海外在住の旅好きが届けるブログ135° East

世界各国の旅行情報を紹介

【実証済】迫力あるアメリカを体感!グランドキャニオン周遊・モデルルートを大公開!

アメリカの広大な土地を、一度はドライブしてみたいと思いませんか?

アメリカは本当に広い!

日本では見られない、ユニークな形の岩山や荒涼とした砂漠の中を思いっきり走ってみたいと思ったことありませんか?

本記事では、そんなあなたのために、グランドキャニオン・ドライブ一周のモデルルート(計4日間)を紹介します。

実際に、私たちも辿ったルートなので、普通の大人にも無理のないルートになっていると思います。

グランドキャニオン周辺の観光スポットを巡るドライブルート

f:id:novotabi:20181007060901j:plain

本記事では、実際に私たちが実践したグランドキャニオンの周遊ルートを紹介します。

主要な観光スポットを観光しながらのドライブで4日間ですが、スケジュールに合わせて各滞在場所での滞在日時を延長したりすることで、のんびり周遊ルートにすることも可能です。

  • 1日目:ラスベガス市内滞在(走行距離 5マイル/7km、運転時間 15分)
  • 2日目:ラスベガス→ペイジ(走行距離 270マイル/430km、運転時間 4時間半)
  • 3日目:ペイジ→グランドキャニオン(走行距離 130マイル/210km、運転時間 2時間半)
  • 4日目:グランドキャニオン→ラスベガス(走行距離 270マイル/430km、運転時間 4時間半)

 

  合計:走行距離 約680マイル/1090km、運転時間 約12時間

 

このルートより短縮するのはかなり厳しいと思います。理由は、走行距離や運転時間が長くなるためです。

 

それでは、各日程を詳しく紹介していきます。 

1日目:砂漠の中の観光都市ラスベガスを満喫

f:id:novotabi:20180712155508j:plain

ラスベガス空港でレンタカーを借りて15分ほど運転すると、ホテルが立ち並ぶストリップに到着。

せっかくなので、ラスベガス市内で、カジノやショーを楽しんだり、グルメ都市と言われるラスベガスで美味しいものを食べて、ラスベガスを満喫するのがオススメ。

初めてのラスベガスであれば、ストリップで2〜3泊するのもいいと思います。

3泊以上になると、カジノ好きであればいいかと思いますが、個人的には長いかなと思います。

ホテルは、私もストリップ界隈のホテルに泊まりましたが、ロケーションとホテルのキレイさから、ARIAホテルが最もオススメです。

ARIAホテルの滞在レビューは、こちらの記事「気分も高揚する豪華ホテル!ラスベガスのアリアホテル(Aria Resorts&Casino)」でまとめています。

エクスペディアでARIAホテルをみてみる

ラスベガスのオススメ観光スポットは、記事「ラスベガス観光がもっと楽しくなる!観光情報のまとめ」にて詳しく紹介していますので、よかったらあわせてどうぞ。

 

2日目:ラスベガスからペイジへ砂漠の中のドライブ、どこかで見たことがあるかもしれないシューホースを見学

ラスベガス周辺のドライブ

2日目の目的地は、ラスベガスのはるか東にある小さな街ページ(Page)。

ラスベガスから約4時間半。270マイルのドライブです。

高層ビルが立ち並ぶストリップを出発して、ラスベガスから東方向にどんどん進むと、すぐに砂漠というか、上の写真のような荒涼とした景色が続きます。

時間があれば、ザイオンに途中立ち寄って1泊し、翌日ペイジに向かうアレンジもいいと思います。

 

荒涼ドライブの途中には、こんな奇岩を見ることもできます。

f:id:novotabi:20181006150933j:plain

この日のドライブはアメリカの広大な自然を存分に楽しむことができます。車も少ないし、道も比較的まっすぐなので、ペーパードライバーの方でも大丈夫。ただし、警察が時々いるのでスピードの出しすぎには注意してくださいね。

 

警察対策には、警察が(隠れて)いる場所を教えてくれるWazeというスマホアプリが便利です。

Wazeは無料ですし、インストールしておいて損はないです。

もちろん、私もインストールしています。

Wazeを利用すれば、道路が混んでいるかはもちろんのこと、どこに警察がいるか、どのレーンに事故車があるかといったことまで、最新の情報を入手することができます。

Waze カーナビ & 交通情報

Waze カーナビ & 交通情報

Waze Inc.無料posted withアプリーチ

 

