135° East

世界各国の旅行情報を紹介

旅好きによるグレゴリー・コンパス40の最新レビュー

f:id:novotabi:20180511150829j:plain

 

格安航空会社(LCC)を使って安く海外旅行に行きたい。しかし、預け入れ荷物料は払いたくない!そんな格安航空会社を愛用する旅行者向けのバックパックとして、グレゴリー(Gregory)・コンパス40(Compass40)を男性にも女性にもおススメします。本記事では、コンパス40のサイズ・実際に使ってみた感想・メリット・デメリットを紹介しています。ちなみに、私はカーキ色のコンパス40の愛用者です! 

グレゴリーはバックパックにこだわったブランド

グレゴリー社は、1977年に有名クライマーだったウェイン・グレゴリーによって創業されました。アメリカ・カリフォルニア生まれの、バックパックにこだわったアウトドアブランドです。

その使い心地の良さに、バッグパック界のロールス・ロイスと称されています。

私も実際に使用して300%賛成しているので、強調させてください!

グレゴリー社の商品は、バックパックにこだわって作られてきたがゆえに、背負った時の心地良さはかなり良いです!

f:id:novotabi:20180407134530j:plain

私が、最初にグレゴリー社の製品を購入したのは、18リットルの大きさのグレゴリーのミウォック。グレゴリーを実際に使ってみて、その快適さが他のバッグとは全く違う!と感動しました。

グレゴリー・ミウォックのレビューは日帰り観光に!グレゴリー・ミウォック18のレビュー - 135° Eastで詳しく紹介しています。

今回、LCCの機内持ち込みができるバックパックを探していたのですが、グレゴリーがLCCを使った旅行に最適なバックパックを販売していると知り、迷うことなく注文ボタンを押してしまいました! 

グレゴリー・コンパス40は身軽に旅したい旅行者に人気

格安航空会社(LCC)を愛用するトラベラーへオススメするバッグパックとして、日本・海外問わずにどの旅行系ブログでも名前があがっている、グレゴリー社が製造しているバックパックです。2018年現在、公式サイトでは黒と青のモデルのみのようですが、私はカーキ色(中は赤色)を購入しました。

コンパス40はその安全なポケット設計から海外旅行にもオススメ

コンパス40のポケットは、背中側が開くように設計されているため、スリ等の盗難犯罪が多い海外旅行でも安心して背負って歩くことができます。

多くのバックパックは背負ったときに、ポケットが背中と反対側にあるため、電車の中や路上で後ろから近づいてこられて大事なものを取られる可能性がありますが、コンパス40であればそんな心配は不要です。

私も、イタリアに行ったときに、電車の中で女性と子供の7-8人の集団が近づいてきて、集団スリにあいそうになったことがあります。そのときは、幸い何も取られませんでしたが、正直その時はその子どもたちがスリ集団とは気づくことができませんでした。たまたま、大事なものをギュッと前に抱えていたからよかったですが、やはり油断はできませんね。スリも開けにくいバッグを持っておくことも、スリ対策になりますよ。

コンパス40のサイズは1週間の旅行にも耐えられる、機内持ち込みサイズ

コンパス40のサイズ

  • 容量:40リットル
  • 重量:963g(ナント1kg以下!)
  • サイズ:55 cm X 32 cm X 25 cm

数日〜1週間の旅行に必要なモノをいれられる十分なサイズです。それ以上の旅行になっても、衣類を洗濯するだけですので、1ヶ月の旅行にも耐えられます。私も、アイスランドへの1週間の旅行にコンパス40を使いましたが、十分なサイズでした。

コンパス40はLCCの機内持ち込みも可能 

主な格安航空各社の手荷物サイズと、コンパス40のサイズは下記の通りです。

  • 56cm X 36cm X 23cm  Air Asia、Jet Star、春秋航空、HKExpress
  • 55cm X 40cm X 25cm  ピーチ、バニラ・エア
  • 55 cm X 32 cm X 25 cm コンパス40のサイズ

格安航空会社各社が許容している機内持ち込みサイズに収まります。正直、このバッグはビニール製なので、多少サイズがオーバーしていてもギュッと押さえれば、数センチぐらいは小さくできます。

