135° East

US在住・会社員トラベラーによる旅ブログ

【インポッシブル・バーガー】ザ・カウンターで食べる新世代の代替肉、ウマい!

ザ・カウンター

インポッシブル・バーガー(Impossible Burger)と呼ばれる代替肉、皆さん食べてみましたか?

私も少し前から気になっていたので、週末のランチは、ザ・カウンター(The Counter)というLA発のハンバーガー・チェーン店でインポッシブル・バーガーを食べてみることにしました。

結論から言うと、ズバリ美味しい。

植物で作られたお肉とのことですが、言われないとわからないレベル。

「ハンバーガーは、今後、値段が下がれば、このインポッシブル・バーガーでいい」と思えるほどのクオリティでビックリしました。

本記事で、ザ・カウンターでたべたインポッシブル・バーガーについて紹介していきます。

アメリカのハンバーガーレストラン「ザ・カウンター」の基本情報

ザ・カウンター カスタマイズメニュー

ザ・カウンター・バーガーは、2003年にアメリカ・ロサンゼルスで生まれたちょっと高級なハンバーガーレストランです。

バンズからパテ、チーズまで完全にカスタマイズしてハンバーガーを作ることができる点が特徴で、アメリカ西海岸を中心に展開中です。

全米の美味しいハンバーガーとして選ばれたこともあるとか。

私も、美味しいハンバーガー屋として名前だけは聞いたことがありました。

 

実は、東京の東京ミッドタウンにも一店舗だけお店があるようですね。

ただし、東京のお店では、まだインポッシブル・バーガーは食べることができないようなのでご注意ください。

ザ・カウンターの東京ミッドタウン店のメニューを見てみる

 

ザ・カウンターの店内では、ハンバーガーはもちろんのこと、ビールなどのアルコールも飲むことができます。

ザ・カウンターは基本的にはレストランですが、テイクアウトを行うこともできます。

 

アメリカのハンバーガーレストラン「ザ・カウンター」での注文方法

ザ/カウンター

ザ・カウンターでテイクアウトをお願いする場合は、テイクアウト用のカウンターに行って注文します。

注文は、標準的なメニューから選んでもいいですし、紙に書いて完全カスタマイズも可能です。

私も最初はカスタマイズに挑戦しようとしたのですが…パテはインポッシブル・バーガーにして、サイズ・バンズ・チーズ・ソース・トッピングを選んでいきましたが、選択肢が多すぎて、チーズを選ぶところで挫折しました。

結局は、標準メニューの中からインポッシブルバーガーを注文しました。

隣にいた白人のおばあちゃんが、「インポッシブル・バーガーってなんなの?」と店員さんに聞いており、店員さんは「じゃがいもベースのビーガン用の代替肉ですよ、僕はあまりすきではないけど。」と説明していました。

おばあちゃんがハンバーガー店にいるのもアメリカらしい一面ですが、店員さんが正直にこれは好きじゃないと、私が頼んだすぐ直後に言っているところも、アメリカらしいなと思いました。

もう私はあまり気にはなりませんが…インポッシブル・バーガーを食べるために来たんだから食べないで帰るわけにはいきませんからね。

 

インポッシブル・バーガーの価格と実際に食べた感想

ザ・カウンター メニュー 

インポッシブル・バーガーの値段は、$17ドル+税金。

結局、ハンバーガー1個だけに$20(約2000円)に近いお金を払うことに…

ちなみに、これはポテトもジュースもついていない、ハンバーガーだけの値段です。

高いですね…

 

インポッシブル・バーガー

出てきたハンバーガーはこちら。

テイクアウト用だったためか、バンズとマヨネーズは横に避けておいてありました。

ハンバーガーは、日本で言うビックマックぐらいの大きさはありました。

店員さんによると、レギュラーサイズとのことでしたが、普通サイズの胃袋の方であればこれだけでお腹8分目にはなります。

 

インポッシブル・バーガー

まずは、「インポッシブル・バーガーとはなんぞや」とのことで、代替肉のパテ部分だけを取り出して、色味や味をチェックしてみました。

まず色味ですが、ミディアムレアです。

肉じゃないのに、外はしっかり火が通ってこんがり茶色、中身はほんのり赤みがかって生肉のようです。

これって、本当の肉のパテとかわりません…

 

インポッシブル・バーガー

いやいや、味はそうはいかないでしょうと、疑心暗鬼で食べてみました。

おいしい…

食感から味まで、これは肉です。

普通の人は絶対にわからないレベルで肉の食感と味がしました。

代替肉、ここまで進化していたとは…私の惨敗です。

私でもベジタリアンになれそうです。

 

バーガー全体としては、甘みのあるバンズに、パテ・トマト・葉っぱ・炒めた玉ねぎ・アボガドなどがはいっており、かなりゴージャス感のある、ハンバーガーに仕上がっていました。

噂通り、Shake Shackにも劣らない、美味しいハンバーガーでした。

ニューヨーク発のShake Shackのハンバーガー・レビュー記事はこちら

www.135east.com

 

カウンター・バーガーで食べるインポッシブル・バーガーはこんな人にオススメ

私も何度かベジタリアンフードを食べたことがあり、特にオリジナルが肉系のベジタリアンフードは美味しくないなぁと思っていたのですが、インポッシブル・バーガーのレベルで出されたら、ベジタリアンフードであることにも気づくことができないぐらい、美味しいと感じました。

ハワイかアメリカ本土にきたら、騙されたと思って、カウンター・バーガーでインポッシブルバーガーに挑戦してみてください!

 

インポッシブル・バーガーが食べられるお店の探し方

インポッシブル・バーガーを作っているインポッシブルフード社のページで、インポッシブルバーガーを販売しているレストランの場所を検索することができます。

探したい都市の名前を、英語で検索欄に入れると、提供しているレストランを探すことができます。

よく知られているものだと、あのハンバーガーチェーン「バーガーキング」でもインポッシブルバーガーを試すことができるようですよ。