135East/みりタビ

世界のストーリーを伝えていく旅ブログ

【世界遺産】こんな家に住みたい!フランク・ロイド・ライトの傑作建築「落水荘」

f:id:novotabi:20200603152018j:plain

3−4年前になりますが、東海岸に住んでいるときに、アメリカ・ペンシルバニア州にある、有名な建築家フランク・ロイド・ライトが設計した「落水荘(らくすいそう)」(英語名はFallingwater)に行ってきました。

家の中に入って、実際に見学してきましたが、これはスゴイ!

こんな家だったら、外出禁止令が出ても平気です。

少し行きにくい場所にありますが、ペンシルバニア州を訪れることがあったらぜひ訪問してもらいたい。

将来、マイホームを建てたいなと思っている人には、なにかヒントになるものを得られるはずです。

紹介していきますね。

 

写真撮影禁止の「落水荘」の中の様子がわかる貴重な動画はこちら。

youtu.be

世界遺産「落水荘」の基本情報とアクセス方法

  • 住所:1491 Mill Run Rd, Mill Run, PA 15464
  • 電話番号:+17243298501
  • 営業時間:午前9時〜午後5時(新型コロナ肺炎のため、現在は変則的な営業時間)
  • 休館日:水曜日
  • 公式サイト:https://fallingwater.org/

 

世界遺産「落水荘」への行き方とアクセス方法は?

落水荘は、郊外の山の中にたっているので、レンタカーでのアクセスが必須です。

ペンシルバニア州の州都ピッツバーグ(上の写真)からは車で片道約1.5時間かかります。

 

私が当時住んでいたワシントンDCからは、片道約3.5時間のドライブでした。

日帰りで行きましたが、正直疲れました。

 

ただし、アメリカは田舎に行けば行くほど、のどかな風景や、いわゆるアメリカらしい大きな家が見られるので、アメリカの田舎道のドライブも楽しいですよ。

 

お値段もお得!日本語サポートがある海外レンタカーの検索サイトはこちら(レンティングカーズのサイトへ移動)

 

運転が苦手な方&長時間の運転は嫌だ!という方は、ツアーに参加するのがオススメです。

アメリカの景色を楽しむことに集中できます。

 

▶落水荘を訪れる現地発のツアーの検索サイトはこちら 

 

フランク・ロイド・ライトって誰?

フランク・ロイド・ライトは近代建築の3大巨匠として呼ばれている、世界的に超有名なアメリカ人の建築家です。

実は、浪費家で、雇い主の奥さんと不倫関係になったりと私生活は大変だったようですが、建築の世界では有名な方です。

私でも、どこかで名前を聞いて知っていました。

アメリカのニューヨークにある、渦巻の階段で有名なグッゲンハイム美術館(上の写真)をデザインしたことで有名です。

日本では、帝国ホテル新館の設計者としても知られています。

 

さらにフランク・ロイド・ライトは、家具や照明・食器もデザインしており、下記のような家具をデザインしていたとのこと。

この写真を見ると、あれ、どこかでこんなデザイン見たことある人も多いはず。

 

  

 

かっこいいですね〜。

私はこういう雰囲気の家具、好きです。

ついつい、一番右の写真にあるナイトランプを、この落水荘のお土産屋さんで買って帰りました!

 

世界遺産「落水荘」ってスゴイの?

ピッツバーグのデパート王と呼ばれた大富豪「エドガー・カウフマン」の邸宅として、1935年に作られました。

滝上に建てられた家として有名です。

建築費用は、公式サイトによると155,000米ドル。

うち、8,000ドルがフランク・ロイド・ライトの設計費用だったようです。

 

そして、2019年7月に、ユネスコの世界遺産委員会は、建築家フランク・ロイド・ライト氏が手がけた落水荘やグッゲンハイム美術館を含む8作品を世界遺産として登録されました。

他の作品はこちら。

  1. アメリカ・ニューヨーク州 グッゲンハイム美術館
  2. アメリカ・ウィスコンシン州 ハーバート・キャサリン・ジェイコブス邸
  3. アメリカ・イリノイ州 ユニティー・テンプル
  4. アメリカ・イリノイ州 フレデリック・C・ロビー邸
  5. アメリカ・ウィスコンシン州 タリアセン
  6. アメリカ・アリゾナ州 タリアセン・ウエスト
  7. アメリカ・カリフォルニア州 ホリーホック邸

 

世界遺産「落水荘」の見学ツアーは?

フランク・ロイド・ライト 落水荘

見学ツアーは予約をしておくのが無難です。

見学ツアーは2種類。

何度も行けるところではないので、個人的にはせっかくだから内装も見学するツアーがオススメです。

  1. 外観だけを見学するツアー、18ドル、1時間
  2. 内装も見学するツアー「in-depth tour」、65ドル、2時間

私も内装を見学しましたが、内装もステキでした!

 

なお、落水荘の内部には階段がかなりあります。

階段に不安がある人は、1階ロビーだけのツアーを選択することも可能なようです。

 

現在は、新型コロナ肺炎のため、外観だけの見学ツアーになっているようです。

詳しくは、落水荘の公式サイト(英語)をご確認ください。

 

世界遺産「落水荘」を見学した感想は?

フランク・ロイド・ライト 落水荘落水荘のリビングや書斎のようなところまで、ひとつずつの部屋を詳しく説明してもらいながら見学ツアーを楽しみました。

落水荘の見学ツアーは、内装の写真撮影が禁止。

せっかくのアメリカ東海岸っぽいステキな内装は、実際に訪れて見てみるしかありません。

 

一番印象的だったのは、どこかの部屋から川まで直接降りることができたこと。

上の写真にも、階段が写っていますが、その階段が川辺に降りることができる、その階段です!

リビングから階段を降りていったら川辺って、ステキすぎます。

氾濫とか虫とか気になりますが、あつ~い夏に冷たい川に足をつけることができたら最高です!

 

基本的には、川の上に家がたっているのですが、地震が来たらどうしようとか、自身の国「日本」出身の私は心配で仕方ないですが、できることならこんなステキな家で、自然や水の音に囲まれて暮らしたいです。

一緒に行った主人も、こんな家に住みたいと目を輝かせていました。

 

こんな具合に、至るところに自然との調和が表現されていて、既にあった?木をよけて柱をわたしている様子なども記憶に残りましたよ。

  

世界遺産「落水荘」はこんな人にオススメ!

建築に興味がある人はもちろんのこと、私のように建築の素人でも十分に楽しめます。

将来、独自設計で家を建てたいと思っている人には必見ですね。

必ず、家のアイデアが色々と広がりますよ!

 

こんな環境であれば、外出禁止令が出ても平気なのになぁと回想しながら、この記事を書いていました(笑)

 

 特集・まとめ記事

priority-pass-review 20200724015924

 カテゴリでさがす

20200602072648 20200602072700 20200602072713 20200602072723 20200602072743 20200602072733

 地域・国で旅行情報をさがす

アジア 日本 台湾(台北・台南)|タイカンボジアベトナムネパールマレーシア|インドネシア|中国|フィリピン|韓国

アメリカ ハワイカリフォルニアニューヨークワシントンD.C.ラスベガス

ヨーロッパ アイスランドイギリスイタリアギリシャクロアチアジョージアスペインスイスポルトガルトルコフランス

アフリカ モロッコ

 最新記事