135° East

世界各国の旅行情報を紹介

アイスランドでのガソリン給油

アイスランドでレンタカーを借りた時、ガソリンの給油が必要ですよね。

国によって微妙に違う、アイスランドのガソリンスタンドについて紹介します。

 

どんなガソリンスタンドがあるの?

道路を走っていると、N1、Olis等の看板があるのですぐにわかります。多くは、備え付けの小さな店舗がありますが、場所によっては完全無人のガソリンスタンドもありました

 

2017年5月の時点でのガソリンスタンドは1Lで約200円でした。2018年2月には記憶が正しければ約300円ちょっとしていたはず。こんなに値段が上がったのでしょうか。。

f:id:novotabi:20180309155139j:plain

 

ガソリンを買うことに気をつけたいこと

1.暗証番号がないクレジットカードは使えない

日本のクレジットカードは暗証番号があると思うので大丈夫かと思いますが、アメリカのクレジットカードにはまだ暗証番号がないものが殆どです。最初にクレジットカードを指して引き抜いた後、暗証番号を入れなさいという指示画面が出てきます。そこで暗証番号が通らない場合は、ガソリンスタンド内の店舗に行って、下記のようなプリペイドカードを購入しましょう。N1の場合3000、5000、10000Krのものがありますが、私達は使い切れなくなるのが困るので、毎回5000Krを買っていました。

f:id:novotabi:20180309155804j:plain

 

2.空港近くのガソリンスタンドは高い!

1号線を降りたところで入れましょう。あまり空港近くまで行くと、最後の2つはすごく高かったので、引き返して少し安いところで入れました。

 

3.ディーゼルもまだまだメジャー

アイスランドにはまだディーゼル車が多く走っています。ガソリンとディーゼルを間違えないように!95oktと書いてあるものがガソリン、Dieselディーゼルです。

 

4.余裕を持った給油を!

ガソリンスタンドは田舎に行けば行くほど限られてきます。特に無人のところも多いので、特にプリペイドカードを購入する必要がある場合は、余裕を持って給油をしておいたほうが無難です。

 

旅行者として困ったこと

1.ガソリンを満タンにしたい時に、どのボタンを押せばいいかがわからなかった

いつも5000Krのカードを買って入れるところまで入れて、というのを繰り返していました。さすがに、空港近くのガソリンスタンドだけは満タンにしてというと、してくれましたが。店員さんに先に”3番のスタンドをOpenして”といって、その後お店の中でお金を支払えばよかったのでしょうか?

2.暗証番号がないとクレジットカードが使えない

アメリカのクレジットカードは暗証番号がないので、非常に困りました。銀行のデビットカードは暗証番号があるので使えましたが、やっぱりクレジットカードが使いたいです。

3.ガソリン代が高い

1週間滞在すると、合計で大体2万円程ガソリン代に払っています。島国なので仕方ないのかもしれませんが、もう少し安くなると嬉しいです。