旅が好きな会社員のための旅ブログ

ストーリーを伝える、会社員のための旅ブログ

【地元の人による体験談】アメリカ・カリフォルニアで楽しむ格安フットマッサージ

f:id:novotabi:20180321132815j:plain足裏マッサージといえば、東南アジアの国々。

そう思っている人が多いのではないでしょうか?大のマッサージ好きの私もそう思っていました。

実は、来てみてビックリ。

物価の高いカリフォルニアも、実はマッサージが安く受けられるんです!

サロンやスパと言ったお洒落なマッサージではないですが、北カリフォルニアの庶民的なマッサージ店についてご紹介します。

アメリカ・カリフォルニアでのマッサージ店の探し方

Google Mapsで”Foot Massage”と検索すると出てきます。

店のオーナーは中華系の方が多いためか、中華系スーパーの近くにFoot Massageがあることが多いです。

必ず、値段が店の外側にハッキリと書いてあるお店に入った方がいいです。

見るからに怪しそうなお店は入ることをオススメしません。

もし不安であれば、YelpなどのWebサイトで事前にお店の評価を確認しておくことをオススメします。

 

アメリカ・カリフォルニアでのマッサージの受け方

店内に入ると、「Foot Massage?Body Massage?」と聞かれます。

好みの方を言ってください。

どちらも受けたことがありますが、Foot Massageの方がオススメです。

Foot Massageと店員に伝えると、席が空いていればそのままマッサージ席に通されます。

席についたら荷物をそばに置いて、靴と靴下を脱いでください。

すぐに店員さんがお湯の入った桶を持ってきてくれます。

熱かったら熱いと我慢せずに伝えたほうがいいです。

水を持ってきて、お湯の温度を調節してくれます。

f:id:novotabi:20180321133054j:plain

そうこうするうちに、上半身のマッサージ(肩や腕)から始まります。

60分のFoot Massageの場合、最初の15分ぐらいが頭・肩・腕、そして次の25分が足裏から膝まで、次の20分ぐらいが背中・腰となります。

時間は、大体60分位です。

私はあまり短く切り上げられたことはないですが、極端に短い場合は言ってもいいと思います。

始まる前には、一応、時計を確認するのがおすすめです。

マッサージの最中は、マッサージ師の人たちも隣の人とおしゃべりしながら、マッサージを行ってくれます。

こちらでは普通ですので、文化の違いと思って割り切ってくださいね。

マッサージが強すぎるときは、その旨を伝えて大丈夫です。

簡単な英語で、Too Strongと言うと向こうも調節してくれます。

気の利く人は、大体最初の方で聞いてくれます。

大体、足のマッサージが始まるころから寝てしまっているかと思いますので、あっという間に60分が過ぎてしまいます。

そして、背中をポンポンと叩かれると、マッサージ終了の合図です。

つづいて、中国茶を持ってきてくれますので、お茶を飲みながら少しくつろぎましょう。

落ち着いたら、靴を履いて、マッサージ代金とチップを払って帰ります。

 

お金の払い方は、お店によって多少違いますが、

1.レジで定価のサービス費だけ払い、チップはマッサージをしてくれた人に直接渡す

2.マッサージをしてくれた人に、定価のサービス費とチップを払う

のどちらかです。

アメリカ・カリフォルニアのマッサージ価格

大抵の相場は、60分のFoot Massageで$20−$25です。

地域によって、高めに設定されている場合もあります。

 

アメリカ・カリフォルニアのマッサージに対するチップの金額

チップは気持ちなので、人によりけりですが、あまり少ないと文句を言われます。

あるマッサージ店での話ですが、カリフォルニアでのマッサージ経験が浅かった私は、普通のレストランではチップが15%なので、同じくらいかなと思い、マッサージ料金$19.99と、チップ料として$3(15%に該当)を加えて$23を渡しました。

しかし、「少ない!最低でもチップは$5」とレジのお兄さんに怒られました。

それから、常にチップは$5以上を渡すようにしています。

周りの人に聞いても、マッサージは重労働なので最低$5のチップが普通のようです。

人によっては$10払う人もいるようです。

もちろん、マッサージの方がいい仕事をしてくれたときには、チップを弾んでもいいかもしれないですね。

 

アメリカ・カリフォルニアでのマッサージの注意事項

  • Foot Massageといっても足裏も含めた全身マッサージが施される。
  • お釣りが要らないよう、現金を持っていくこと。現金しか受け取ってくれないことが多い。
  • 荷物は最小限に。(盗まれたことはありませんが)マッサージの間に盗まれても気づけない可能性がある。
  • ワンピースやスカート等は避けて、上下バラバラの運動着がちょうどいい。
  • 不安であれば、値段はマッサージ前に確認。
  • 男性の場合は、オプションを聞かれることがありますが、断ったほうが無難。カリフォルニアでは違法です。

 

さいごに

いかがですか?外国なので、最低限の警戒は必要です。

ただ、$20で1時間のマッサージが受けられるなんて日本ではありえないですよね。

下手すると東南アジアの国よりも安いのではないかと思うほど。。

しかも、アジア式にかなりグイッとちゃんと押してくれます。

人によって上手い下手があるのは否めないですが、経験がてらカリフォルニアのマッサージを試してみてはいかがでしょうか。