海外在住の旅好きが届けるブログ135° East

世界各国の旅行情報を紹介

アイスランドの名物トマト農園

アイスランドと聞くと、どんな言葉を想像しますか?もちろん、アイスとつくからには寒いのではないか、1年中冬なのではないかと思うのではないでしょうか。

しかし、アイスランドでは立派な地元の野菜、それも夏野菜のトマトが盛んに栽培されています!どのようにして栽培されているのでしょうか?その秘密を探りに、アイスランドのトマト農園を訪問してきました。

名物トマト農園へのアクセス

フリィズへイマル農園

URL Friðheimar |

地図 Google マップ

ゴールデンサークルの中にあり、間欠泉のあるGeysirから来るまで5−10分ほどです。また、近くにはFaxiという滝もあります。

農園の入口を入って、一番奥に下記のような建物があります。隣の建物には、馬もいました。

f:id:novotabi:20180312091940j:plain

時折ツアーの団体も来ているようでしたので、もし可能であれば予約をオススメしますが、飛び込みでも待っていれば大丈夫でした。私達は平日の14時に行きましたが、10−15分ほど温室の中を見学しながら待ちました。結構、お客さんがひっきりなしにきている印象です。ランチ時間は毎日12時から16時まで。

We recommend that you book in advance. Please call us (+354) 486 8894 or send us an email: fridheimar@fridheimar.is

Friðheimar 

トマト農園の中は?

建物の中に入ると、10−20個ぐらいのテーブルが並べられたレストランと、トマトの苗がきれいに植えられたスペースが隣り合っています。中は暖かい!なんと、地熱のエネルギーを利用して、トマトを育てており、ここでアイスランド全体の3割近くのトマトを生産しているとか。

f:id:novotabi:20180312091906j:plain

レストランは、5つほどのメニューしかないのですが、もちろん全てトマト関連のメニューです。水さえも、下記のようにボトルの中にミニトマトが入っていて、オシャレです!

f:id:novotabi:20180314113648j:plain

オススメはトマトスープとパンの食べ放題。トマトスープは甘い!美味しかったです。主人は他のものが食べたいと、ピザのようなものをオーダーしていましたが、トマトスープのほうが美味しかったですね。

f:id:novotabi:20180312092152j:plain

各テーブルにバジルの苗も植えてあり、もぎたてのバジルの葉をスープに入れて食べたりもできます。うちも、アイスランド旅行から帰ってきた後は、バジルの苗を買ってきて、室内で育てています。とにかく匂いがいい!

f:id:novotabi:20180314113806j:plain

下記は、パンの様子。両脇にトマトスープの入ったポットがおいてあります。価格は約2000円前後でした。

f:id:novotabi:20180312093542j:plain

 

そして、記念にとトマトのチーズケーキをオーダーしました。緑色のジャムがトマトでできたものですが、これもほんのりトマト味がして、美味しかったです。トマトも立派なデザートになるんですね。

f:id:novotabi:20180312093612j:plain

トマト土産

入口横にはしっかりトマトの加工食品が置いてありました。ちょっと買いたいなと思って考えていましたが、帰りの飛行機で機内持ち込みにできないので諦めました。

f:id:novotabi:20180312092113j:plain

さいごに

アイスランドという名前からは想像できないトマト。その意外性が、この農園を有名にし、かつ人を惹きつけ続けています。そして、ただの農園をこんなにもオシャレに見せ、トマトの販売だけでなく、レストランとトマトの加工食品をあわせて提供することに、経済的にもより高い価値を提供している点は、日本でも参考にできることがあるのではと思いました。