135° East

仕事も旅も頑張るビジネスパーソン向けの旅情報サイト

【バス体験談】タイ・チェンマイからスコータイまでの移動方法と移動体験談 

世界遺産であるスコータイ。

スコータイはタイ北部に位置しており、アユタヤと同様に遺跡が多くユネスコ世界遺産に登録されている街でもあります。

チェンマイを訪れるついでに、スコータイも一緒に訪れようかなと思っている方向けに、本記事では現地で駅員さんに聞いた情報や実体験をもとに、チェンマイからスコータイへの行き方、チェンマイからスコータイ行きバスについて紹介します。

チェンマイからスコータイまでの行き方・アクセス方法

スコータイ

現地の係員の人と話をしたりWebで調査をした結果、スコータイまでは下記の3つの方法でアクセスすることができることがわかりました。

  1. 飛行機:乗換えで4時間半〜7時間半。
  2. バス:所要時間は5時間半。
  3. 電車とバス:電車でPhitsanulok駅まで約6時間。さらにスコータイまでバスかタクシーで1時間。

かつては、バスにはトイレがなかったので、電車とバスの合わせ技でアクセスする方法を好む人もいたようですが、2019年1月現在トイレ付きのバスも運行しているので、個人的には直行バスが一番便利だと思います。

 

私は、結果的には直行バスでチェンマイからスコータイに向かうことにしました。

 

下記、スコータイ行きバスについて詳しく紹介していきます。 

 

チェンマイ発スコータイ行きバスの詳細・基本情報

  • 出発場所:チェンマイ・バスターミナル2(Google マップ
  • 到着場所:スコータイ・旧市街(Google マップ
  • バスの種類:トイレなし(セカンドクラス)、トイレあり(ファーストクラス )、寝台(VIP)の3種類
  • 乗車券の価格:207バーツ〜374バーツ(クラスによる)
  • チケットの予約方法:チェンマイ・バスターミナルで現金で購入

 

チェンマイ発スコータイ行きチケットの購入場所

チェンマイ バスターミナル

2019年1月現在、チェンマイからスコータイまでのバス乗車券は、チェンマイのバスターミナル(バスターミナル2)で直接購入するしか方法がありません。

当日に席があれば、当日でも乗車券を購入できますが、できれば数日前にバスターミナルに行って購入しておくのが安全です。

 

チェンマイ・バスターミナルへの行き方・アクセス方法

チェンマイのバスターミナルはホテルなどが集まる旧市街から離れているので、Grabなどのタクシーを利用するのがオススメです。

歩いていくのはかなり大変だと思います。

公共バスでもバスターミナルへ行くことができますが、乗り場がよくわからない&英語が殆ど通じないので難易度が高かったです。

 

チェンマイ発スコータイ行きバスを運行している会社

スコータイ行きバスの乗車券売り場

スコータイ行きのバスを運行している会社は2社。

チェンマイのバスターミナルでも、窓口が隣り合わせで並んでいました。

私達は、999と書かれているバス会社を利用しました。

決め手はGovernment Busと書かれているから。

窓口のお姉さんも感じがよく、色々と丁寧に説明してくれましたし、バス自体も悪くなかったと思います。

 

チェンマイ発スコータイ行きバスの時刻表

スコータイ行きバス 時刻表

こちらのバス会社999のスコータイ行きのバスは1日に5便運行しています。

便によって、バスのクラスが違うので、5便あるといっても予算によって自然にどのバスに乗るかが決まってきます。

窓口のお姉さんに教えてもらったバスの説明はこちら。

  • 1st Class(ファーストクラス)と2nd Class(セカンドクラス)の違いはバス車内でのトイレの有無。
  • VIPは寝台バス。

私達は、タイの長距離バスは初体験だったので、とりあえずトイレがあるという1st Class(ファーストクラス)に乗ってみることにしました。

ファースクラスは午前5時か午前11時発なので、無理せず午前11時発のバスに乗りました。

午後4時着なので、丁度いいスケジュールだと思います。

さて、クラスの選び方ですが、本当にファーストクラスが必要でしょうか。

正直なところ、セカンドクラスでよかったなというのが正直な感想です。

というのは、殆どバスの中ではトイレに行かなかったから。

頻繁にターミナルにとまるので、停車中にトイレに行く機会があり、バスのトイレを殆ど利用する機会がありませんでした。

 

チェンマイ発スコータイ行き乗車券の購入

スコータイ行きバス 乗車券

乗車券の支払いは、現金のみ。

クレジットカードは利用できません。

乗車券を購入する際に、座席の指定も行います。

チェンマイ駅では、座席の指定はWebシステムで行っており、性別まで登録しているのが印象的でした。

1列目であれば、視界が広いのでタイの景色を楽しめるのではと大きく期待をしていました。はりきって1列目の座席を指定しましたが、ファーストクラスのバスの場合、運転席と乗客の席の間に他の国では見たことがない変な壁があるので、2列目以降の前方の席がオススメです。

チケットを購入した際に、出発ゲートの番号も教えてくれるので当日も安心ですね。

 

