135° East

世界各国の旅行情報を紹介

マウント・シャスタ近くの探検家気分を味わえるHatchet Falls

f:id:novotabi:20180605135704j:plain

本記事では、マウント・シャスタの近くにある、夏の水遊び場としてアメリカでは人気がある滝ハチェット・フォールズ(英語 Hatchet Falls)への行き方について紹介しています。観光スポットとして整備されているわけではないので、駐車場スペースは狭く、看板もなくて、辿り着くまでが少し大変です。少し子供にはアクセスが危ないかもしれません。しかし!冒険という感じがして楽しい滝であることは間違いないです。

 

Hatchet Fallsの基本情報

別名Lion Slide Fallsとも呼ばれており、滝に横たわっている枯木が印象的です。木には足場となりそうな切れ込みが刻まれており、夏にはこの木を登って滝壺に飛び込む人がたくさんいます!私も、どこかの動画で見かけて、この枯木が印象的でずっと訪問したいなと思っていました。

Hatchet Falls

Hatchet Falls
住所  Big Bend Rd, Montgomery Creek, CA 96065 地図
滝の高低差  12メートル
滝へのアクセス  難 少し危険を伴う
駐車場料金  無料(4台ぐらいしか駐車場スペースがない)
見学時間  24時間
おススメの季節  真夏

 

Hatchet Fallsへの行き方

Google マップにてHatchet Fallsを目的として設定し、レンタカーか自家用車でのアクセスとなります。なお、周辺は携帯電話の電波状況がよくないので、Googleマップでオフラインマップの事前ダウンロードがオススメです。

Googleマップのオフラインマップのダウンロード方法

 

目的地近くに、Big Bend Roadの大きなカーブをあり、その曲がり角のところに、車が5台くらい止まりそうな砂利道の小さなスペースがあるので車を駐車します。駐車場代は無料です(2018年5月現在)場所は、ちょうど橋の手前になります。看板がないので、通り過ぎそうになりますが、注意してくださいね。

 

無事、駐車場に車を停めたら、Big Bend Roadという道路を背にして立ち、右側と左側に小道が延びていることが確認できると思います。滝へのアクセスは、右側の小道ですので、右側の茂みの中に入って進んでいってください。私も地元の人と思われる人に聞いてやっとわかりました。

Hatchet Fallsへ続く道

Hatchet Fallsへ続く道

 

最初は、遊歩道らしい道が進んでいますが、途中から崖を上ったり、大木をまたいだり、水が少し流れているところを進んだり、とかなりアクティブな動作が求められます。下記は、Hatchet Fallsへ歩く途中に撮った写真です。眼下には川がひろがっています。かつては、ハイキング用のトレイルがあったようですが、地すべりでもして崩れてしまったのかもしれません。。

Hatchet Fallsへ続く道

Hatchet Fallsへ続く道

 

底に滑り止め機能がしっかりついたハイキング用の靴を履いていくことをおススメします。ビーチサンダルだと、滑ってしまう可能性があると思います。特に、崖部分はすべると川に落ちそうな感じだったので、靴選びは重要です。私は、このときもニューバランスのハイキング用シューズを履いていましたが、安心して足場の悪いところも歩くことができました。

 

 

慎重にゆっくり10分ぐらい進んでいくと、滝がすぐ目の前に見えてきます。

 

Hatchet Fallsの楽しみ方

崖の上から滝つぼにジャンプしたり、滝に横たわっている大木に上って途中からジャンプしたりして遊ぶのが主流のようです。子供は、浅いところで遊ぶのも可能です。ただ、流れもそれなりにあったので、保護者の方がしっかり見てあげた方がいいと思います。

Kayakで上から飛び降りるという強者もYoutubeで見つけました。

KayakでHatchet Fallsを飛び降りた人のビデオを見る

 

Hatchet Falls訪問のベストシーズン

滝つぼで遊びたい人は、7月から8月の気温が高くなる季節がいいとおもいます。

私たちが訪問した5月末は、川の水も冷たく殆ど川に入っている人はいませんでした。二人だけ入っている人がいましたが、震えていました。

 

周りの観光スポット

  • 世界の八番目の不思議と言われたバーニー・フォールズ
  • STAND BY MEも撮影された橋

 

さいごに 

まさしく秘境と言えそうな滝Hatchet Fallsを紹介しました。川の水が冷たいので夏場の訪問がおススメです。また、訪問時にはトレイルの状態がよくない可能性がたかいので、ぜひハイキングシューズなど底に滑り止めがついている靴を履いていくことを強くおススメします。