135° East

US在住・会社員トラベラーによる旅ブログ

【サハラ砂漠ツアー|体験レビュー】ラクダ・満天の星空、そして民族音楽!モロッコの砂漠ツアーがとにかくスゴイ!

f:id:novotabi:20181216004511j:plain

やってきました!サハラ砂漠を体験するために、モロッコに!

マラケッシュから12時間の長距離バスに乗ってやってきた、モロッコでも果ての村・メルズーガ。

メルズーガと隣村ハシラビードは砂漠ツアーに参加できる村として観光客に人気があります。

本記事では、モロッコ観光のハイライトとも言える砂漠ツアーについて紹介します。

モロッコ・サハラ砂漠ツアーの申し込み方法

f:id:novotabi:20181216004815j:plain

1泊2日のラクダに乗ってサハラ砂漠で1泊するツアーに参加しました。

 

予約したのは、モロッコ・メルズーガにある「Riad Mamouche」が企画・運営する砂漠ツアー。

Riad Mamoucheのメール問合わせ先に書かれているアドレスに、英語でメールを送りました。

オーナーの方は日本語が話せますが、日本語を読み書きする環境がないのか、英語かローマ字でのメール送信が必須です。

 

他のリアドに宿泊していたのですが、あえてここ「Riad Mamouche」のリアドの砂漠ツアーを選んだ理由は、1.価格2.テントにトイレがあるという2つの理由からです。

実際に参加してみて、ここの砂漠ツアーには大変満足しています。

砂漠ツアー後も、朝食をいただき、砂でまみれた体をシャワーで洗うことができ、更にはフェズまでのタクシーも親切に手配してもらいました。

 

モロッコ・1泊2日のサハラ砂漠ツアーのスケジュール

f:id:novotabi:20181216005138j:plain

スケジュールは下記の通り。

色々なホテルで催行していますが、どこでも似たようなスケジュールだと思います。

  • 16:30 ハシラビードのホテル(Riad Momouche)を出発
  • 17:00 夕日がきれいに見える高台で、30分休憩&夕日鑑賞
  • 18:30 宿泊先となるキャンプに到着
  • 19:30 テントで夕食(タジンなど)
  • 20:30 ベルベル族の音楽を楽しみながら、キャンプファイヤー。星空鑑賞。
  • 22:00 眠たくなった人から就寝
  • 翌朝7:20 起床
  • 7:30 テント界隈で日の出鑑賞
  • 8:30 テントを出発し、ホテルへ向かう
  • 9:30 ホテルで朝食&シャワー

 

また、らくだが下り坂を進む際はかなり傾くので、振り落とされないように必死にしがみついていました。 

私達がなれていないせいか、腕と足の筋肉をかなり使いました。

 

モロッコ・サハラ砂漠ツアーで実際に宿泊した部屋

f:id:novotabi:20181216004617j:plain

12月は閑散期なのか、私達が参加したツアーも4人だけの参加で、テントがかなり余っていました。

私達夫婦で1個のテント、他に1人参加の男性が2名いらっしゃいましたが、彼らはテントを相部屋で利用していました。

砂漠ツアーに参加すると、最初は知らない者同士でも仲良くなるので、相部屋でもあまり気にならないかもしれませんね。

気になる方は、ツアー申し込み時に確認することをおすすめします。

 

モロッコ・サハラ砂漠ツアーのオススメの持ち物

f:id:novotabi:20181216004747j:plain

ラクダに乗っていくことになるので、荷物は最小限にしたほうがいいと思います。

中ぐらいのリュックサック1つぐらいであれば、ラクダの背中に引っ掛けられるので大丈夫です。

なお、ラクダにのるときは、リュックサックはラクダにかけるよう指示されるので、実質カメラぐらいしか首にかけることができないと思います。

さて、気になる持ち物ですが、季節によって違うと思いますが、12月上旬に参加したときは、寝るときに寒くて凍えていたので防寒グッズが必須です。

汗もほとんどかかないし、シャワーも砂漠ではあびられないので、下着は不要です。

下記、砂漠ツアーに持っていってよかったもの、持っていくべきだっったものをリストにしています。ご参考まで。

  • 防寒グッズ(帽子、手袋、マフラー、ヒートテック上下、厚手の靴下、カイロ
  • 歯磨きグッズ
  • 顔拭きシート
  • サングラス(必須)
  • コンタクト液・メガネ(必要な場合)
  • モバイルバッテリー
  • カメラ
  • ジップロック(砂嵐対策用、私のときは不要でした)

 

モロッコ・サハラ砂漠ツアーのオススメの服装

サハラ砂漠

砂漠ツアーへの参加は、普通にハイキングに行くような格好で大丈夫です。

Tシャツ、長ズボン、靴、必要に応じて防寒グッズでしょうか。

12月に参加した際は、防風ジャケット・フリース・長袖シャツ・長ズボン・ヒートテック靴下・ヒートテック(上下)・靴という格好でした。

帰りは朝で、冷え込んでいたので、上記の服装にさらに、帽子・手袋・マフラーが加わりました。

 

サハラ砂漠

砂漠の上を歩くと靴の中に砂が入るという情報がありましたが、本当に入ります

サハラ砂漠の砂は本当にきめ細かくサラサラしているので、入りやすいのかもしれませんね。

最初は、ビーチサンダルか運動靴どちらで参加しようかを考えていましたが、実際に参加してみて、やっぱり運動靴でのツアー参加をおすすめします。

他の参加者も、靴でした。

理由は、下記の2つ。

  1. ラクダに乗っている時に靴が落ちると拾うのが大変
  2. 寝る前に足を洗うことができないので、汚れた靴下を脱いで寝たほうがいい

主人は、NIKEのエアマックスを履いていましたが、ほとんど靴の中に砂が入っていなかったようです。

私のニューバランスは、砂が入りまくっていました。

靴の構造によるのかもしれませんね。

 

モロッコ・サハラ砂漠ツアーはこんな人にオススメ

f:id:novotabi:20181216004902j:plain

実際に砂漠ツアーに参加して、本当によかったです!

砂漠でいる、朝日も夕日も、そして星空も特別で、信じられないほど素敵な景色を楽しむことができました。

ただ、キャンプでの就寝だけはかなり寒くて、とにかく震えながら眠りました。

防寒用具だけはしっかり持っていきましょう!

砂漠を体感したい方、満天の星空を見てみたい方、砂漠ならではの体験をしたい方にはかなりオススメのツアーです!