海外在住の旅好きが届けるブログ135° East

世界各国の旅行情報を紹介

六角柱が印象的なアイスランドの滝Svartifoss

f:id:novotabi:20180614051402j:plain

本記事では、アイスランド南部にある滝、周りの六角柱がパイプオルガンのように見える、Svartifoss(スヴァルティフォス)について紹介しています。

 

スヴァルティフォスの基本情報 

スヴァルティフォスは近くの氷河の氷が溶けて流れでた水からなる滝です。Skaftafell National Parkの中にあり、Visitor Centerから約2kmのハイキングで観ることができます。

同様の六角柱は、アイスランド南部のVikという街の直ぐ側にあるブラックサンドビーチ、およびアイルランドのGiant's Causewayスコットランドのスタファ島でも見ることができます。

 

住所  8, Iceland Google マップ
滝の高低差  25メートル
滝へのアクセス  簡単
駐車場料金  無料
見学時間  24時間
おススメの季節  夏

 

スヴァルティフォスへは片道2kmのハイキング

スヴァルティフォスはレイキャビックから、約320kmのところにあり車で約4時間かかります。アイスランド観光は、個人旅行で首都レイキャビック以外の観光スポットを廻る場合は、レンタカーか現地発着のツアーに参加することになります。

アイスランドのレンタカー選びは、「アイスランド旅行のおすすめレンタカー」でオススメのレンタカー会社とともに詳しく紹介しています。

また、現地発着ツアーであれば日本語でWeb予約できるVELTRAが安心です。
VELTRAでスヴァルティフォスを訪問するツアーを探す

 

スヴァルティフォスにアクセスする駐車場には2つの選択肢があります。歩きたい距離によって、駐車場を選ぶのをオススメします。 

  1. ビジターセンター前にある駐車場(Google マップ)にとめてSvartifoss Trailを歩く。片道2km(約30分)のハイキング。お手洗いもあるので、こちらのほうがいいかもしれませんね。
  2. ビジター・センターを通り過ぎて、奥まで車で進み、別の駐車場(Google マップ)に車をとめて歩いて行く。片道1km(約20分)のハイキング。

私が訪問した際は、ビジターセンター前の駐車場が混み合っていたので、2番の駐車場に車を停めて歩きました。

2番の駐車場からのハイキングは、そんなに大変ではないのですが、階段・坂道が続いており、特に後半の坂道が個人的には辛かったです。半分くらいの距離のところで、1つ目の滝Hundafossが見えます。

Hundafoss

Hundafoss

更に、歩いていくと、小川が流れていて橋もかかっており、良い気分転換になります。

f:id:novotabi:20180614044654j:plain

ここから、なだらかな坂道が続きます。坂道を進むと、見えてきました!

山の一画に、ポッカリとあいた空間、その断面に六角柱でできた自然のパイプオルガン模様とその中を一直線に流れ落ちる白い滝が見えます。

Svartifoss

Svartifoss

スヴァルティフォスの滝壺近くに展望台が設置されており、記念撮影を楽しむことができます。滝壺周辺には折れた六角柱の岩があちこちに落ちていました。

絵になる滝です! 

ハットルグリムス教会のモデルとなったスヴァルティフォス

レイキャビックにあるハットルグリムス教会をデザインするときのモデルにもなった滝です。 並べてみると、イメージできますね。

ハットルグリムス教会は、アイスランドをモデルにした漫画「北北西に曇と征け」にも登場する教会です。北北西に曇と征けに登場したアイスランドの場所の紹介を読む

ハットルグリムス協会
Svartifoss
ハットルグリムス協会とモデルになったSvartifoss

さいごに

本記事では、六角柱の岩がパイプオルガンのように並んだスヴァルティフォス(Svartifoss)について紹介しました。 Skaftafell National Parkの中にあり、片道約30分のハイキングでアクセスすることができます。こんな滝はなかなか滅多にみられるものではないので、ぜひアイスランド旅行の際には立ち寄ることをオススメします。

アイスランドの観光本は、定番「地球の歩き方」は情報量が少ないので、下記のPlatアイスランドの方がオススメです。