135° East

US在住・会社員トラベラーによる旅ブログ

【HR Giger Bar Museum|レビュー】エイリアン好き必見!スイス・グリュイエールの一風変わったバー&博物館

HR Giger Bar Museum

エイリアンをデザインした芸術家ギーガーって知っていますか?

エイリアンを最初に観たときは、あの衝撃的なデザインにショックを受けました。

スイスの小さな町グリュイエール(Gruyeres)に、エイリアンの生みの親となった芸術家の博物館とバーがあると聞き、訪問してきました。

本記事では、スイスにあるHR Giger Bar Museumへの行き方と感想について紹介します。 

スイス「HR Giger Bar Museum」の基本・詳細情報とアクセス方法

  • 住所:Rue du Château 2, 1630 Gruyères, Switzerland
  • 営業時間:季節によって営業時間が違います。
    Bar:午前10時〜午後8時半(火曜と水曜は午後12時〜)(月曜は定休日)
    Museum:
    4月〜10月 午前10時〜午後6時(毎日営業)
    11月〜3月 午後1時〜午後5時(水〜金)、午前10時〜午後6時(土日)(月曜と火曜は休み)
  • 博物館の入場料:CHF 12.50
  • 公式サイト:http://www.hrgiger.com

 

スイス「HR Giger Bar Museum」への行き方・アクセス方法

Gruyere

上の写真「グリュイエール」はスイス・ジュネーブとベルンの間にある小さな町

ギーガーのイメージとは違って、中世の雰囲気が残るかなり雰囲気のいい街です。

 

グリュイエール チーズ

また、グリュイエールは、グリュイエールチーズで有名な場所でもあり、グリュイエールの駅前のお店には、上の写真のようにチーズがズラーっと並んでいました。

圧巻!

 

グリュイエール(Gruyeres)へは、ジュネーブから電車を乗り継いで向かいます

記憶があやふやですが、2時間〜2時間半はかかりました。

途中、Palezieuxという駅で路面電車のような小さな電車に乗換え、グリュイエール駅まで向かいます。

スイスの電車システムはしっかりしているので、駅の掲示板さえしっかり見ておけば迷うことはなかったです。

 

逆に、ベルン(Bern)からは電車で約1時間半。

ベルンからBulleまで行き、Bulleからグリュイエール駅まで向かうことになります。

 

グリュイエール バス

グリュイエール駅まで着いたら、徒歩もしくはバス238番に乗って、グリュイエールの集落がある丘の上まで行きます。

駅からGiger Barまで歩くこともできます。

歩く時間は15分。

距離は大したことがないのですが、坂道の傾斜がきつい!息が切れます。

そのかわりに、徒歩で行くとグリュイエールの城門から入ることができ、雰囲気のある町の入口を感じることができます。

人気RPGゲーム「ドラゴンクエスト」の世界でした。

  

スイス「HR Giger Museum」の中の様子と雰囲気

HR Giger Bar Museum1階〜3階まで、ギーガーの絵やエイリアンの模型、ギーガーの個人的なコレクションまで色々なものが展示されています。

少なく見積もっても、見学に1時間はかかります

殆どは撮影禁止なので、このブログで紹介できないのが残念!

 

1階部分だけは撮影が可能になっており、奥には少しだけTシャツやポスター、アクセサリーが売っていました。

アクセサリーは100〜200CHFぐらいからあったと思います。

キーホルダーみたいなものがあったら買ってもいいなと思っていましたが、キーホールダーは売っていませんでした。

 

ギーガーの作品は私には想像もできないような新しい生物を描き出しており、彼がエイリアンのデザインを依頼されたのもわかる気がします。

ギーガーは天才だと思いますが、彼の頭の中を覗いてみたかったですね。

ギーガーの詳細な部分にまで気を配って、完成品を作ろうとする姿はすごいなと思います。

少し志向は違いますが、サグラダ・ファミリアを設計したガウディとつながるところがあるような気がしました。

 

スイス「HR Giger Bar」の中の様子と雰囲気

HR Giger Bar Museum

HR Giger Barの中はエイリアンの世界!

天井から床まで超個性的なギーガーの作品が展示されています。

こちらは、Barの客のみに撮影が許されています

 

HR Giger Bar Museum

特に、エイリアンのような柄がデザインされた椅子は、スゴイの一言!

細かいところまでデザインされています。

見た目はカッコいいのですが、座る部分が固くて、座り心地はあまり良くなかったです。

でも、見た目のインパクトはすごかったですよ!

 

その他にも、テーブルや壁に至るまであらゆる部分がギーガー色で染まっています。

こんなところでお酒を呑んでいると、自分もエイリアンの世界に行ったような気になってきました。

 

HR Giger Bar Museum

HR Giger Barでは、ソフトドリンク・アルコール・軽食をいただくことができます。

ざっと見たところ、ビールとワインはお手頃な価格かなと思いましたが、ウイスキーや軽食などはかなり高かったです。

 

HR Giger Bar Museum ビール

ビールは中サイズで、中ジョッキくらいの量があり5.5CHF(約600円)。

これは、量もたっぷりでかなりお得!

逆に、ジョニーウォーカーといったウイスキー系の飲み物は、ほんのちょっとしか入っていないのに14CHF(約1550円)!

上の写真で写っている、ほんの少ししか入っていない代物がソレです。

仕方ないですね。物価の高いスイス、かつ観光地ですから。

主人がジョニーウォーカーを頼んだ時は、ヒヤヒヤしました。

 

スイス「HR Giger Bar Museum」はこんな人にオススメ

本記事では、スイス・グリュイエールにあるエイリアンの生みの親ギーガーの作品が楽しめるHR Giger Bar Museumについて紹介しました。

映画「エイリアン」好きの方は楽しめる場所だと思います。

逆に、エイリアンが苦手な人は博物館は苦手かもしれませんね。

でも、バーは雰囲気がよくて、変わった経験ができること間違いなしです!