ただし、Wazeにも欠点があります。

それは、情報を随時アップデートするために海外Wifiが必要、かつスマホのバッテリーをかなり消耗すること。

できれば、日本から海外Wifiをレンタルし、車用の充電器を用意していくことをオススメします。

レンタカー会社でもカーナビを1日500〜1000円でレンタルできますが、機能的にはWazeのほうがずっと高機能なので、海外で利用可能なWi−Fiルータをレンタルしたほうがずっと使い勝手がいいですよ。

海外Wifiを見てみる

ドライブルートの話に戻ります。

ペイジでの宿泊前に、ぜひ観光スポットホースシューに立ち寄ってください。 ホースシューは、おそらく日本ではメジャーな観光地ではないかと思いますが、寄ってみる価値アリです。

確かソニーのテレビの画面がホースシューだったと思います。

下記の景色に見覚えはありませんか?

ホースシュー

 

ホースシューの観光は無料。

駐車場から砂漠の中を少し歩く必要があるので、運動靴がオススメです。

この砂漠と水の絶景に、しばらく時間を忘れますよ。

写真で見るより、生で観る景色の方がずっと迫力があってスゴイです。

 

2日目の最終目的地ペイジは、ホースシューから車で10分の所にある小さい町です。

私たちがページで泊まったのは、Courtyard by Marriott Lake Powell

1泊約1万円の、普通のホテルです。

マリオット系列ですので、部屋もきれいでしたし快適な滞在でした。

ただし、レストランだけがイマイチ。

私たちが宿泊した時は、アメリカの祝日に重なっていたため、街のレストランがほとんど休業のため、やむを得ず、ホテルのレストランで食べたのですが、あれだけはオススメできないです。

 

ホテルの部屋からは、下記のようなアリゾナらしい景色を楽しむことができました。

f:id:novotabi:20181006154817j:plain

 

また、夜になったら、ぜひ外に出て空を見上げてください!

とんでもない数の星が見えます。

本当に星が降ってきそうなぐらい、一面の星空。

もちろん、流れ星もいくつか!

ペイジ宿泊の際は、疲れていても夜空を見上げてみることをオススメします。

 

エクスペディアでペイジ周辺のホテルを探す

 

リッチなあなたには、5つ星ホテルAmangiriもオススメです。

私もいつか泊まってみたい!

 

3日目:素人でもキレイな写真が撮れる、ただただ美しいアンテロープ。夕日はグランドキャニオンで。

f:id:novotabi:20181006155331j:plain

 

30カ国以上を旅しましたが、アンテロープはベスト3に入るぐらいきれいなところです。

個人的には、グランドキャニオンよりもオススメ。

本当に本当に赤い曲線美が美しいので、誰がとってもきれいな写真がとれます。

正確に言うと、素人でもキレイな写真が撮れて、プロが撮るともっとキレイな写真が撮れます!

 

実物を見ると、本当にキレイです。

 

地上は荒涼とした砂漠なのに、ちょっと地下に迷い込むとこんなにキレイな空間が広がっているとは、最初に発見した人は本当に驚いただろうなと思います。

それくらい、地上とのギャップがすごい。

 

アンテロープは絶対に行ってほしいですが、注意があります。

アンテロープは、ツアーでしか観光することができません

さらに、アメリカでも人気の観光スポットなので、予約をしておくか、早めに行かないとツアー開始までの待ち時間が発生してしまいます。

私たちは、10時頃には現地に行ったと思いますが、入れたのは12時でした。

観光の詳しいノウハウはこちらの記事「絶対訪れたい!アリゾナのアンテロープ観光」で紹介しています。

 

アンテロープを満喫した後は、グランドキャニオンへ。

アンテロープからは、約2時間半(130マイル)のドライブです。

注意:2018年10月現在、グランドキャニオン近くの道路が閉鎖されているため、回り道をする必要があり、約5時間半かかるようです。道路状況は、Google マップで事前に確認できます。

 

グランドキャニオンへのドライブは、色々なインディアンの部族の方が住んでいると思われる箇所を横目に見ながら走りました。

途中、街が少ないので、ガソリンはペイジで満タンにしておいてくださいね。

 

