135° East

世界各国の旅行情報を紹介

アイスランド旅行のおすすめレンタカー

f:id:novotabi:20180411123843j:plain

せっかくのアイスランド旅行、自分で運転してみたいけどレンタカー大丈夫かなと、海外でのレンタカーに不安を感じているあなた向けに、この記事ではアイスランドのおススメのレンタカー会社とレンタカーの借り方について解説しています。

アイスランドのレンタカー会社

私が調べたときは、Sixtをオススメしているものを何件か見ました。私はCars Icelandを利用しました。

Cars Icelandの良かった点

  1. テキパキとした手続き レンタカーのピックアップも約15分で手続き完了、返却時も10分ぐらいの立ち寄り時間で処理が終わったので時間のロスが少なかったです。
  2. 車のメンテナンス状態 車内も綺麗でしたし、1週間借りて、車の走行には全く問題がありませんでした。おそらくどこのレンタカー会社もだと思いますが、冬はスタッドレスタイヤが装着されていました。
  3. 保険への的確なアドバイス 通常はレンタル会社は、保険料金で儲けているのでいろいろと保険を加算しようとしてくるのですが、この会社は違いました。2月は砂利道は雪に覆われており、砂利道にはまる心配は少ないのでこの保険は不要といったアドバイスを親切にしてもらえたのは大変助かりました。
  4. 旅行中のカスタマケア 旅行中も、極度に天候が悪いときはWarningメールを送ってくれるなどサービスが細やかでした。

前回は他社でレンタカーを借りましたが、オートマとマニュアルが予約と違っていて在庫がないから隣の会社で聞いてくれといわれ、うちもないから隣…と、たらいまわしにされたあげく、結局は元の会社で2時間後に借りることができた。レンタカーを借りるだけで、大変疲れたという経験があります。帰国して、自分たちの予約を再確認したら予約内容は合っていたので、何らかのシステム上の不具合で違う情報が登録されていたようです。こんな経験はしたくなかったので、今回は慎重に選びCars Icelandにしましたが、大正解でした。

レンタカーの料金

アイスランドにはマニュアルとオートマがあります。料金は車種によって異なりますが、小型車・マニュアルの方が安めの料金設定になっています。1日あたり5000から7500ISKが相場のようですね。

小さな車であれば1日5000クローナほど、SUVであれば7500クローナほどでレンタルできます。
引用:Guid to Iceland

参考までにですが、私たちが利用した際は、7日間のオートマの小型車レンタルで合計60,000ISK弱でした。

レンタカーの予約方法

下記のサイトであれば、複数のレンタカー会社の料金を比較して表示してもらえます。

RentingCarz(レンティングカーズ)

Cars Icelandでの予約方法

Cars Icelandの場合、画面上の”BOOK”ボタンをクリックすると予約画面に遷移します。

f:id:novotabi:20180411045600p:plain

引用:Cars Iceland

 

予約に関連すると思われる、主要な単語を下記にリストします。

  • PICK UP DATE(レンタルの初日)
  • DROP OFF DATE(返却日)
  • VEHICLE(車種)
  • PICK UP LOCATION(レンタカーを借りる場所)
  • DROP OFF LOCATION(レンタカーの返却場所)
  • INSURANCE(保険代金)
  • EXTRAS (オプション)
  • SUBTOTALS(レンタル金額の合計)

 

予約で気をつけたいこと

  • マニュアルとオートマは、気をつけて選択を!
  • 冬は横からの突風が結構吹いていたので、小型車だとちょっと怖かったです。車体の重い4WDにすればよかったかなと、ドライブ中に少し後悔。もちろん、無事に帰ってこれましたが。一方、夏場のドライブは小型車を結構見かけました。
  • Fロード(夏場のみOpen)を走る場合は4WDが必要。ここは未経験なので、レンタカー会社と確認してください。

レンタカーの保険

Cars Icelandの場合は1-4までが全て含まれた価格になっており、最後の5番のみがオプションです。人によっては、アイスランド南部を旅行するときは5番もつけたほうがいいとのコメントもありました。夏に旅行したときは1-5全てに加入しましたが、冬に旅行をしたときは、雪で灰も被われているので不要ではとアドバイスをもらったので、5だけ加入しませんでした。

