135° East

仕事も旅も頑張るビジネスパーソン向けの旅情報サイト

リスボン観光中にみつけた!行列のできる軽食のお店を紹介します!

f:id:novotabi:20181222025329j:plain

ポルトガル・リスボンに滞在していました。

本記事では、リスボン市内を散策中に見つけた行列のできるお店を中心に紹介していきます。

リスボン観光でどこに行こうか悩んでいる方の参考になればと思います。 

大行列ができているポルトガル・コロッケのお店「Casa Portuguesa do Pastel de Bacalhau, Rua Augusta, Lisbon, Portugal」

f:id:novotabi:20181221073201j:plain

リスボン観光の目抜き通り沿いにある、ポルトガル式コロッケのお店。

Codfish Cakeと紹介されていますが、タラとじゃがいものコロッケです。

歴史のある&大人気のお店のようで、お店の前には人だかりができていました。

お店側も行列の扱いになれており、まずはレジで支払いを済ませてから、カウンターに行き商品を受け取るという流れになっており、店員さんもそのように誘導してきます。

 

f:id:novotabi:20181221072906j:plain
f:id:novotabi:20181221072457j:plain

価格の方はというと、握りこぶしぐらいの大きさのコロッケが、1個4€(約500円)。

ポルトガルの物価とか考えると、かなり強気の価格設定です。

私達が知っているコロッケとは少し違う味がします。

が、これはこれでありかなとは思います。

ただ、やっぱり4€という値段はちょっと高めかなと思いました。

他の人と同じ様に、お店の前で熱々のコロッケを頬張るのがオススメ! 

基本情報

 

甘党ならチェックしておきたい!行列ができるスイートのお店ALCOA

f:id:novotabi:20181221070535j:plain

週末の午後、街を散策していると長蛇の列ができていた超人気スイーツのお店ALCOA。

週末の朝一番に通りがかったときに空いていたので試してみました!

店員さんにALCOAの人気の商品を聞くと、エッグタルト(左)と金糸瓜ケーキ(真ん中)、クレープ(右)とのこと。

どれも、どこかのコンテストで賞をとった自信作とのことでした。

#メニューの名前はメモをするのを忘れました!

 

せっかくだからと1個ずつ購入して、店内で試してみました。

f:id:novotabi:20181221070823j:plain
f:id:novotabi:20181221070903j:plain
f:id:novotabi:20181221070909j:plain


全体的に、かなり味付けが甘めです!

 

エッグタルトはカスタードが濃厚!とにかく、かなり甘いエッグタルトでした。

シナモンをかけて食べるとちょうどよい味加減になりますが、やっぱり甘かったです。

生地はパリパリで美味しかったです。

 

金糸瓜ケーキはアーモンドとヘーゼルナッツの味がして、こちらも甘めです。

言われなければ、さつまいものケーキだと勘違いしました。

金糸瓜と聞いてビックリ!

金糸瓜って、瓜ですが中身の実の部分をフォークでとると、そうめん上の細い麺がとれるあの野菜です。

普段はサラダとして食べることが多いので、ケーキで食べるなんて想像もしていませんでした。

金糸瓜がこんなケーキになれるの?!と醜いアヒルの子ではないですが、その変貌ぶりにかなり衝撃をうけました。

そのイノベーティブな調理方法に脱帽です。

 

そして、最後のクレープ。

クレープのパリパリ生地が卵黄の餡を包んでおり、餡も生地もかなり甘い!

さらにクレープ生地にも砂糖がまぶしてあり、さらに甘さを助長しています。

ただただ甘かったです。

 

3つの中で順位をつけるなら、金糸瓜のケーキがアイデアと味の面からも一押しです。

他の観光客の人達はエッグタルトを食べているひとが多かったです。

私は、もう少し甘さが控えめのエッグタルトがすきなので、他のお店のほうがオイシイと感じました。

基本情報

 

エッグタルトの本命!行列必至!Pasteis de Belem

f:id:novotabi:20181221073801j:plain

行列必至と聞いていたエッグタルトの有名店「Pasteis de Belem」。

ジェロモニス修道院のすぐ近くにあります。

午前12時頃の訪問でしたが、10名ぐらいの行列だったので、5分ぐらいでエッグタルトを入手することができましたが、人が絶えず集まってきていたので、スイーツが欲しくなる午後の時間帯には、かなりの行列が予想されます。

 

こちらの店舗では、持ち帰りの場合、まず支払いをすませてから、カウンターに行きエッグタルトを受取る仕組みになっていました。

店舗で食べる場合は、店舗の奥に受付があるのでそちらに並ぶようにします。

 

エッグタルト

エッグタルトは1個1.1€。

甘めのエッグタルトが多い中で、こちらのエッグタルトは甘さ控えめで日本人の味覚に合うと思います。

 

なお、香港や台湾などの中華圏でもエッグタルトが食べられます。

起源は同じとのことですが、味はかなり違います。

あえて言うなら、ポルトガルのエッグタルトのほうがカスタードクリームが濃厚で、しっかりしています。

また、パイ生地もサクサクしているのが特徴です。

私は、ポルトガル風・中華風どちらのエッグタルトも好きです。

 

ポルトガルの色々なところでエッグタルトを食べましたが、こちらのエッグタルトが一番だと思いました。

 

エッグタルトの他にも、いろいろと違うものが売っていたので、小腹が空いている方は他の品物を試してみても面白いかもしれませんね。

 

基本情報

 

さいごに

本記事では、リスボン観光中に見つけた行列のできるお店を紹介しました。

小腹が空いたときに食べられるコロッケやエッグタルトのお店を中心に紹介しているので、街歩きの途中に気軽に食べてみてくださいね。

なお、しっかり食べたいときには、TimeOut Marketがオススメです。