チェンマイ・バスターミナル2の設備

チェンマイ バスターミナル

チェンマイ・バスターミナル2の中には、いくつかの売店と有料トイレ(使用料は3バーツ)があります。

向かいのバスターミナル3の方には、レストランやマッサージまであり賑やかでしたが、ターミナル2の方は比較的ひっそり。

長旅に備えて、売店で飲み物や食べ物を買っておいてもいいし、バスターミナルのすぐ近くにセブンイレブンがいくつかあるので、セブンイレブンで食料を購入しておくのもいいとおもいます。

なお、トイレ代を節約したいという賢い旅行者の方は、ターミナル2の斜め前にあるショッピングセンター(ターミナル3の横)にキレイな無料トイレがありますよ。

 

チェンマイ発スコータイ行きバスの乗車方法

チェンマイ バスターミナル

出発時刻の30分前には、バスが出発ゲートに来て待機しています。

乗車する際に、念の為スコータイに行くのかを確認しておきましょう。

出発時刻になるまでエアコンはつけてもらえないので、外で待機して出発時間間際になったら乗り込むのがオススメです。

なお、大きな荷物はバスの荷台で無料で預かってくれます。

注:国によっては、荷物が別料金の場合もあったので念の為。

 

チェンマイ発スコータイ行バスの様子と雰囲気

スコータイ行きバス

私達は、ファーストクラスのエアコン&トイレ付バスを予約しました。

ファーストクラスといっても、かなり古めのバスです。 

日本でもこのレベルのバスは走ってないです。

座席は古めですが、足のスペースは広め。

飛行機のエコノミーよりはシート間隔が広いように感じました 。

かなりの旧式バスなので、バスにWi-Fiや電源口はありません。

携帯電話の電池が不安な方は、モバイルバッテリーを用意しましょう。

 

バスの最後尾にトイレがあるので、トイレ休憩は1〜2回。

はっきりとトイレ休憩と言ってもらえるわけではないので、停車時間が長いバスターミナルで急いでトイレに行くという感じです。

トイレが社内にあると行っても、多くの人は車内でトイレに行っていませんでしたね。

やはり車内のトイレは行きにくいというのがみんなの感想なのかもしれません。

 

スコータイ行きバス 中の様子

早めに予約したので、1列目の席を確保できましたが、バスにのってびっくり。

1列目の座席と、運転手の間に変なドアがあり、目の前に見えるのは壁。

ガラス越しに少しだけ前方が見えますが、ほぼ見えません。

ビックリしました。

1列目の座席横の窓も半分くらいは塞がれていたので、むしろ景色が楽しみにくいです。

ファーストクラスは2列目以降の席が絶対におすすめです。

 

チェンマイ発スコータイ行バスの様子と雰囲気

スコータイ行きバス 車内サービス

11時に定刻どおりに出発したバスは、ところどころのターミナルを経由しながらスコータイに向けて南下していきます。

乗客は観光客とローカルの人が半々という感じでした。

車内はエアコンがついていますが、電車ほど寒くはなかったです。

心配な方は上着の持参が無難です。

 

ファーストクラスだからなのか、車内サービス担当が乗車しており、出発して1時間後には写真のような水とお菓子のサービスもありました。

 

乗車中は山あり谷ありの面白い風景というよりは、のどかな田園風景や森の景色を楽しむことができます。

ところどころに、小さなタイの田舎町の風景を楽しむこともできました。

 

途中のターミナルの停車時間は5分や10分ですので、もしターミナルでお手洗いにいきたい場合は、乗務員に声をかけてトイレに行ったほうがいいです。

あるターミナルで乗客が戻ってきていないのに出発しようとしていたこともありました。

ほとんどのトイレは無料でしたが、トイレットペーパーがない、超ローカルスタイルのトイレもしばしば。

トイレットペーパーを持参しましょう!

 

40分遅れでスコータイの旧市街に到着しました。

スコータイは新市街にバスターミナルがあり、新市街まで乗ってしまうと、旧市街に戻ってくるためにタクシーに乗らないといけないので、旧市街(Historical Park)でおろしてもらえるよう事前に声をかけておくのが安全です。

なお、旧市街側の降車場所はバス停のないセブンイレブン前。

バスを降りてもトゥクトゥクやタクシーはいないので、5分ほど歩いて歴史公園の前でトゥクトゥクをひろうか、迎えに来てもらうしか無いと思います。

 

チェンマイ発スコータイ行きバス移動はこんな人におすすめ

早く、かつ経済的に移動したい人にはオススメです。

チェンマイからスコータイまでは、移動手段が限られるので、飛行機か陸路であればバスの一択になると思います。

なお、多少バスが揺れることがあるので車酔いをする人は、飛行機か電車のほうがいいかもしれません。

 

スコータイ、田舎で遺跡以外は何もない街ですが、観光客も比較的少なめで、街の人達ものんびりしていて優しく、個人的にはかなり気に入りました。

スコータイへのアクセスも簡単なので、ぜひ足を伸ばしてみることをオススメします。

ホテルも安いですよ!

 

Booking.com