135° East

仕事も旅も頑張るビジネスパーソン向けの旅情報サイト

【体験談】モロッコ旅行を計画している人に!モロッコ観光情報まとめ

f:id:novotabi:20181214010308j:plain

2018年12月にモロッコに1週間滞在してきました。

本記事では、モロッコで宿泊したホテルやレストラン、現地でのアクティビティ情報を、これからモロッコに旅行をする方向けにまとめています。

これからモロッコ旅行をする方の参考になればと思います。

モロッコ周遊プラン

1週間しかモロッコに滞在できなかったので、他の旅行者の評価が低めのカサブランカはスキップし、マラケッシュの旧市街探索、メラズーガでの砂漠ツアー、フェズの旧市街探索というルートにしました。

  • 1日目:マラケッシュ着、マラケッシュ観光
  • 2日目:マラケッシュ観光
  • 3日目:マラケッシュ観光(短縮可能)
  • 4日目:マラケッシュからメルズーガへ移動(余裕があったらトドラ渓谷見学を追加)
  • 5日目:メルズーガから1泊2日の砂漠ツアー
  • 6日目:砂漠ツアー後、メルズーガからフェズへ移動
  • 7日目:フェズ観光(余裕があったら1日追加して、シャウエンの日帰り観光)
  • 8日目:フェズから出国

 

もし時間があったら、4日目にトドラ渓谷の見学、8日目にフェズからシャウエンという青い街への日帰りツアーを追加したかったです。

フェズからシャウエンへ朝一番に出発する日帰りバスの座席が、当日では絶対にとれないというホテルの人のアドバイスがあり、今回は泣く泣く諦めました。

シャウエンへのプライベートツアーなら、前日でも1台160€で手配できると言われましたが、価格が高すぎるので、思いっきりフェズの迷宮を楽しむことにしました。

 

まとめると、各都市の観光に必要な日数は下記のようになります。

  • マラケッシュ観光に必要な日数は1日半〜2日。
  • フェズ観光に必要な日数は1日。必要に応じて、青い街で有名なシャウエン日帰りを追加することをおすすめ。
  • 砂漠観光は1泊2日。

 

実際にモロッコを個人で旅行して、家族や友人にアドバイスするならという立場で私なりのアドバイスを記していきます。

 

モロッコ・マラケッシュ観光プラン

1.マラケッシュでの宿泊はフナ広場の近くがオススメ

f:id:novotabi:20181210014335j:plain

今回は、リヤド・ジョナというフナ広場から徒歩10分ぐらいのところにあるリヤドに宿泊しました。オススメ度合いは、5点満点中4点ぐらい。

設備も立地もよかったのですが、1階の部屋を予約してしまい、ちょっと落ち着かなかったので1点の減点としました。

詳しくは、こちらのレビュー記事「【体験談】マラケッシュ・フナ広場近くのホテル「リヤド・ジョナ(Riad Jona)」 」をどうぞ。

 

2.マラケッシュ観光で最も良かったのは、El Badii Palace

f:id:novotabi:20181224053513j:plain 

王宮「Bahia Palace」やイブ・サンローランがお気に入りだったという庭園「Le Jardin Secret」、旧市街を色々歩いて回りましたが、マラケッシュで最も印象に残ったのは、16世紀の王宮遺跡であるEl Badii Palace

お城の塀の上にある大きな鳥の巣も、崩れ落ちた塀も、栄枯盛衰を感じることができて非常によかったです。

建物の一番奥にかつての姿を映像で表したビデオが放映されているので、そのビデオをみることをおすすめします。

そのビデオをみた後は、この王宮遺跡がかつてはどんな姿だったのかをイメージすることができ、より一層散策が楽しくなりました。

 

マラケッシュの観光施設は、多くの所で外国人の入場料は700DHです。

もし経済的な旅行をするのであれば、王宮「Bahia Palace」と「El Badii Palace」だけに訪問し、庭園はスキップしてはいかがでしょうか。

庭園はところどころキレイなところもあるのですが、他の王宮と比べるとちょっと見劣りがしました。

 

3.マラケッシュでタジンを食べるならフナ広場近くのEL BAHJA

f:id:novotabi:20181210055932j:plain

適当な店でタジンを食べてしまい無駄金を使った経験から言うと、ある程度下調べをしてからレストランに行くべきだと学びました。

下調べをして訪問し、結果的に大成功だったのはフナ広場近くの大衆レストランEL BAHJA

安くてウマイ!そしてお店の人も優しい!