アンテロープでのツアーを2時間ほど待ったので、私たちはグランドキャニオンでの夕日鑑賞をミスってしまいましたが、スケジュール的には夕日を見ることは可能です。

 

この日の滞在は、グランドキャニオンビレッジの中にあるヤバパイロッジ

他にも、いくつかあるので、予算と空室状況に応じて好みの場所を選んでみてください。

 

 

ヤバパイロッジはロケーションは最高ですが、ホテルの部屋は古さを感じました。

このホテルのクオリティだと、価格がちょっと高めかなと思います。

グランドキャニオンでの詳しいホテル予約は、記事「こんな朝焼けみたことがない!グランドキャニオンでの日の出とホテル」をどうぞ。

 

ホテルへのチェックイン後は、グランドキャニオン内のレストランで夜ご飯。

グランドキャニオンのレストラン、どのレストランもかなり混んでいましたね。

予約できるなら、予約が絶対オススメ。

予約しないと、30分以上は待たされる感じでした。

私たちは、せっかくなので一番評判がいいところで食べようと、El Tovar Dining Roomにいきました。

予約なしでEl Tobar Dining Roomに行くと、なんと席が空くのは夜9時半と言われ絶望的な気持ちになりました。

しかし、とにかく横のバーで待ちたいと粘ると、なんと40分後には席に通してもらえました。

待ってみるものですね。

評判通り、美味しかったです。

 

レストランでの夕食後、空を見上げると本当に星をたくさん見ることができました。

もちろん、ここでも流れ星をいくつか観ることができましたよ。

 

4日目:グランドキャニオンで大自然の朝日を堪能、そしてラスベガスへ

グランドキャニオンでの朝日

グランドキャニオンでは、ぜひ早起きをして朝日を見るのがオススメ

私たちが訪問した11月末は、日の出が7時頃でしたが、とにかく空が赤く染まってキレイでした。

記事「こんな朝焼けみたことがない!グランドキャニオンでの日の出とホテル」でも紹介していますが、とにかく朝方は冷えるので、防寒対策をしっかりと! 

午前中にグランドキャニオンを出発すれば、夕方にはラスベガスに到着することが可能です。

道は比較的まっすぐなので、運転も楽でした。

グランドキャニオンからラスベガスの空港まで、約4時間半(270マイル)のドライブ。

もし時間があれば、有名なフーバーダムに立ち寄ることも可能です。

また、更に日程に余裕があれば、ここでセドナに立ち寄ることも可能です。

セドナに行くなら、セドナで2泊ぐらいしたいところですね。

パワースポットと言われるセドナですが、街が赤かったのが印象的でした。

 

周遊ルートのまとめ

モデルルート

本記事で紹介したモデルルートをまとめると下記になります。

4日間で合計1090km、約12時間のドライブになります。

1日最大4時間半のドライブですが、道路が直線で空いているので、意外と楽だと思います。

おすすめレンタカー 

レンタカー検索には、レンタカー会社によって価格がかなり違うので、日本語サポートもあるRenting Carzというサイトを利用した一括検索が便利です。

その際、例えばHertz、Nationalsといったメジャーなレンタカー会社を選んだ方がメンテナンスがしっかりされていると感じるので個人的にはオススメです。私はいつもNationalsを利用しています。

日本語サポートがあるRenting Carzでレンタカー最安値を一括検索する

運転に自信がない方には、VELTRAの現地発着ツアー 

運転に自信がないあなたには、VELTRAの現地発着ツアーがオススメ。

少し駆け足になりますが、グランドキャニオン・アンテロープを日帰りで訪問するツアーがあります。

少し価格は高く感じるかもしれませんが、1日10時間近く運転する労力を考えたら、この価格も納得できます。

グランドキャニオンを巡るツアーを見てみる

旅行にインストールしておきたいアプリ

Wazeをはじめ、アメリカ旅行に役立つアプリを記事「ローカルが選ぶアメリカ旅行に必須のアプリ10選」で紹介しています。

ほとんど無料のものばかりですので、参考にしてみてください。

 

さいごに

本記事では、アンテロープ・グランドキャニオンを訪れる周遊ルートを紹介しました。

大人二人で交代で運転しながら、4日間のドライブ旅行は少し駆け足気味でしたが、丁度よかったです。

もし時間があったら、ザイオンやセドナ、グランドキャニオンで延泊したかったなと思います。