135° East

US在住・会社員トラベラーによる旅ブログ

暖かい格好で行きたい!冬のミラノ観光の服装を写真入りで大紹介

イタリア・ミラノ

2018年12月にミラノ観光に行ってきました。

日本より寒いんじゃないかと思うぐらいの寒さで、薄着で行ってしまった私はありったけの服を重ね着してミラノを観光していました。

私の失敗経験をもとに、冬のイタリア・ミラノ観光を計画中の方向けに、ミラノ観光の服装について紹介しています。

冬のミラノの気温は東京と同じか少し低め

冬のミラノの気温は東京と同じか少し低め。

直近1週間の気温と天気情報が、地球の歩き方で紹介されています。

 

私が滞在した12月下旬(クリスマス前後)ときは、晴れか曇りの天気が多かったです。さらに、朝方と夕方は霧がでている日が多く、とにかく寒かったです!

イタリアってこんなに寒かったのというぐらい、頬に冷たい風がビシビシ当たる感じで、正直、外に観光に行くのも億劫になるぐらい寒かったです。

 

地元ミラノの人たちの服装はオシャレ、でも暖かそう!

地元の人達は、長ズボンにダウンジャケット、手袋、帽子、マフラーという格好の人が多かったです。

女性はスカートを履いていても、膝までの長いブーツを履いていたり、ダウンジャケットのかわりに毛皮のコートを来ている人が多かったです。

あたたかそうで、かつオシャレです!

女性は特にオシャレな人が多いなと思いました。

 

冬のミラノ観光客はカジュアルな格好。だけど、完全防備!

観光客の人達も、地元の人と同じくダウンジャケット、帽子、マフラーの人がかなり多めです。

 

靴は、歩きやすいスニーカーやブーツの人が多かったです。

ミラノはたまに雪が降るときもあるとのことなので、旅行前に天気予報の確認をしておいたほうが良さそうです。

日本でも人気のUGGブーツを来ている人もちらほら見かけました。

ちなみに、ミラノの道路はキレイではないので、あまりキレイな靴だと犬の糞をふんでしまったときのショックが大きいです。

  

ミラノ

ミラノで有名な観光スポットのひとつ、ドゥオモを見学するために、上の写真のように屋外で1時間半待たされたのですが、とにかく寒くて凍えました。

体の芯まで冷えたという表現が正しいと思います。

私は、上下ヒートテック・長袖Tシャツ・フリース・防風ジャケット・長ズボン・ヒートテック靴下・手袋・帽子・ネックゲイターという、アイスランドとほぼ同じ服装でしたが、それでも屋外で長時間待たされると、寒くて凍えそうでした。

主人もほぼ同じでダウンジャケットを来ていましたが、普段はあまり寒がらない主人が「寒い!」と凍えていました。

 

ミラノ観光時、歩いている間はまだいいのですが、屋外でじっとしているとかなり寒さが応えます。

とにかく、暖かく備えていくことをおすすめします。

特に、ドゥオモは待ち時間が半端ないです。

 

冬のミラノ観光にはヒートテックとダウンジャケットが必須!

ミラノで凍えた経験から言えるのは、冬のミラノ観光はとにかく暖かい格好で!ということ。

私のおすすめはこれです。

 

 

さいごに

本記事では、冬のミラノ観光の服装について紹介しました。

地元に人たちはオシャレな格好の人が多いですが、観光客は一般的にカジュアルな格好でした。ただ、どちらも暖かく着込んでいました。

ダウンジャケットとマフラーは必須です! 

UNIQLOのフリースネックウォーマーはかなり強い味方になるので、ぜひミラノ旅行前に買っていくことを強くおすすめします。

主人は買っていきましたが、私は買っていかず、深く後悔しました。