135° East

会社員トラベラーが綴る海外8割、国内2割の旅レビューブログ

【Travelchime】旅行の計画が簡単に!旅先のカスタムマップを作ってくれる新サービス

旅行に行く時に、一番楽しく、そして苦痛でもあるのは旅行の計画!

現地で何をしようか、どこに泊まろうか、そしてどのエアラインのどの出発時刻の飛行機に乗ろうかを考えていると、あっという間に何時間も経過してしまいます。

そんな悩みを、一部分解決してくれるサービスが、アメリカ・シリコンバレーのスタートアップから発表されたようですので、本記事で紹介します。

Travelchimeの基本情報

 

Travelchimeのサービス概要

travelchime

Reference: https://travelchime.com/

旅行を予定しているエリアの、観光スポットやレストランのカスタム地図を数分で作成することができるWebサービス。

 

例えばニューヨークに初めて旅行に行く場合、どこが観光スポットなのかがわかりません。

そんなときに、Travelchimeは欧米の地球の歩き方「Lonely Planet」や旅の評価サイト「Tripadvisor」、更には各種ブログの情報を読み込んで、見どころとなる観光スポットをWebサイト上にリスト表示してくれます。

リストから、興味を持った観光スポットを選択して、地図に追加ボタンを押していくと、あっという間に自分用のニューヨーク観光マップができてしまいます。

 

とにかく使い方が簡単です。

取扱説明書を一切読むことなく、利用できました。

 

Travelchimeへのリクエスト

旅行好きとしては、これだけでもかなり旅のプランニングが簡単になるので嬉しいです。

実際に、私も17カ国を3ヶ月間旅行していたときは、同じことをマニュアルで実施していました。

観光ガイドやブログを読みこんで、Googleマップに記録していきます。

その後、宿泊エリアを決めて、ホテル選び、1日毎の訪問先やレストランを決めていくという感じでした。

 

もし、私がさらに機能追加をリクエストできるのであれば、下記をお願いしたいですね。

 

機能リクエスト:地元の人が美味しいと認めるレストランが表示できる機能

課題:個人的には、旅行先の美味しいレストランを見つけるのが非常に大変でした。例えば、モロッコなんかはどんなサイトを見たら美味しいレストランを見つけられるのかさえもわからないので、苦肉の策はGoogle Mapsのレビューか、ホテルの受付で聞いていました。でも、本当に地元の人が食べているものを探すのは困難です。特にアジア。地元の友達がいれば別ですが、普通は非常に難しく、結果的に観光者向けのまずいレストランでたべることになってしまったり…(一番、お金を無駄にしたと感じるパターン)

提案:観光スポットと同じように、地元の人に評価の高いレストランがリストで表示できて、マップに追加することができる。

 

機能リクエスト:宿泊先エリアやホテルを推薦する機能

課題:旅行先のホテル選びが非常に大変です。場所によっては、どのエリアに宿泊すれば、便利で安全かさえもすぐにはわかりません。さらに、ホテルの数が多いと、ターゲットとするエリアの中でどのホテルに泊まればいいかも、選ぶのが非常に難しいです。

提案:観光に便利なホテルのエリアの推薦をしてもらえる。更には、予算レベル等の諸条件にあったホテルが提示されるようになる。

 

機能リクエスト:現地発着ツアーを推薦する機能

課題:現地発着のツアー情報は、その現地にいかないと手に入らないことが多かったです。特にアジアの場合は、オンライン化されていることは非常に稀で、ホテルや現地の観光案内所で聞いて、当日や翌日のツアーを予約する事が多かったです。

提案:興味のある観光スポットをガイドしてくれる、手頃な価格のローカルガイドを推薦(マッチング)してくれると嬉しい。

 

Travelchimeのマネタイズ方法

現時点ではホテルの紹介手数料でマネタイズを考えているようです。*1

オンラインでの旅行の予約を好むと言われるミレニアル世代向けに、フリーミアムでサービス料を加算してもいいし、企業向けソリューションとしてトラベルエージェント向けのソフトウェアとして提供するのもいいかもしれませんね。

ただ、一般ユーザからお金をとるのはかなり大変だと思うので、当面はホテルやチケット販売の手数料からになるのかもしれません。

 

Travelchimeはこんな人におすすめ

旅行の計画が苦痛の人、地球の歩き方ではなくオンラインで観光スポット情報を集めたい人におすすめです。

かなり労力が節約できると思います。

私も、次の旅行時にはTravelchimeを使って旅行の計画を立てようと思います。