135° East

US在住・会社員トラベラーによる旅ブログ

【チュービング|体験談】アメリカで浮き輪を使った「川下り」にチャレンジ!

f:id:novotabi:20190618145133j:plain

アメリカの夏はチュービング(Tubing)が楽しい!

チュービングとは、日本の川下りに近いです!

チューブとは日本の浮き輪のこと。

浮き輪を使って行う川下りといえば、イメージしやすいかもしれませんね。

アメリカのチュービングは緩やかな流れの川を、浮き輪に乗って、お酒を飲みながらプカプカと3〜4時間ぐらい流されるアクティビティです。

主人はこのチュービングが楽しくて5年ぐらい毎年やってきたようですが、今年は一緒に行こうよと言うので、ワシントンDCのお隣の州・バージニア州でチュービングにチャレンジしてきました。

アメリカ・チュービングの基本・詳細情報

全米各地でチュービングを楽しむことができます。

なんと、ハワイでもチュービングを楽しむことができるようですよ!

ハワイのチュービングツアーを見てみる

 

下記は、私がチュービングを体験した場所です。

  • 住所:192 Panhandle Rd, Bentonville, VA 22610
  • 電話番号:(540) 635-7277
  • チュービングの所要時間・距離:4時間、3マイル
  • 料金:$15
  • 公式サイト:https://www.lowwaterbridgecampgrounds.com/
  • アクセス方法:公共交通機関はないので、車が必要。シェナンドア国立公園の近く。

 

アメリカ・チュービングの流れと様子

f:id:novotabi:20190618145645j:plain

車を停めて事務所でチェックインを行います。

出発時刻が決まっているようで、その時間までに水着に着替えて、持ち物をまとめます。

時間がきたら、一通りの安全に関する説明を聞いて、浮き輪を持って車に乗り込み川の上流に向かいます。

 

上流についたら、それぞれ浮き輪の上に乗るだけ!

アルコールなどの飲み物を持ってきた人は、クーラーボックスを浮き輪にくくりつけてもらえます。

イメージとしては、クーラーボックスが乗った浮き輪を取り囲むように、人が乗った浮き輪が設置されるイメージです。

 

そのまま、自分たちのペースでひたすら緩やかな川を流れていきます。

ところどころに、カヤックや魚釣りを楽しんでいる人達もいました。

 

浅いところに来たら、たまに浮き輪を停めて休憩してもいいですし、ひたすらずーっと浮き輪に乗っていてもいいんです。

私もたまに浮き輪をはずれて泳いだりしながら、浮き輪と一緒に川を流れていきました。

 

そして、出発地点となる事務所の近くになったら浮き輪を降りて、川を上ります。

川の流れが早くないので、そんなに焦る必要も無いですし、全く難しくありません。

 

終わったらチューブを返して、着替えるだけ。

 

アメリカ・チュービングを実際に試した感想 

f:id:novotabi:20190618150110j:plain

チュービング、一気にファンになりました。

子供の頃は、プールの浮き輪で滑りおちるアトラクションが好きでしたが、こちらのチュービングはもっとユックリできる、大人向けの自然なアトラクション。

癒やされます。

チュービング業者の人も、浮き輪を貸して川の上流に運ぶだけという、日本では考えられないような雑な扱いですが、アメリカらしいです。

でも、そんな必要以上に干渉しないアメリカのチュービングツアーもよかったですね。

 

ただ、チュービングで犯した失敗がひとつ…

4万円もした高価なサングラスを川に落としてしまいました。

慌てて川に潜って探しましたが、時すでに遅し。

自分も流れてしまっているので、見つけられませんでした…

非常に悔しい思いをしました。

チュービングの時は、見た目が気になっても、サングラス用のバンドをつけておくことを強くおすすめします!

 

アメリカ・チュービングのおすすめ持ち物

4時間も浮かんでおくことになるので、飲み物などを持ち込むことをおすすめします。

川の上で行うピクニック(宴会?)という感じかな。

ビール!

チュービングで欠かせません!

ビールが飲める人は、クーラーボックスに入れてビールを持っていきましょう!

持っていかないと、絶対後悔します。

ビールが飲めない人は、お水をたっぷり!

炎天下の中でのチュービングは結構喉が乾きます。

 

サングラス

眩しいのでサングラスは必須です。

 

サングラス用のバンド

サングラスを川の底に落としたくない人は、サングラス用のバンドをつけておくことを強くおすすめします。

私はこのチュービング体験の後に、速攻で買いました。

遅かったですけどね。

 

水着

チュービングの際は水着に着替えて川に入るので、水着が必須です。

 

タオル

チュービングをすると、それなりに濡れるので、着替えの時用にタオルを持っていくことをおすすめします。

マイクロファイバーのコンパクトに畳むことができるキャンプ用のタオルが1枚あると、何かと便利ですよ。

爆速で乾く!おすすめの旅行タオルはこちら

www.135east.com

 

日焼け止め

3−4時間、炎天下の中にいることになるので日に焼けます。

日焼け止めをしっかりしておきましょう!

上半身は長袖を着ておいたほうがいいかもしれませんね。

意外に、足(太もも〜スネまで)がかなり焼けます。

日焼け止めをしっかり塗っておきましょう。

 

シュノーケリング用の草履 

ビーチサンダルだと川に落ちてしまったときなどに、サンダルが脱げてしまうので、しっかりと足に固定できるシュノーケリング用のサンダルがおすすめです。

途中、石の上を歩いたりすることもあるので、何かしらの履物を履いておいたほうがいいと思います。

 

アメリカ・チュービングはこんな人にオススメ

f:id:novotabi:20190618151118j:plain

キャンプが好きな人は、キャンプと合わせていくのがおすすめです。

また、ゆっくりと川遊びを楽しみたいという人にもおすすめですね。

他の人を見ても、幅広い年代の参加者(10代〜50代くらい)が多かったです。

 

ハワイで体験できる「チュービングツアー」を見てみる