海外在住の旅好きが届けるブログ135° East

世界各国の旅行情報を紹介

【プライオリティ・パス】サンフランシスコ空港の国内線搭乗の際に利用可能なレストランYankee Pier

f:id:novotabi:20181013130343j:image

サンフランシスコの国内線ターミナルにもプライオリティパスで入ることができるレストランが追加されたようです。

今回、アメリカ国内線に搭乗するために、サンフランシスコ空港のターミナル3にあるyankee pier を利用する機会があったので、その利用した感想を紹介します。

Yankee Pierの場所

f:id:novotabi:20181013131708j:image

ユナイテッド航空が発着するターミナル3のセキュリティを通過してすぐのところにあります。

正確には、コンコースFのゲート72の近くになります。

朝8時半頃に行った時は、3〜4名がお店の前で待っていましたが、比較的すぐにお店の中に入ることができていたようです。

お店の入り口で案内係の人に 飛行機の搭乗時刻を確認し、食事を取るだけの時間があるかを確認していました。

急いでいる場合は、バーカウンターがオススメです。

注文して5分強で、頼んだメニューが出てきました

なお、搭乗券をチェックするとプライオリティパスの公式サイトには書いてありましたが、そこまではしていなかったですね。

  

営業時間

午前5時〜午後9時

 

朝食メニュー

f:id:novotabi:20181013130427j:image

オムレツやエッグベネディクトが中心。

アメリカンブレックファーストの典型的なメニューが並んでいました。

価格は10ドル前半から20ドル前半まで。

残念ながら、パンケーキはメニューには含まれていませんでした。

 

今回は、カニ入エッグベネディクトと肉入りのスクランブルエッグを食べました。

Dungeness Crab Eggs Benedict

f:id:novotabi:20181013130437j:image

エッグベネディクトは、マフィンの上に半熟の卵がのったアメリカでは定番の朝食メニューです。

このお店のエッグベネディクトは、カニが一緒にのっていました。

味は、少し脂っこいかなと思いましたが、意外に悪くなかったです。

 

Meat Lovers Scrambleegg

f:id:novotabi:20181013130431j:image

スクランブルエッグは、正直イマイチでした。

これだったら、自分で作ったほうが美味しいかもというレベル。

スクランブルエッグが全熟だったのと、ミートラバーと言うわりには肉もあまり入っていなかったです。。

 

プライオリティカードを使った支払い方法

支払いの時に、クレジットカードのかわりにプライオリティメンバーの会員カードを提示すると、一人$28までは無料になります。

なお、同伴も1名まで大丈夫とのことでした。

チップはおそらくプライオリティカードで払うことができないので、現金でチップだけ置いていきました。

 

プライオリティパスで入ることができるサンフランシスコ空港のその他のラウンジ

第3ターミナルには、Yankee Peerの他にSan Francisco Giants Clubhouseでもプライオリティカードを利用して食事をすることができます。

また、国際線であればあまりオススメではないですが、エアフランスのラウンジを使うこともできます。紹介記事は「【プライオリティ・パス】サンフランシスコ空港ラウンジのまとめ 」にて。

 

プライオリティメンバーのあなたにオススメにアプリ

プライオリティパスのアプリは、旅先の空港のどこにラウンジがあるかを知るのに便利です。

旅行前にスマホにひとつダウンロードしておいてはいかがですか?

私もダウンロードしてます。

Priority Pass™

Priority Pass™

Priority Pass Ltd無料posted withアプリーチ

 

世界各国のプライオリティ・パスで入れるラウンジを利用した感想について、記事「【プライオリティ・パス】空港ラウンジのレビューまとめ」で紹介しています。