絶品タジンの他にも、産まれて初めてオイシイとおもったクスクスが食べられます。

価格もお財布に優しいので、貧乏旅行の方にもオススメ。

詳しいレビューは、記事「【モロッコ】タジンもクスクスも激ウマ!フナ市場ちかくの大衆レストランEL BAHJA 」をどうぞ。

 

モロッコ・メルズーガ観光プラン

1.砂漠ツアーはかなり体力を消耗する!だけど、絶対に行ったほうがいい!

f:id:novotabi:20181216004902j:plain

旅行をしていて、価値観というか魂が大きく揺さぶられる瞬間はそうそうないのですが、このサハラ砂漠の砂漠ツアーは、本当に魂が震えました!

絶対に行ったほうがいいです。

正直、砂漠の夜は震えるほど寒くて寝られません。

キャンプのベッドだって、屋根と壁はありますが本当に寒くて何度も目が覚めます。

ついでにいうと、トイレだって砂漠の真ん中ですから水洗便所があるわけもなく、自分で水を流す簡易便所。

日頃の快適な生活とは程遠い。。。

しかし、その過酷な環境と引き換えにしても、素晴らしい経験があると私はココで伝えたいです。

モロッコに興味がほとんどなかった主人でさえも、砂漠ツアーは本当に良かったと絶賛しています。

詳しくは、記事「【体験談】一生忘れない!モロッコ・砂漠ツアーがとにかくスゴイ!」をどうぞ。

 

砂漠ツアー参加は、マラケッシュやフェズからもツアーが催行されているようです。

私達は自分たちでメルズーガまで公共バスで移動し、砂漠ツアーに参加しました。

お金は、メルズーガでの1泊ホテル分を入れても1万円ぐらいだったと思います。

バス移動も、砂漠ツアーの手配も簡単なので、メルズーガにゆっくり滞在したい方は自分でメルズーガまで行っても面白い経験ができると思います。

メルズーガへのバス移動はこちらの記事「【体験談】絶景12時間!モロッコ・マラケッシュからメルズーガまでのバス旅を大紹介」がオススメ。

 

2.メルズーガ界隈は本当にのどか!自分がいつの時代を生きているか忘れそう

f:id:novotabi:20181224054001j:plain

数時間ほどメルズーガの界隈をフラフラと歩いていたのですが、本当にのどか。

自分が普段生活している環境とは違いすぎて、本当に同じ惑星の上にいるのかと感じました。

 

上記はメルズーガの村の写真です。

砂漠のそばで畑を作って野菜を栽培している姿も新鮮で、こんな過酷な所でもがんばって生きているなぁと感心しました。

メルズーガ界隈は本当に何もありません。オシャレなレストランもありません。

ただ、同じ地球にいるとは思えないほど、のどかな世界が拡がっていました。

 

3.砂漠ツアー前後泊の宿は、メルズーガかハシラバード近辺のものがオススメ

f:id:novotabi:20181214005816j:plain

砂漠ツアーに参加する場合、宿泊するホテルはメラズーガかハシラバードのホテルに鳴ると思います。

各ホテルが砂漠ツアーを催行しているようです。

私達が宿泊したホテルKsar Bichaはかつてのお屋敷を改装したとあり、砂漠の建物を味わうことができてユニークな経験をすることができました。

詳しくは、記事「【体験談】砂漠のお城に宿泊した気分!モロッコ・メルズーガのホテルKsar Bicha」で紹介しています。 

どのホテルに泊まるにしても、バス停の場所まで迎えに来てもらうことを強くおすすめします。

 

4.メルズーガからフェズまではタクシーでも移動できる!

f:id:novotabi:20181226063903j:plain

メルズーガからフェズ行きは、公共バスの場合は夜行バスしか選択肢がありません

ネットにもほとんど情報がなかったのですが、昼間にタクシーを1台貸し切って、昼間に7時間かけてフェズに移動する手もあります

私達は、夜行バスかタクシーか迷いましたが、時間を有効に使いたかったので、タクシーを貸し切ってフェズまで移動しました。

料金は1台150€。もしシェアすることができれば、もっと安くできました。

タクシーは、ホテルの人に呼んでもらいました。

移動中、タクシーを横切るラクダやアフリカの広大な景色も楽しむことができますし、景色がいい箇所ではドライバーが気を利かせて車を停めてくれたので、景色を楽しみながら快適に移動することができました。

少し割高な移動でしたが、ドライバーがかなりプロ意識が高く、すごく快適な運転をしてくれたので、結果的には良かったかなと思います。

もし、夜行バスはちょっとと考えている方がいたら、こちらの選択肢も考えてみてはいかがでしょうか?

