135° East

仕事も旅も頑張るビジネスパーソン向けの旅情報サイト

【体験記】トゥクトゥクを使ったアンコールワット遺跡群のツアー(Small Circle)

本記事では、カンボジアの世界遺産アンコールワットへの旅行を考えている方向けに、アンコールワットを効率的にまわるのに便利なトゥクトゥクという乗り物(旅客用オート三輪)を使ったアンコールワット観光(Small Circle)について紹介します。

実は、今回の訪問は私にとって3回目のアンコールワット訪問です。

最初に訪れたのは15年前。

まだまだシェムリアップの街も整備されておらず、土の道路だけがある時でしたが、アンコールワットの中心にある塔から見たジャングルの景色が素晴らしく美しくて、今でもよく覚えています。

2回目は8年前に両親と。そして、3回目は結婚後に主人と。

もしかしたら、いつか4回目があるのかもしれません。

アンコールワット遺跡群を巡るトゥクトゥク・チャーターの基本情報

  • 予約方法:ホテル経由もしくはトゥクトゥクの運転手と交渉
  • 料金:$20
  • 訪問場所:Small Circleと呼ばれるエリアにある遺跡群(アンコールワット・バイヨン・タプロム・バンテアイクデイ)
  • 所要時間:7時間半〜
  • 含まれるもの:ホテルから各観光名所への移動(昼食やガイドはなし)

 

アンコールワット遺跡群を巡るトゥクトゥクのチャーター方法と料金

シェムリアップ トゥクトゥク

何人かのトゥクトゥクの運転手と話をしたところ、皆が1台あたり$20(入場料は含まない)だと言っていたので、料金が一律で決まっているのかもしれません。

ホテルのフロントで手配してもらっても、$20でした。

ホテルの前に停まっていたトゥクトゥクの運転手と直接話をして、$20でツアーをお願いしました。

 

アンコールワット遺跡群を巡るトゥクトゥクのスケジュールとサービス内容

開始時間は人によりけりだと思いますが、朝10時頃にトゥクトゥクの運転手に声をかけて遺跡群に連れて行ってもらいました。

実は炎天下での観光に疲れてしまい、予定にあった最後の方(バンテアイ・クデイ)はパスしてしまいました。

約5時間半〜6時間ぐらいの所要時間だと思います。

2月のアンコールワットはかなり日差しが強く暑かったので、できれば早めに出発して午前中に観光をすませることをおすすめします。

  • 10:00 ホテル出発
  • 10:30 アンコールワット到着
  • 11:30 バイヨン到着
  • 12:30 到着
  • 14:00 タ・プロム到着
  • 15:30 ホテル着

 

トゥクトゥクのチャーターは移動サービスのみで、ツアーガイドはしてもらえません。

目的地に着いたら、待ち合わせ場所だけ決めあとは自由行動です。

トゥクトゥクの運転手の多くがWhatsapp(LINEと類似したアプリ)を利用しているので、カンボジアへの旅行前にダウンロードしていきましょう!

WhatsApp Messenger

WhatsApp Messenger

WhatsApp Inc.無料posted withアプリーチ

 

トゥクトゥクのチャーターは、何時間でも自分のペースで見学できるのが嬉しいです。

トゥクトゥクの運転手は、多くがハンモックをかけて昼寝しているか、スマホでゲームをして観光客を待っているので、早く戻らなきゃと気を使う必要はありません。

といっても、炎天下での観光はかなり体力を消耗するので、そんなに観光スポットに長居できないのが正直なところです。

 

ホテルに到着した時点で、料金を現金で払い、ツアーはオシマイです。

気持ちに応じてチップを渡します。

 

カンボジア パイナップル

私達は、早く観光をすませたかったので、お昼は屋台のパイナップルで済ませましたが、ランチをどこかで食べたいと言えばレストランに連れて行ってくれたと思います。

ちなみに、カンボジアのパイナップル、甘くてとても美味しかったです!

食べる価値アリです!

 

トゥクトゥクで訪れるアンコールワット遺跡群の見どころ

アンコールワット周辺はお寺が集中しているので、お寺からお寺への移動もそんなに時間がかからないので非常に楽です。

移動中は林の中を走ることが多く、そよ風が気持ちよかったです。

各遺跡の詳しい説明は、「地球の歩き方」等のガイド本を参考にして頂いたほうがいいのですが、私が特に印象に残ったお寺ベスト3はこちら。

 

アンコールワット

アンコールワット

言わずもがな貫禄がある遺跡の一つです。

残念ながら訪問した日は、日が悪いとかで一番高い塔に登ることができませんでしたが、それでもアンコールワットは座っているだけでも心が落ち着く素敵な場所です。

 

タ・プロム

タ・プロム

8年前に訪問した両親も覚えているぐらい、一度見たら忘れられない印象的な遺跡です。

天空の城ラピュタ」の世界に似ていると言われており、木が巻きついて遺跡を圧倒する姿は、人の世は儚いと感じずにはいられません。

タ・プロムは私もお気に入りの遺跡の一つですが、本当に訪問する人が多くなって、人混みに疲れました。

15年前の訪問時は、人も殆どいなくて、かなり好き勝手に歩き回れたのですが、今は順路のようなものが整備されており、かつて味わった探検気分はもう味わうことができません。

残念ですが、それでも訪れる価値のある遺跡です!

 

バプーオン

バプーオン

バイヨンのすぐ近くにある11世紀の遺跡。

傾きが45度はあるピラミッド状の寺院でサイドに階段があり、高さ34メートルと言われる塔に登ることができます。

 

とにかく高い!足がすくむとはこのコトだと思いしりました。

階段も登ったら最後、後ろを振り返ることができませんでした。

最上階からの眺めはいいですが、周りに手すりもないし怖かったです。

下の写真は階段の写真ですが、怖いので一歩下がって写真を撮影しています。

バプーオン

 

そして階段でのマナーについて一言いわせてください。

こちらの寺院、安全面を考慮して階段は両サイドに一つずつ。

基本的には一方通行です。

なのに!自分勝手な観光客がたまに逆方向(下り専用の階段なのに登ってくる)に進んできたりします。本当に危ないです。

「上りは反対側の階段だよー」と優しく欧米系の男性二人組に声をかけたら、「誰も来ていないんだから、いいだろ」捨て台詞を吐いて登っていきました。

そういう問題ではないんですけどね。

もしかしたら、降りようとする人がすぐ近くまでいるかもしれないのに。

ああいう身勝手な観光客はよくないなぁと思いますね。

特に、人の安全性に関わるかもしれない場合は…

 

トゥクトゥクのチャーターはこんな人におすすめ

アンコールワット遺跡群

車の量は少ないと言っても野外を走るので、少しはホコリが体にかかります。

ホコリは絶対イヤだ!という方や、冷房のきいた車で移動したい方は車のチャーターがオススメです。

シェムリアップの中心部に行けば、グループツアーも1人$13で催行されているようでした。

 

アンコールワットの現地発着ツアーを事前予約しておきたい方、日本語でのガイドがほしい方はツアー予約サイト「VELTRA」を使って予約しておくのがオススメです。

アンコールワットの遺跡は色々と見所となる彫刻があったりするので、初めての訪問の際はガイド付きツアーがオススメです。

私も、かつてガイド付きツアーを使ってアンコールワットを両親と訪問しました。 

アンコールワットの現地発着ツアー(日本語ガイドあり) icon