135° East

世界各国の旅行情報を紹介

About

 

はじめまして、自己紹介を訪問して頂き、ありがとうございます!

ここでは、私のバックグラウンドとブログを書くモチベーションについてお話したいと思います。

 

ブログを書きはじめたモチベーション

私は、バリバリの博多弁を話す福岡県出身。現在は、アメリカ西海岸のIT企業で製品開発担当(Product Manager)として働いています。

 

旅行が好きなので、今まで30カ国を社会人として働く合間に訪ねてきました。
詳しい国名は、今まで行った国をどうぞ。

 

ITは面白いけど、自分が担当しているIT製品に興味はない。

でも、観光や旅行業界の製品開発に興味がある。

 

興味がある観光や旅行業界で、製品開発の仕事をしたいけど、経験を重視するアメリカでは、旅行系の会社でProduct Managerとして雇ってもらえないというジレンマから、”雇ってもらえないなら、とりあえず旅行系ブログをはじめて何ができるか走りながら考えよう!”と開き直り、このブログをはじめました。

 

日本と100%違う、アメリカでのキャリアパスに興味がある方は、自分の経験をもとに、アメリカで働く!メリットとデメリットを紹介しますで紹介しています。

 

このブログは、せめて自分が行ったことがある国や地域の紹介を通して、日本の方々が世界の国々を訪問・活躍する為のお手伝いをするプラットフォームになればという目的で各種情報を紹介しています。

f:id:novotabi:20180326122829j:plain

 

私のバッググラウンド

観光に初めて興味を持ったのは、大学院生の頃に行ったインドに遡ります。

元々、宇宙に興味があったので天文学系の研究室に所属していたのですが、天体観測中に出会ったインドの人々を見て、色々な場所が世界にはあるんだと初めて気づき、もっと見てみたいと思ったのがきっかけです。

f:id:novotabi:20180319134317j:plain

 

その後は、バックパッカーのバイブル沢木耕太郎の「深夜特急」に憧れつつも、現実的には1週間という単位で主にアジアの国を1人で旅行していました。

f:id:novotabi:20180319135509j:plain

 

その後、中堅社員となったときに人生の転機が訪れました。

会社での仕事は一生懸命やっていたのですが、あまり要領がつかめておらず、むしろ落ちこぼれ社員として扱われていた時に、急にアメリカで働く機会をもらいました。

捨てる神あれば拾う神あり、とはこのことです。

本当に当時の人事の方には、私の新しい可能性を見出してもらって感謝しきれません!

 

アメリカでの仕事は、英語が全く理解できなかったので大変でした。

ただ、この時に色々と苦しい思いをしたおかげで、(時間はかかりましたが)英語が話せるようになり、自分で自分の人生を決めないといけない、という大切なことを学ぶことができました。

私の英語習得については、今からでもできる!大人のための英語勉強法で紹介しています。

 

f:id:novotabi:20180323152012j:plain

 

その後、日本への帰国、退社、欧米への留学を経験して、今はアメリカで働いています。

 

なぜ、日本で働いていた会社を退社したかは、いくつかの理由があります。一つの理由は、その会社で、課長や部長になって楽しそうにしている将来の自分の姿を思い描けなかったというのが理由です。

 

自分のしたいことに全力投球したかったので、会社の留学制度には応募せず、すべて自費でまかなうことを選択しました。自費だったので、自分で奨学金を約600万円ぐらい獲得し、残りは自分の貯金と夏休みのインターンでまかないました。

奨学金の獲得については、海外留学用の奨学金を獲得する為の戦略を教えますで詳しく書いています。

 

欧米への留学期間で学んだ最も重要なことは、”あぁ、こうやったらビジネスってはじめられるんだ”という経験をすることができたことです。3ヶ月で、クラスメイトとお金を稼いだ経験は自分の考え方や行動を変えました。

 

会社員に戻って数年、自分の元気がなくなってきているのを感じます。

このままでは、アメリカにいる意味がない!ということで、今年は、自分をもう1度大きく変える1年にしたいと思っています!

 

私が観光・旅行系の仕事に携わりたい理由 

1. 旅行が好き

2. 自分で旅行をして困ったことがたくさんあるので、自分の旅経験を改善するためにも、旅業界の問題解決に取り組みたい

3. 観光を通して、日本と海外の方々の文化の相互理解を深める手伝いをしたい。

日本と海外、色々な場所で働いてきて、最も大変だった双方の文化の違いを埋めることです。

その違いを理解できないために、仲違いの状態になったり、能力を100%出しきれなかったり、とせっかくのチャンスをうまく活かすことができないシーンを見てきました。

文化の違いは、本や動画を見てもわかるものではなく、実際に経験して、相手を理解しないと、その文化の違いは埋められないのではないかと思っています。

そして、その文化の違いを埋める手段として、観光はもしかしたら大きな役割を果たせるのではないかと信じています。

f:id:novotabi:20180326125627j:plain

 

このブログでは、私の経験や経験が、少しでも日本のみなさんが世界を理解するのをサポートできるプラットフォームになればと思い、ブログとして紹介をさせていただいています。

 

135east.com