海外在住の旅好きが届けるブログ135° East

世界各国の旅行情報を紹介

【プライオリティ・パス】アメリカ・ダラス・フォートワース国際空港のラウンジ

本記事では、アメリカ・テキサス州にあるダラス・フォートワース国際空港(Dallas Fort Worth DFW)のラウンジについて紹介しています。

アメリカ・ダラス・フォートワース国際空港に、プライオリティ・パスで入れるラウンジは3つ

  • 世界第3位の発着回数を誇る、忙しい空港のひとつ。
  • ダラスは、交通の便のよさから、最近日系企業のアメリカ支社が集まっている注目都市。また、テキサス自体は、肉のBBQはもちろんのこと、テクス・メクス(Tex-Mex)料理と言われるテキサス風メキシコ料理も美味しいと評判の街。
    参考:なぜ、ダラスに北米拠点を置く日本企業が急増しているか | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)
  • 街をでれば、アメリカらしいだだっ広い高速道路が走っていますし、ビルもシムシティのような高層ビルが立ち並んでいます。
  • 日本からはJALとアメリカン航空が直行便を就航
  • ターミナルはA~Eまで5つとかなり大きいので、スカイラインといわれる空港内の電車はあるものの、乗り換えのときは時間に余裕をもって計画が必要。
  • プライオリティ・パスで入れるラウンジは3つ:Minute Suites(Terminal A)、Minute Suites (Terminal D)、The Club at DFW(Terminal D)
  • Minute Suitesは、どちらかというと仕事や昼寝のためのスペースのようでしたので、この記事ではレビューを割愛しています。
    参考:Minute Suites | Minute Suites

f:id:novotabi:20180326042309j:plain


The Club at DFWは仮ラウンジのためオススメできないが、本オープンされる2018年8月に期待 

2018年4月現在は、仮ラウンジとのこと。2018年2月末に訪問したときは、周辺の施設・レストランも綺麗だったので外見からは期待が高まったのですが、実際に訪問してこのラウンジのサービス・軽食・施設、全てにがっかりしました。他のラウンジに関しては良い評価もあるものの、Priority Passで入れるエリアに関してはかなりおススメできるレベルではないです。Googleでも5点満点中2.2点と酷評されています。早めの改善を強く希望します。

ロケーション

  • Terminal DのD15ゲートの向かいにあります。荷物検査場(セキュリティ)の中にあります。
  • 1階のラウンジ入り口を入るとエレベータがあり、エレベータで3階まで上がります。
  • 2018年4月現在は仮ラウンジ。2018年夏に本ラウンジがオープン予定。

営業時間

  • 4:00~22:30

チェックイン

  • エレベータを出て正面に受付があるので、受付で搭乗券とプライオリティ・パスのカードを提示します。私が訪問した金曜日の午後は、混み合っていたようでチェックインしたら、今は満席だから入れない、空いたら電話するから電話番号を教えてと言われたので、仕方なくラウンジの外に出て30分ぐらいまったら電話がかかってきて、やっと入ることができました。
  • 複数のラウンジが集まっているらしく、どこの会員かによって案内される部屋が異なります。プライオリティ・パスで案内される部屋は、受付横の小部屋でした。

軽食と飲み物

  • サンドイッチ・ハマス・パン・ポテトチップス・スナックぐらいの5-6品しか置かれていませんでした。昼ごはんを食べていなかった、かつこのラウンジでは満たされなかったので、このラウンジを出てから売店でパンを買って飛行機に乗り込みました。
  • 飲み物は、ソフトドリンクのほかに、瓶ビール・ワインがありました。セルフサービスで自分でとって、自席で飲むというスタイルです。唯一良かったのは、ギネスビールの瓶ビールがあったことぐらいです。

設備

  • 今まで訪問した中で最もスペースが狭い!席は20席ぐらいでしょうか。運悪く、立ち飲みになっている人もおり、全く落ち着くスペースではありませんでした。この部屋の狭さだったら、満席で待たされるのも納得しましたね。
  • 窓もない小部屋なので、圧迫感がありました。
  • シャワーなし。

さいごに

ダラス・フォートワース空港をメインで利用するという方には、プライオリティ・パスはおススメしにくいほど、今の仮ラウンジはひどすぎます。夏以降に再度訪問して、どの程度改善されたのか様子を見てみたいと思います。

関連記事

プライオリティ・パスで入れる全世界の空港ラウンジのまとめ