135° East

US在住・会社員トラベラーによる旅ブログ

【ブルーラグーン】本当に青い!アイスランドのお酒が飲めてリラックスできる高級な温泉

f:id:novotabi:20190523110630j:plain

アイスランド旅行で訪れたい場所の一つとして有名なのが、このブルーラグーン(Blue Lagoon)。

写真だけは広くシェアされているので、あなたもどこかでこの青い温泉を見たことがあるのはないでしょうか?

本記事では、2017年にブルーラグーンに行った経験をもとに、レビューを書いています。

アイスランド・ブルーラグーンの基本・詳細情報とアクセス方法

  • 住所:Nordurljosavegur 9, 240 Grindavík, Iceland
  • 電話番号:+354 420 8800
  • 営業時間:午前8時〜午後9時
  • 入場料:6,990 ISK(約 6,990円)~ 53,000 ISK(約 53,000円)
  • 公式サイト:http://www.bluelagoon.com/

 

 

アイスランド・ブルーラグーンへの行き方・アクセス方法 

アイスランドの空港とレイキャビックの間に位置しており、空港から23キロメートル(車で20分)のところにあります。

空港の近くにあるので、到着した日、もしくは最終日の立ち寄りも可能です。

ブルーラグーンへのアクセスは、レンタカーが最も便利です。

車の運転はしたくないという方には、レイキャビックからの現地発着ツアーがオススメです。

 

アイスランド・ブルーラグーンの入場チケット

 

ブルーラグーンの入場券の価格は、6,990 ISK~53,000 ISK。

日本円にして約6,990円。高いです。

こだわりがなければ、ComfortプランでOKです。

最新情報はブルーラグーンの公式サイトでご確認ください。

 

ブルーラグーンの受付は長蛇の列になっていました。

もし可能であれば、入場チケットは事前にオンラインで購入していくことを強くオススメします。

ブルーラグーンの公式サイトから、料金プランのページで”Book Now"をクリックして予約できます。

 

アイスランド・ブルーラグーンの中の様子と雰囲気

f:id:novotabi:20190523110703j:plain

施設は、かなりきれいに整備されています。

他のローカルの温泉施設と比較しても、ワンランク上です。

更衣室もかなりキレイでした。

 

そして肝心の青い温泉ですが、最初に見たときはわぁと思うぐらいキレイです。

大自然の中で、白い色の温泉に入るのはとても気持ちがいいですし、インスタ映えもするので写真をとっている人も多い!

様々な国から、若者からリタイアした人まで、多くの人が訪れる理由がわかります。

 

そして、温泉の温度は、場所によって、熱かったり、ぬるかったり…

全体的にはぬるめです。

熱めの温泉が好きな人は、熱めのお湯が出ているところをみつけて、そこにとどまることをオススメします。

 

ブルーラグーンに入るにあたって注意点がひとつ。

温泉の底の部分が日本の温泉のようにきれいに平らに整備されている、とついつい期待してしまいますが、違います。

温泉の底の部分は、砂や石がゴロゴロしています。

時々、岩に脚をぶつけてイタ!っという思いをすることが何回かありました。

入っていると、まさしく砂や岩の上を歩いている感じです。

私は、温泉なのに、アメリカで大人気のREEFのビーチサンダルを履いて入りました。

 

また、ブルーラグーンの中では、ビールやシャンペン等のお酒も、「Lagoon Bar」というバーカウンターで販売されており、温泉に入りながらお酒を楽しむことができます。

ただし、価格は高いです。

 

アイスランド・ブルーラグーンはこんな人にオススメ

清潔・綺麗で素敵なところには違いないのですが、7000円も払って入る温泉か?というと疑問が残ります。

ただし、やはりInstagramなどのソーシャルネットワークでも世界的に有名なので、アイスランドに行くからには、一度は思い出として訪れてみることをオススメします。

ただ一度行けばいいかなというのが正直なところです。

身体を温めることが目的であれば、約半額のシークレットラグーンや、街のプールに行くほうが経済的だし十分ではないかなと思います。

 

合計3週間滞在した、アイスランドでの観光情報について記事にまとめました。

アイスランドでのオーロラ・氷河・他の温泉情報を紹介しているので、よかったらどうぞ!

アイスランドの観光情報のまとめ記事はこちら