 

モロッコ・フェズ観光プラン

1.フェズの旧市街は本当に迷宮!絶対に抜け出せるから、迷子を楽しんで!

f:id:novotabi:20181224055416j:plain

子供の頃、巨大迷路で遊びませんでしたか?

フェズの旧市街は、リアルな巨大迷路でした。

 

フェズの旧市街には、ナント9500もの通路があるとか。

本当に小さい通路があって、どの通路を見ても雰囲気があって絵になります。

下記の写真は、フェズの通路のひとつですが、こんな通路があったら怖いけど進んでみたくなりませんか?(笑)

f:id:novotabi:20181224055449j:plain

 

方向感覚はかなりいい(と信じている)私ですが、フェズには叶いませんでした。

フェズの中で、無限ループのように歩いても歩いても同じ道に出てきてしまうという、ちょっと怖い経験をしました。

自分の方向感覚が幻だっただけですけどね(笑)

たむろっているモロッコ人に何をしているんだと、何度も声をかけられ、ちょっと恥ずかしかったです。

最後は秘密兵器Googleマップをよーく見て、この無限ループから抜け出しましたが、その時はもう出れないんじゃないかと焦りました(笑)。

そんな経験も、フェズの入り組んだ旧市街のおかげ。

フェズの街歩き、楽しかったです!

 

2.フェズのレストランは外国人メニューが存在している可能性も。

f:id:novotabi:20181226055358j:plain

タジンが70DH(約7ドル)しているようなレストランは、メニューが外国人観光客向けとモロッコ人向けに分かれている可能性が高いです。

海外のガイド本にも広く紹介されている、あるレストランに行ったとき、タジンが70DHもしていた&事前にモロッコ人用に別メニューがあるという情報を聞いていたので、店員に「モロッコメニュー、プリーズ」と何回か言うと、奥に行ってひそひそ話をしてモロッコメニューが奥から出てきました。

価格がかなり下りました。

二重メニューが良いか悪いかは議論しません、これも彼らの商売手法でしょうから。

ただ、外国人メニューが存在している可能性もあることだけ、お知らせしておきます。

もちろん、ない店もあると思います。

 

3.フェズの宿は旧市街にある「Riad Mazar Fes」がオススメ

f:id:novotabi:20181219080208j:plain

私がモロッコで泊まったホテルの中では最もオススメのリアド「Riad Mazar Fes」。

インテリアが美しく、かなり快適に過ごすことができました。

どうせモロッコに行くのであれば、モロッコの文化が味わえる、リアドというモロッコの古いお屋敷を改装したホテルに泊まるのをおすすめします。

詳しくは記事「【実体験】イイ!世界遺産フェズ旧市街のリアド「Riad Mazar Fes」に滞在してきました」をどうぞ。

 

4.青い街シャウエンへのバスは事前に予約を!

フェズ−シャウエンを日帰り旅行する人は多いとのことで、フェズを朝出発し、夕方に帰ってくるバスはかなり混み合います。

フェズは旧市街近くのバス停、もしくは新市街のバス停からシャウエン行きのバスにのることができます。

新市街のバス停の方が本数が多いようです。

旧市街から新市街までタクシーで20DHほど(乗車時間は約10分)で行けると思います。

 

シャウエン行きのバスは、インターネットでオンライン予約ができるので、オンライン予約をするのがベターです。

オンライン予約は72時間前までです。

もし、バスの予約が一杯の場合は、プライベートツアー(1台約160€)で行くか、一泊二日で行くのも選択肢として考えられます。

日程に余裕があれば、午後にフェズ発のバスでシャウエンに向かい、シャウエンで一泊して帰ってくるプランであれば、バスの席に余裕がある可能性もあります。

 

「モロッコ観光・旅行プラン」まとめ

本記事では、これからモロッコ観光を考えている方向けに、私のモロッコ観光の経験から学んだこと思ったことをまとめました。

これからモロッコに行く方の参考になればと思います。

 

モロッコ行き飛行機の検索なら、格安飛行機の検索に強いスカイスキャナーで料金を検索してみてはいかがでしょうか。

出発日によって料金がかなり異なるので、何パターンか試して料金がどれくらい変わるかをチェックするのがオススメです。

また、飛行機の価格はかなり変わるので、数日間価格をチェックして底値かなと思う所で予約するようにしてください!

 

モロッコのホテルなら、エクスペディアが便利です。

モロッコのホテルも多く掲載されており、最安値を示していることが多かったので、エクスペディアを通じて、モロッコのホテルを予約しました。 

エクスペディアなら、宿泊したホテルの価格に応じてポイントが貯まり、次の旅行で割引を得ることもできますよ。