135° East

仕事も旅も頑張るビジネスパーソン向けの旅情報サイト

【プライオリティ・パス】フランス・ORLY空港WのラウンジPremium Traveller Lounge

f:id:novotabi:20181207203150j:plain本記事では、プライオリティ・パスで入ることができるフランス・オルリー空港 West (Ouest)にあるラウンジ「PREMIUM TRAVELLER LOUNGE」について紹介します。

内装はキレイですが、正直、朝食時の軽食はメニューにバリエーションがないので、少しガッカリでした。

もし、このラウンジで朝食を食べる予定の方は、パンを中心に食べることを覚悟するか、同じ空港ビルないにあるPAUL等のパン屋でなにか買って食べることをおすすめします。

PREMIUM TRAVELLER LOUNGEの基本情報

  • ラウンジ名:PREMIUM TRAVELLER LOUNGE
  • 営業時間:午前6時〜午後9時(木曜日と金曜日の午後4時〜午後8時は利用不可)
  • 場所:Orly Ouest Hall 1(セキュリティを通過後)

 

ロケーション

パリ郊外にあるオルリー空港は、West (Ouest)とSouth(Sud)の2つの建物に分かれています。

Premium Traveller Loungeのロケーションは、オルリー空港のWest 側の建物にあります。

 

オルリー空港WestビルのHall 1のセキュリティを通過して、すぐ左手に曲がり、小さな小道を通った後に少し薄暗い階段を降りた1階のゲート1A〜1Cの前にあります。

セキュリティ通過後に看板が出ているので、看板を頼りに行けば、5分ぐらいで到着します。

 

営業時間

午前6時〜午後9時(木曜日と金曜日の午後4時〜午後8時は利用不可)

 

提供される軽食と飲み物(朝食時) 

f:id:novotabi:20181207203213j:plain

正直に言うと、朝食メニューはガッカリ度が高いです。

おいてあるものは、パン・ヨーグルト・リンゴ ぐらい。

 

私たちは、ここで朝食をと考えていたのですが、あまりバラエティがないのでパンを中心に食べましたが、かなり精神的には寂しい朝食となりました。

f:id:novotabi:20181207203243j:plain

 

その他には、ワイン・ビールといったいくつかのアルコールとピーナッツとポテトチップスがありました。

昼の時間帯であれば、きっとワインやビールといったアルコールも楽しめたと思いましたが、なにせ午前6時からアルコールを飲む気にはなれず、眺めるだけとなってしまいました。

 

ラウンジの設備

f:id:novotabi:20181207203411j:plain

テレビ・インターネット・Wi-Fi・新聞

注意:ラウンジ内にトイレやシャワー設備はありませんでした。トイレは、ラウンジを出たところにあるトイレを利用します。

 

ソファやテーブルがかなり並んでいるので席を探すのには困りません。

電源口もかなり豊富に配置されているので、席数や設備には不満はありません。

ただ、窓がないので景色を楽しむことができないのは残念。

  

Wi-Fi

あります。

ただ、大文字・小文字・アンダーバー・スペースを使った複雑なパスワードが設定されており、私には正しく解読できませんでした。

何度入力してもパスワードが間違っていますというメッセージが出てきて、結局使えませんでした。こんなことは初めてです。なんでだろう。

 

さいごに

本記事では、フランス・パリ郊外にあるオルリー空港のWestビルにあるラウンジ「Premium Traveller Lounge」について紹介しました。

なんとこのラウンジ、プライオリティ・パスだけでなくビジネスクラスの客もいれているので、日本でいうとANAラウンジのような位置づけです。

内装はキレイ、人の感じも悪くなかったですが、朝食のメニューだけがガッカリすぎます。

パンは3種類あり美味しかったですが、もっと玉子とかソーセージとかだしてくれればいいのになと思いました。。

プライオリティ・パスを使って入れるラウンジの中には、もっとサービスが充実しているところ(例えば、ワシントンDCのトルコ航空のラウンジ「【プライオリティ・パス】アメリカ・ワシントン・ダレス空港のラウンジ」)がたくさんあるので、このラウンジももっと頑張って欲しいなと思います。

 

記事「【プライオリティ・パス】空港ラウンジのレビューまとめ」で、私が訪れたことがある日本国内外の空港ラウンジについて紹介しています。アメリカのラウンジ情報を豊富に掲載しています。あわせてどうぞ。