135° East

ストーリーを伝える、会社員のための旅ブログ

【TG Tracker|レビュー】キレイな4K動画が撮れる!軽量コンパクトのオリンパス・アクションカメラ

f:id:novotabi:20180906111944j:plain

アイスランド旅行用にオリンパス社の「TG Tracker」を購入して半年経過しました。

本記事では、旅行中に動画・写真も撮れるカメラを探している人向けに、TG Trackerを使用してよかった点・残念だった点を紹介しています。

TG Trackerのサイズ・重さ

旅行には、軽量でコンパクトサイズのアクションカメラ「TG Tracker」を持ち歩いています。

TG Trackerは、2016年6月にOLYMPUSから発売された動画と写真が撮影できるアクションカメラ。

価格.comでも5点満点中3.9点の評価を得ており、アクションカメラ部門では4位の高評価カメラです。

 

TG Trackerのサイズは、9.5 x 3.5 x 5.5 cm。

手のひらの半分くらいのサイズです。 

 

TG Trackerの重さは181グラム。

片手で簡単に持てる重さですので、動きながらの撮影も全く問題ありません。

軽量なので、どこかに持っていく際にも、全く負担になりません。

軽量なのに、動画も写真も撮影できて、 アウトドア旅行に便利そうということで、購入を決めました。

 

見た目はミニビデオカメラという感じで、少しゴツゴツした感じがします。

GoPro等のシンプルなデザインと比べるとメカっぽい感じがします。

カメラ界のG-shockみたいな見ためですね。

 

実は、購入前はGoProにしようかTG Trackerにしようか迷っていました。

TG Trackerに決めた理由は、Go Proはみんな持っているから。

アメリカにいると、かなりの確率でアクションカメラはGo Proを使っています。

みんなと同じものが嫌だったんです。

  

水中撮影もできるTG Tracker

f:id:novotabi:20180907152051j:plain

実際に利用してみて、動画撮影用のカメラとしてはかなり使いやすいです。

防水・防塵設計なので、水中でも撮影可能。

水深30mまでOKとのことなので、ダイビングでも使えそう。

ダイビングはしたことないですが、川遊び程度であれば、何度も水中で問題なく撮影できました。

上記の写真は、TG-Trackerを使って水中の動画を撮影したものを、スクリーンショットで切り出したものです。

画質は落としてこのブログでは表示していますが、かなりキレイに撮影できていました。

 

動画がかなりキレイに撮影できるTG Tracker

有効画素数は720万画素。

動画の画像は4Kで撮影できるので、かなりキレイな動画を撮影することができます。

動画の綺麗さはかなり目を見張るものがありました。

 

バッテリーの持ちが良いTG Tracker

バッテリーが意外と持ちます。

普通に観光して利用している限りでは、1日持ちます。

ただし、ダイバーの人はもっとバッテリーのもちが短いとコメントしている人もいましたので、水中撮影がメインの人は注意が必要かもしれません。

普通に陸上で撮影している限りは、数日は充電しなくても利用できました。

 

魚眼レンズ風の広角写真が撮影できるTG Tracker

f:id:novotabi:20180907150931j:plain

魚眼レンズ仕様のため、広範囲に動画・静止画の撮影ができます

広大な景色を撮影するときには特に便利。

アイスランドのような景色がキレイなところでは、とっておきの写真が撮影できました!

 

規定の仕様であれば、魚眼レンズの度合いが強すぎる用に見えますが、これも設定を変えることにより魚眼レンズの度合いを抑えることができます

ただし、魚眼レンズを完全に消すことは出来ません。

抑えた設定で静止画を撮影すると、かなり広い範囲の画像をキレイに取ることができます。

 

動画と静止画が両方撮影できるカメラとして使いたいとTG Trackerに期待していましたが、写真撮影用の機器としては少し厳しいかなと感じました。

一般的な使い方しかしない一般カメラユーザーですが、具体的には下記のような点でTG Trackerは写真撮影に弱いと感じました。

  • 近距離にある被写体にピントがあわないので、近距離のものを撮影するとピンぼけ写真になる事が多い。上の写真のように、近くにある花がボケて映ることが多いです。
  • ズーム機能がないので、ある特定の被写体を拡大して撮影することができない。
  • 写真撮影時は、画像の質が落ちる。静止画は8Mなので、4Kの動画と比べると人間の目で見ても画質の劣化がわかるほど。
  • 撮影した写真を、撮影後にすぐに見たいとき、ワンボタンでレビューできすることができないので、撮影した写真の確認作業が面倒

 

ただ、写真は最近の携帯電話の方が撮影しやすいですし、機能も充実しているので写真撮影は携帯電話で行うことが多いのではないでしょうか。 

TG Trackerは、動画撮影専用機器として利用するのがオススメです。

 

さいごに

TG Trackerを使ってみて、TG Trackerはアクションカメラと呼ばれる理由がよくわかりました。

言い換えると、動画撮影には大満足

ただし、写真撮影機能はかなり弱いなと感じました。

焦点をあわせられない、近距離だとかなりの確率でピンボケになる、ズームできない点が写真撮影に関しては不満です。

そもそも、TG Trackerは写真撮影はメインのターゲットとしていない使い方なのかもしれませんね。

私はこれからもTG Trackerを使っていきますが、動画&広大な景色専用の撮影カメラとして使っていこうと思っています。

購入を検討しようと思っている方の参考になればと思います。

まずは使ってみたいという方には、1泊2日〜のレンタルサービスもありますよ。