカッコいい66Northはオススメ!

本記事では、アイスランドのアウトレットブランド66Northを紹介しました。

機能もデザインも最高にイイです!

人とは違ったブランドの洋服を来てみたいという方にオススメです。

 

66Northの購入に最もおすすめなのは、市内にあるアウトレット店。

時間がない方は、レイキャビック空港にも66Northのお店があります。

ただ、価格は残念ながら正規価格。

もし可能であれば、ぜひ市内の66Northのアウトレット店を覗いてみてください!

 

アイスランド観光・旅行前に読んでおきたい!まとめ記事

私が35カ国旅した中で、最もお気に入りの国のひとつ「アイスランド」の観光情報について、渾身の力を込めてまとめました。 

観光ガイドには載っていない、実際に旅行しながら発見した穴場スポットも含めて、体験談込みで紹介しています。

アイスランドへの旅行や観光を考えている方にオススメです。

アイスランドの観光情報をまとめた記事はこちら

www.135east.com

 

 特集・まとめ記事

priority-pass-review 20200724015924

 カテゴリでさがす

20200602072648 20200602072700 20200602072713 20200602072723 20200602072743 20200602072733

 地域・国で旅行情報をさがす

アジア 日本 台湾(台北・台南)|タイカンボジアベトナムネパールマレーシア|インドネシア|中国|フィリピン|韓国

アメリカ ハワイカリフォルニアニューヨークワシントンD.C.ラスベガス

ヨーロッパ アイスランドイギリスイタリアギリシャクロアチアジョージアスペインスイスポルトガルトルコフランス

アフリカ モロッコ

 最新記事