135° East

ストーリーを伝える、会社員のための旅ブログ

カッパドギア観光の玄関口カイセリ空港の利用時にしっておきたい【3つ】のこと

f:id:novotabi:20190124154350j:plain

トルコにあるキノコ型の岩が有名な世界遺産カッパドギア。

カッパドギア観光の玄関口となる空港のひとつがトルコ・カイセリ空港(Kayseri)です。

2019年1月に、カッパドギア観光のためにカイセリ空港を利用しました。

本記事では、これからカッパドギア観光のためにカイセリ空港を利用する方向けに、カイセリ空港を利用するときに知っておきたいことを紹介します。

カイセリ空港とは、カッパドギア観光の玄関口

カッパドギア

奇岩で有名な世界遺産カッパドギア。

カッパドギアは山の中にあるため、カッパドギアに訪れる際にはネブシェヒル空港か、カイセリ空港を利用して、そこからバスなどでカッパドギア観光の要となる街ギョレメに移動し、滞在することになります。

日本からカッパドギアに訪れる場合は、イスタンブール経由でネブシェヒル空港か、カイセリ空港に到着することになると思います。

私の場合は、カイセリ空港のほうが飛行機の値段が安かったので、今回はイスタンブール経由でカイセリ空港に到着し、そこからバスでギョレメに行くことにしました。

 

1. 乗換え客は、カイセリ空港で荷物の受取場所が違う!

f:id:novotabi:20190124154524j:plain

イスタンブール等の空港を経由して到着した乗客、つまり他の空港で乗換を経てカイセリに到着した乗客の手荷物は、他の乗客とは別の場所で手荷物の受け取りを行います。

具体的に言うと、イスタンブールからカイセリまで来た人と、アテネからイスタンブール経由でカイセリまで来た人は、荷物の受け取り場所が異なります。

 

大部分の客が飛行機を降りて正面にある手荷物受取場所に行くのですが、乗換を経た乗客だけは、向かって左側にある乗換専用の受け取り場所に向かう必要があります

上の写真が乗換客専用の受け取り場所になり、Transfer Passengers Baggage Claimと呼ばれています。

 

私も飛行機を降りて荷物の受け取り場所に行くときに、係の人がトルコ語でなにか言っていましたが全く理解できず、係の人が言っていることを無視していました。

手荷物受取所のベルトコンベアが止まり、荷物が全部出てきた雰囲気になったにもかかわらず、一向に自分のものが出てこない!

「もしかしてLOSTされたのでは?」と不安になり係員にきいたら、「乗り換え客?」と聞かれ、「俺についてこい(Follow Me)」と言うので、となりの建物へ。

Transfer Baggage Counterと書いてあるビルがあり、そこに私たちの荷物がありました。

かなり珍しいオペレーションなので、普通はわかりませんね、こんなの…

 

2. カイセリ空港には両替所がないので、事前に両替を!

カイセリ空港には荷物の受取り場所以外に、免税店しかありません。

普通の空港ならありそうな、両替所は地方空港のためかありませんでした!!

 

世界的な観光地であるカッパドギアだし、両替所くらいあるよねという私たちの期待は見事に打ち砕かれました。

トルコに到着したのは23時。

トルコの現金をほとんど持ち合わせていなかった私たちはかなり焦り、外に出てまわりを見回すと空港を出たところにATMが2台!

助かった!とATMコーナーに行きましたが、1台は、故障中。

そして、もう1台はトルコ語のみの表示…

外国人旅行者には酷い仕打ちです。

かろうじて、ホテルまでのタクシー代ぐらいは現金があったので助かりましたが、現金がゼロだったらどうなっていたんだろうと思います。

 

日本からカイセリ空港に直接行かれる方は、乗換時のイスタンブール空港などで両替を事前に行っておくことを強くおすすめします。

空港の両替はレートが悪いので、余裕を持って5000円くらい両替をしておいて、カイセリ市内かカッパドギアにある両替所で、必要なお金の両替を行うといいとおもいます。

 

3. 深夜でも空港の出口前に乗合バス(HVAS)とタクシーあり!

カイセリ空港

カイセリ空港は、荷物を受け取って外に出たすぐのところに乗合バスとタクシー乗り場がありました。

カイセリ空港は小さいので、迷わないと思います。

 

私たちは深夜23時の到着でしたが、出口前に乗合バスのミニバンが待っていて、市内やバスターミナルへと乗客を運んでいました。

 

また、タクシーも何台か待っていましたよ。

空港を出ると、観光客はタクシーの客引きにウワッと取り囲まれるのが、どこの空港でも見られる光景ですが、カイセリではそんなこともなく、かなり静かな雰囲気でした。

停まっていたタクシーに声をかけて、ホテルまでいくらかを聞くと30TLとのこと。

夜間だし、到着したら追加料金を要求されて、ぼったくられるのでは?と心配していましたが、市内のホテルまでメーターで30TLと、良心的な価格だったとおもいます。

事前に調査したときも、空港から市内まで30〜50TLとの情報でした。

上の写真のようにタクシー価格の価格表も、カイセリ空港のタクシー乗り場の前に掲げてあり、観光客には嬉しい限りです。

 

人によっては、カッパドギア行きのバスが発着するカイセリのバスターミナルに直行される方もいると思います。

カイセリのバスターミナルも、HVASとタクシー、どちらでも直でアクセスできるようです。

タクシーも上の写真の価格表によると45TLとのことです。

左側の列の下の方にBUS TERMINALと表示してあります。

 

客引きが少なく、かつ深夜でも交通機関がしっかりしているのは、カイセリ空港の良い点ですね。

 

さいごに

本記事では、カッパドギアに行く際に利用する可能性が高いカイセリ空港を利用するときに知っておきたいことについて紹介しました。

  • 乗り換え客は、荷物の受け取り場所が違う!
  • カイセリ空港には両替所がないので、事前に両替を!
  • 深夜でも空港の出口前に乗合バス(HVAS)とタクシーあり!

楽しいカッパドギア旅行を楽しんでくださいね!

こちらのページでは、トルコでの現地発着ツアーの割引・キャンペーン情報が紹介されています。 お得なツアー情報をどうぞ!

ベルトラのツアーがお得になる割引情報をチェック