135° East

世界各国の旅行情報を紹介

トルコでウィンドサーフィンを楽しむ方法

f:id:novotabi:20180424141748j:plain

トルコといえばイスタンブールやカッパドギアが有名ですが、実はウィンドサーフィンが有名な場所でもあります。特に、エーゲ海沿いにあるトルコのアラカティ(Alacati)は、ウィンドサーフィンの雑誌でも取上げられたり、ウィンドサーフィンの大会も行われている、知る人ぞ知るウィンドサーフィンのメッカなのです!

この記事では、海外でのウィンドサーフィン体験に興味があるという方向けに、トルコのアラカティへの行き方とウィンドサーフィン体験について紹介しています。

 

アラカティ/Alacatiとは

  • トルコのサントロペ(The St Tropez of Turkey)と呼ばれるリゾート地。
  • トルコ第三の都市イズミールの郊外に位置している。地図でアラカティを確認
  • 石造りの家・オリーブ油・ワイン・チーズ・風力発電で有名。
  • 500m X 400mの浅くて青い海が広がっており、かつ年間300日は風が吹いていることから、初心者〜中級者向けウィンドサーフィンの名所として知られるように。(参考:Top 10 Best Places In The World To Learn Windsurfing | realbuzz.com
  • 朝は比較的弱めの風が吹き、日中にかけて風が強くなる傾向にあります。私が訪問したときも、かなり風が吹いていたので初心者の私でも、前に進むことができました!
  • アラカティでのウィンドサーフィンのベストシーズンは、5月中旬から11月初旬まで。私が行ったときは10月31日でしたが、ウィンドサーフィンのショップも開いてたり開いてなかったりでしたね。シーズンの終わりだったので、かなり人は少なかったですが、海水が冷たいということはなかったので、結果的には良かったです。

アラカティへの行き方

  • イズミールから途中まで地下鉄。そこから大型バス。Alacatiの市街地(地図)から海岸まではミニバスで移動。ミニバスは1時間に1本とかのレベルでしか走っていなかったので、強風の中待たされました。
  • イスタンブールからイズミールまでは国内線の飛行機で移動。イズミール空港からアラカティまでバスが運行。

アラカティでのウィンドサーフィン体験

f:id:novotabi:20180424141509j:plain

  • Alacati Surf Paradise Club (ASPC)とMyga Surf Companyが大きなサーフショップで、ウィンドサーフィンのグッズレンタル・レッスンサービスを提供しています。
  • 私が利用したのはASPC。ASPCは1995年創業のウィンドサーフィンショップ。海岸の正面にお店があります。ローシーズンのグループレッスンで€65〜です。Webサイトに料金表があります。
  • 訪問したときはオフシーズンだったので、ウィンドサーフィン・ショップもそんなに開いていなかったのですが、予約なしの飛び込みでレッスンをお願いしたら快諾してくれました。
  • 料金は、英語のプライベートレッスン(2時間)で1万円しなかったと思います。ウィンドサーフィンの道具とボディスーツのレンタル込です。クレジットカードで支払いました。
  • 最初は、砂浜でボードへの乗り方や帆の操作方法を習います。その後、海に入っての練習。まずはボードの上に立つところからはじめて、ここまで進んでといった具合に、段々長い距離を進みます。
  • ウィンドサーフィンをやったことがある方ならわかると思いますが、風を捉えて前に進むために、身体を思いっきり後ろに倒してバランスをとらなければいけないのですが、最初は後ろに身体を反らせるなんて、ボードから落ちそうなので怖くてできない!すると、向こうからスパルタ講師に”なんでお前は風にのれないんだ”と怒鳴られながら、小一時間練習。部活の思い出が蘇りました。
  • 後半の1時間は、スパルタ講師も陸に上がりいなくなったので、1人でのんびり一生懸命ウィンドサーフィンの練習をしていました。すると!スパルタ講師の特訓のおかげでしょうか?なんと、しばらく前に進み、更にはターンまでできてしまったのです!自分で自分に驚きました!

アラカティ周辺のホテル

今回はイズミールからの日帰りでしたが、次回訪問する時には、アラカティに泊まりたいなと思っています。ビーチの周辺はかなりリゾート地のような雰囲気が漂っており綺麗でしたよ。

エクスペディアでアラカティのホテルを検索する

さいごに

トルコのイズミールの郊外にあるウィンドサーフィンで有名なアラカティについて紹介しました。エーゲ海の青い海でのウィンドサーフィンは気持が良かったですし、最初に海をみたときはその碧さにかなり興奮しました。近くにエフェス遺跡等もありますし、イスタンブールやカッパドギアだけでなく、イズミールにも足を伸ばしてみてはいかがですか?