  1. CDW Insurance(自車両損害補償)
  2. SCDW Insurance(スーパー自車両損害補償)
  3. GP Insurance(砂利による損害の補償)
    ウィンドスクリーンやヘッドライトに他の車が通った後の小石があたって傷ついた場合の補償。結構これは重要。前を走っている車のタイヤに引っかかった小石が、結構飛んできました。
  4. TP Insurance(盗難保障)
  5. SAAP Insurance(砂・灰による損害の補償)

どの保険に加入しても、負担がゼロというわけではなく、自分で支払う金額の上限があるという意味なので、何かが起こった場合はいくらか自払いとなります。

レンタカーのピックアップ方法

  • 空港でレンタカーをピックアップする場合、空港からレンタカー会社まで送迎バスがあります。空港を出て、数分歩いたところにある送迎バスのバス停まで歩き、送迎バスに乗ればすぐです。バス停の場所は通常予約時の電子メールに記載されています。Cars Icelandの場合はこちら。

    To find the Airport Shuttle:

    • Exit the arrivals hall.
    • Walk 100m straight ahead from the arrivals hall to the bus stop.
    • The bus departures every 15 minutes. Our office is the second stop on its route and you will see our logo on the bus.
      (Cars Icelandからのメールより引用)

  メモ1:天気がよければ歩いていくことも可能です。徒歩5分ほどでした。バスを待っている間にレンタカーオフィスに到着できますね。
  メモ2:(Cars Icelandの場合)ホテルでピックアップもしてくれるようです。

  • レンタカー会社についたら、予約した代表者の氏名を伝え、下記のアイテムを提示します。チェックインの際には、Booking Reference番号が記載された予約票を見せるとスムーズです。必要なものはこちら。

   パスポート
   運転免許証・国際免許証
   クレジットカード

  • 予約情報に基づいて、受付の方が車をアサインしてくれます。このときに、日本車がいいといったリクエストがあれば言ってみたほうがいいです。
  • 車が用意できると、契約書類へのサインを求められます。保険のカバレッジ範囲はしっかり確認しておいた方がいいです。
  • サイン後、実際に借りる車をレンタカー会社の方と、車体のどこに傷があるかを一緒に確認して内容を確認したら、再度書類にサインします。

  これでレンタカーを借りて出発する準備ができました!

レンタカー会社で確認しておきたいこと

  • オートマ、もしくはマニュアル?
  • 自動車保険のカバレッジの種類
  • ガソリンの種類(95Oktan? Diesel?)

アイスランドの運転ルール

  • 右側通行
  • 速度制限:警察はあまり見ませんでしたが、オービスは多く設置されているので気をつけるようにとレンタカー会社でも言われました。
  • ラウンドアバウト:基本は交差点の中にいる車が優先なので、スペースがあいたときに入り込んでください。アイスランドは車の数がレイキャビック周辺でなければ多くないので大丈夫かと思います。
  • 飲酒運転禁止
  • 交通標識:おそらく殆ど直感的に理解できると思いますが、私はいくつかわからないものがありました。アイスランドの交通標識に関しては、Procarが代表的なものをわかりやすくまとめています。
    参考:Important traffic signs you should know in Iceland 

アイスランドのガソリンスタンド

  • セルフが多い。
  • ガソリンの種類が、95OktanとDieselの2つあるので、レンタカーを借りたときにどちらかを確認するのが無難。
  • クレジットカードで精算可能。ただし、クレジットカードの暗証番号の入力が必要。
  • レンタカーの返却時には、無駄な手数料を取られるのを防ぐため、かならず空港近くのガソリンスタンドで満タンにして返却しましょう!
  • ガソリンの給油方法については下記の記事で紹介しています。

www.135east.com

さいごに

この記事では、アイスランドでレンタカーを利用しようか迷っている人、利用する予定のあなた向けに、おススメのレンタカー会社とその予約方法・運転・ガソリンスタンドでの給油方法について解説しました。特に夏であれば、絶対に自分たちで運転してアイスランドを見て回った方がいいです。レイキャビックもいいですが、その周辺にある自然こそがアイスランドの財産なので、ぜひレンタカーを使って観光してほしいなと思います。