海外在住の旅好きが届けるブログ135° East

世界各国の旅行情報を紹介

体験コーナー盛りだくさん!大人も子供も楽しめる福岡刑務所の九州矯正展

f:id:novotabi:20181106154328j:plain

福岡刑務所の九州矯正展(2018年)に行ってきました。

刑務所の矯正展、刑務所の見学だけでなく、刑務所の方々が作った品物の販売や、布ぞうりやロクロ体験など各種体験コーナーがあってかなり楽しい!

行く前は、滞在しても2時間くらいかなと思っていましたが、結局5時間くらい楽しんで帰ってきました。

大人にも子供にも楽しめるイベントでしたよ。

本記事では、福岡県宇美町にある福岡刑務所の九州矯正展に参加した体験談を紹介していきます。

基本情報

 

福岡刑務所・九州矯正展への行き方

f:id:novotabi:20181109113026j:plain

最寄り駅であるJR宇美駅からシャトルバスが運行していました。

自家用車の場合は、刑務所の屋上にある無料の駐車場が利用できます。

大きな道路沿いではないですが、住宅街を少しだけ上っていけばいいだけなので、運転が苦手な方にもアクセスしやすい場所だと思います。

刑務所からは、玄界灘まで見渡すことができ、かなり眺めのいい場所にありました。

 

見きれない!お茶から家具まで販売している九州矯正展

f:id:novotabi:20181109113128j:plain

野菜から家具まで色々なものが売っていました

福岡の刑務所で作ったものだけかと思いましたが、全国の刑務所で作られたものが売っていました。

例えば函館刑務所のバッグ、神戸の革靴、鹿児島の緑茶などなど。

私の家族は、1000円で山盛り入った緑茶を購入していました。

屋久杉で作られた小物もかなり良かったですよ。

 

九州矯正展でぜひ試して欲しい!体験コーナー

意外と形になった!ろくろ体験

f:id:novotabi:20181109111556j:plain

講師の方のサポートを受けて、ろくろを使ったお皿づくりを楽しむことができます。

所要時間は10分〜15分。

大人気の体験コーナーだったので、午前中10時半過ぎに訪問した時はすでに1時間待ちでした。

順番がまわってくると、最初に作りたいお皿のパターンを選び、講師の方と一緒に作っていきます。

講師の方が作り方を手とり足とり教えてくれて、かつ変な形になっても横でコッソリと修正してくれるので、仕上がりは講師の方のお陰でそれなりの形になってました。

感謝!

その後は少しだけ乾燥させてから、家に持って帰ることができます。

残念ながら、焼き上げる設備と時間がなかったので、器としては未完成品です。

水分を含むものを入れると泥に戻ってしまうとのこと。

制作した器を食事用の器として使うことはできません。

しかし、鍵入れくらいにはなりそうです。

 

文字通り「体験」となったろくろ体験ですが、ろくろを使って器を作るってどんなものという方には十分な体験になると思います。

そしてこのろくろ体験、なんと体験料は無料です!

楽しかったです!

 

つらかった、布ぞうり製作体験

f:id:novotabi:20181109113332j:plain

更にもう一つ、布を使った草履づくりにもチャレンジしてみました。

布ぞうりの制作体験は、片足分の草履作りですが約90分かかります。

もう片足分は、材料をくれるので家で作ることができます。

 

はじめるまでは、まさか90分もかかることはないと勘違いしていましたが、本当に90分(以上?)かかりました。

講師の方には丁寧に教えてもらったのですが、かなりぐったりと疲れました。

編み込みの力加減や布の端部分の処理など、キレイに作ろうと思うと、ひとつひとつの作業が集中力を要し、開始30分ぐらいで集中力が切れてしまいました。

 

布ぞうり、レベルが高いです。

 

売り物の布ぞうり、今までは3500円でも高いと思っていましたが、実際にやってみると3500円でも安いと思うぐらい、スキルと忍耐力を要する製品だと気づかされました。

九州矯正展では、なんと激安の600円です!

もう少し価格を上げてもいいのではないでしょうか?

 

個人的には大変で精神的にも辛かったので、もう布ぞうりを作ることはないと思いますが、購入品には最大限の敬意を払いたいと思います。

それが分かっただけでも、意味のある体験でした。

大人気の福岡刑務所の見学は計画的に!

f:id:novotabi:20181109115556j:plain

福岡刑務所内の見学は私も参加したかったのですが、人気のため参加できませんでした。残念。

福岡刑務所の見学は毎年大人気とのことで、数日前から刑務所に「何時から見学券の配布が行われるのか」を問い合わせる人もいるぐらい人気とのことでした。

見学券を配布する時間の30分〜1時間ほど前から並ぶ必要があるそうです。

知りませんでした。。

 

見学時には、荷物の持ち込みは不可。

もちろん携帯の持ち込みも不可です。

荷物はロッカーに預けることができますが、そんなに大きなロッカーではなかったので、荷物はコンパクトにしておくのが無難です。

 

さいごに

福岡の宇美市にある刑務所で行われる矯正展、大人も子供も楽しめるイベントでした。

格安で緑茶や芋などの食料も購入できますし、家具ももちろん売っています。

さらには、体験コーナーもおもしろい!

普段できない各種体験を格安で楽しむことができます。

残念ながら、大人気の刑務所見学は参加できませんでしたので、次回こそは事前に並んでぜひ中の様子を見てみたいと思います。

私も読んでみて面白かった刑務所の中の様子がわかるオススメの本はこちら。

基本情報