海外在住の旅好きが届けるブログ135° East

世界各国の旅行情報を紹介

チョコ好きは見逃すな!ラスベガスの地元のチョコレートショップ Ethel M

f:id:novotabi:20180929154129j:plain

アメリカって、日本のように地方の名産品が少ない(わかりにくい)です。

日本だと、博多であれば明太子、北海道であれば六花亭のバターサンドのように、地方の名産品があるのですが、アメリカはあまりないです。

ないわけではないのですが、本当に調べないとよくわからない。

先日のラスベガス旅行で見つけた、ラスベガスの地元チョコレートショップEthel Mを試してみました。

地元密着のチョコレートショップEthel M

f:id:novotabi:20180929154159j:plain

Ether MはForrest Mars Sr.がお母さんの名前にちなんで名づけたラスベガスのチョコレート屋さんです。

100年前のお母さんのチョコレート作りのレシピを参考に1981年に創業されました。

 

Ethel MのWebサイトには下記の3つの特長が紹介されています。

  1. Freshness・新鮮:新鮮な材料を使い、新鮮さが保てるよう自社工場内でナッツの加工も行っている。防腐剤をいれていないとのこと。嬉しいですね。
  2. Packed by Hand・手作業での箱詰め:機械化せずに手作業で丁寧な箱詰めを実施している。
  3. Small batches・小規模生産:大量生産せずに、限定生産している。

Webサイトを読んでいて、Ethel Mは地元に密着したチョコレート屋さんだと感じました。

ラスベガス空港のお店を訪問しても、ひとりひとりの定員が丁寧に対応していたのが印象的です。

定員さんにEthel Mって何がすごいの?と聞いてみたら、防腐剤を入れていないことと言っていたので、Freshnessは最も大事にしていることなんでしょうね。

 

ラスベガス空港にも出店しているEthel M

Ethel M

今回、YelpというアメリカのWebサイトを眺めていたら、空港で妙に高評価を得ているチョコレートショップを見つけたので、主人へのお土産にと立ち寄ることにしました。

空港内には、合計4店舗のお店があり、ほぼ各ターミナルにEthel Mのチョコレートショップがあるので、アクセスはかなりしやすいです。

 

なお、Ethel Mはラスベガス郊外にもチョコレート工場があり、工場見学もできます。

チョコレートのテイスティングも$15で堪能できるようです。

今回、訪問できなかったのですが、次回はチョコレート工場を訪れてみたいです。

チョコレート工場と言われると、映画「チャーリーとチョコレート工場」を思い出しますね。

 

ラスベガスの中心部からも近いので、気軽に訪問できそうです。

 

チョコレート工場の住所:

2 Cactus Garden Dr, Henderson, NV 89014 Google マップ

 

チョコレート工場へのアクセスは、レンタカーかLyftなどのタクシー配車アプリが便利ですね。

チョコレート工場について詳しく見てみる

 

Ethel Mのチョコレートは王道の味

Ethel Mのトリュフ
Ethel Mのトリュフ

今回、人気と思われるトリュフのセット(価格$20、約2000円)を購入。

この12個のトリュフセットには、 6種類のトリュフが2個ずつ入っていました。

f:id:novotabi:20180930151259j:plain

参考:Ethel MのWebサイト

 

どれも、チョコレートの味がきちんとします。

ギラデリやゴディバのチョコレートは、色々な味がついた凝ったチョコレートが多いですが、Ethel Mのチョコレートは王道だなと思いました。

言い換えると素朴な味のチョコレートですが、それでも美味しいと感じましたよ。

甘いものが大好きな主人も、食べた瞬間に「これ美味しい!」と喜びの声をあげていました(笑)

 

今回、事前に包装されていたものを購入しましたが、自分が欲しいチョコレートだけを選ぶことができるカスタム対応もできます。

その場合、若干価格はあがりますが、強い好みがある場合には試してみてもいいですね。

 

基本情報

ラスベガスの空港内に4つのお店を出店しています。

A&Bゲート、Cゲート、Dゲート、Eゲートにありますので、自分の出発ターミナルに合わせて立ち寄ってみてください。

ターミナルによって営業時間は異なりますが、朝6時・7時〜夜9時まで営業しています。ただし、A&Bゲートのお店は午後5時まで。

空港内のEthel Mのお店の場所を確認する

 

さいごに

本記事では、ラスベガスの地元のチョコレートショップEthel Mについて紹介しました。

ラスベガスへ観光の際は、ぜひチョコレートのテイスティングが楽しめる工場へも立ち寄ってみてくださいね。

時間がない方は、空港のお店でお土産を買うだけでも、十分に王道のチョコレートを楽しむことができます。

 

ラスベガス観光に関しては、記事「ラスベガス観光がもっと楽しくなる!観光情報のまとめ」でまとめています。

よかったらどうぞ!