追記:コンパス40で、より小さな手荷物サイズを設定しているWOWエアにも搭乗しました(2018年4月)。

▶詳細はグレゴリー・コンパス40の機内持ち込み可否を検証で紹介しています。

私だけでなく、コンパス40をLCC用に購入して正解だったとのレビュー記事がAmazonで記されています。

最近はLCCの格安航空券が気軽に手に入るので、機内に持ち込めるサイズのバッグはとっても助かります。スーツケース型のものと迷いましたが、海外の地下鉄や建物などではエレベーターやエスカレーターがあるとも限らないので、リュックにして正解でした。

引用:Amazonコンパス40 カスタマーレビュー

 

コンパス40は、スーツケースのようにガバっと開くので荷物がとり出しやすい

荷物が取り出しやすいというデザインが一番の購入の決め手になりました。

以前利用していたカリマーをはじめ多くのバックパックは、上部に開口部があるので、順番に上からモノを出し入れする必要があります。何かモノを取り出したいとき、全て取り出して、また入れ直してというのは非常に苦痛だったので、開口部が広いものをと探していました。

特に、毎日ホテルを移動するような旅行の場合、毎日全てのモノの出し入れを行う必要があります。モノの出し入れが面倒であることが、私の悩みでした。コレを解決するために、スーツケースのように背中側がガバっと開くバッグパックがないかなと探していた時に出会ったのがグレゴリーのコンパス40です。

f:id:novotabi:20180407133906j:plain

スーツケースと同じとまでは言わないですが、かなり近い感覚で荷物の出し入れができるので、私の苦痛が軽減されました!

コンパス40は、パソコン用別ポケットがあるので出し入れが簡単

背中側にパソコン用の別ポケットがあるので、空港の手荷物検査場でパソコンをすぐに取り出すことができます。更に、保護パットがついているので衝撃にも安心。

下記、背中側ポケットの写真です。

f:id:novotabi:20180407134257j:plain

Amazonでグレゴリー・コンパス40の評価は高い

Amazonでは5点満点中4.6点!また、82%のユーザが5点満点の評価をしています。これで、私だけでなく他の人達も高い評価をしているということがわかりますね。

自分の目で確かめたい!ということであれば、Amazonでのグレゴリー・コンパス40の評価にアクセスして確認してみてください。

グレゴリー・コンパス40を改善するならココ

デザインも使用感もベストに近いのですが、1点だけデメリットをあげます。サイドに、飲料水用のマイボトルを入れるポケットがないことがデメリットです。

今は、マイボトルは手荷物か、本体上部のポケットにいれていますが、できればサイドポケットがあるとありがたいなと思います。この点以外は、文句がないです。

ただし、価格も他社と比較して機能の割には抑えられているので、これぐらいはという気もします。実は、サイドポケットがないかわりに、見た目がスマートな後ろ姿に仕上がっているんですよね。また、他ブランドのバッグパックも、見た目がカッコいいものはサイドポケットがないものが多いです。例えば、TIMBUK2のワンダーパック。スマートなデザインを取るか、実用性をとるか。。

TIMBUK2 ワンダーパックのレビューを読む

グレゴリー・コンパス40は人気商品なのでオンラインでの購入がオススメ

格安で実店舗で購入したい場合は、アウトレットも選択肢の一つですね。ただし、アウトレットに入荷する商品は予測できないのが欠点。

コンパス40のような人気商品であれば、オンラインで買ってしまった方がいいかもしれません。私も、オンラインで最安値を探して買いました。

さいごに

身軽に旅をしたいという方向けに、機内持込が可能なサイズのバックパック ”グレゴリー・コンパス40(Gregory Compass 40)”を私が自信を持ってオススメします。

男性用と書かれていますが、女性でもピッタリな大きさです。

私がオススメする3つの理由は、下記のとおりです。

  1. 飛行機に持ち込み可能なサイズ
  2. PC用の別ポケット
  3. スーツケースの様に開く開口部

実際に、オスプレイ社のバックパックも店頭で手にとってみてみましたが、プラスチックのカバーのようなものがゴツかったのとあまりスマートなデザインではなかったので購入をやめました。コンパス40のほうが男性にも女性にも使いやすい大きさ、かつデザインだと思います。

Amazon・楽天で最安値を探し当てて、ぜひ身軽かつ快適に旅を楽しみましょう!

関連記事 

グレゴリー・コンパス40で搭乗したアイスランドの格安航空会社WOWエアの搭乗レビューは搭乗してわかった!アイスランドのLCC WOWエアラインをどうぞ!