135° East

ストーリーを伝える、会社員のための旅ブログ

サンフランシスコ空港でペットボトルの水が販売禁止!カリフォルニア旅行には、マイボトル必須

アメリカ サンフランシスコ空港

アメリカ・サンフランシスコ空港でペットボトルの水が販売禁止になりました。

本記事では、サンフランシスコ近郊でのペットボトルをなくす動きについて在住者である運営者が紹介していきます。

結論は、「ペットボトルなしでも生きていける。カリフォルニアでも、マイボトルが当然のように流行っているよ」です。

アメリカ・サンフランシスコ空港で水ペットボトルの販売禁止

アメリカ サンフランシスコ空港

アメリカ・サンフランシスコ空港でペットボトルの水が販売禁止になりました。

CNNニュースの記事によると、これからは、アメリカ・サンフランシスコ空港の利用者は、マイ水筒を持ちこんで水を汲むか、空港が承認したガラスまたはアルミ製の容器に入った水を購入する必要があります。

 

アメリカ・サンフランシスコでは2014年から水ペットボトル禁止 

 

実は、サンフランシスコは、2014年にペットボトルのお水の販売を禁止する法律を可決しています。

先日、サンフランシスコ市内で開かれたカンファレンスに行ったときには、もちろんペットボトルの水はありません。

かわりに、アルミ製の容器に入った水が配布されていました。

 

実は、サンフランシスコ近郊にある私の会社にもペットボトルの飲料が設置されていましたが、それらは全て数ヶ月前に撤去されました。

 

とこんな具合で、カリフォルニアでは、ペットボトルのお水を利用しない動きが広まっています。

 

意外に平気だった、ペットボトル飲料を飲まない生活

実際のところ、毎日ペットボトルのお水を飲んでペットボトルを捨てて、ゴミを排出していることには罪悪感はありました。

しかし、ペットボトルの便利さに負けてペットボトル飲料をかなり愛用していました…

正直に告白すると、以前はペットボトルのお水がなくなると不便だなと思っていましたが、実際に慣れてしまうとなんてことないです。

今では、会社にも旅行にも、いつも水筒を持ち歩いています。

 

空港の水は法外に高いということもあって、水筒を愛用していましたが、これからはますます水筒が手放せなくなりました。

 

アメリカ・カリフォルニアで人気の水筒3選

アメリカ・カリフォルニア州には環境問題に興味がある人が多いせいか、会社・ジム・旅行、どんなときでもマイ水筒を持ち歩いている人が多いです。

これって結構いい傾向ですよね。

先日は、なんとマイストローを持っている人も会社でみかけました。

こちらで、アメリカ・カリフォルニア州在住の私がよく見かけるカリフォルニアで人気の水筒はこちら。

 

Hydro Flask

Nalgene

CamelBak

 

アメリカ・カリフォルニアへの旅行の際に持って来ておいたほうがいいもの

ペットボトルの水は一例として、カリフォルニアでは環境問題にかなり関心が高いです。

日本や他の州では当たり前にもらえるスーパーの袋も有料(1枚につき約10円)です。

カリフォルニアの旅行の際には、水筒・マグボトルエコバッグを忘れないようにしましょう!

Amazonで水筒・マグボトルを見てみる

Amazonでエコバッグを見てみる

 

さいごに

個人的には、ペットボトル廃止の動きに賛成です。
ペットボトルはあれば便利ですが、なくても生きていけます。
次世代にいい環境を残してあげるためにも、できるだけ自分ができることはしてあげたいなと思います。
先人たちがしてくれたように。
今日から、マイボトルを持っていきましょう!