海外在住の旅好きが届けるブログ135° East

世界各国の旅行情報を紹介

サンノゼ・ジャパンタウンの観光の仕方教えます

f:id:novotabi:20180427141436p:plain

アメリカのジャパンタウンというと、サンフランシスコ(San Francisco)やロサンゼルス(Los Angeles)の日本人街が有名ですが、シリコンバレーの中心地・サンノゼ(San Jose)にも歴史あるジャパンタウンが残っているんです!

この記事では、サンノゼ・ジャパンタウンの歴史・治安・お祭りからオススメのレストランまで紹介していきます。

(更新日:2018年7月15日)

サンノゼ・ジャパンタウンへのアクセス

アメリカ、カリフォルニア州サンノゼ市のダウンタウンにある日系人のお店・住宅が集まる地域。住所でいうと、240 Jackson St, San Jose, CA 95112(地図)付近。ANAが直行便を飛ばしているサンノゼ空港のすぐ近くです。

アクセスは、レンタカーが一番オススメです。日中は有料の駐車場があります。

警察が周囲にいないから、とお金を払わずに車をとめないようにしてくださいね。周辺のお店の人に聞いたところ、よく警察が取り締まっているとのこと。

他にも、公共バス、もしくはVTAを利用してジャパンタウンを訪れることも可能です。VTAの場合、Japantown/Ayer駅で下車し、歩いて10分程でしょうか。下記は、ジャパンタウンがあるJackson通りです。

f:id:novotabi:20180427132934j:plain

サンノゼ・ジャパンタウンとその周囲の様子

ジャパンタウン一帯には、和食レストラン・日系スーパー・日系の土産物屋からお寺まで、10数軒が立ち並んでいます。日系移民の歴史を展示しているJapanese American Museumもあります。美味しい、昔ながらの手作り豆腐やさんもあったのですが、2017年に閉店してしまいました。残念!

f:id:novotabi:20180427134527j:plain

San Jose Tofu

サンノゼ・ジャパンタウンの周囲は住宅街になっており、周囲を少し歩き回ってみるのも楽しいです。庭が和風になっている家や、ミニ鳥居がある家、家の門が鳥居になっている家などがあり、そんな家からメキシコ人の住人の方が出てきたりと、面白い光景に出会えます。JacksonからTaylerの辺りを歩いてみると面白い出会いがありますよ!

どちらかというと、サンフランシスコやロサンゼルスのジャパンタウンは観光地化されていますが、サンノゼのジャパンタウンはこじんまりしています。その分、ココに来ているのは地元の人がほとんどですね。静かなジャパンタウンを楽しみたいという場合には、サンノゼのジャパンタウンをオススメしたいです。

f:id:novotabi:20180426164413j:plain

San Jose Buddhist Church Betsuin

サンノゼ・ジャパンタウンの治安

数ブロック変わると、サンノゼ・ジャパンタウンの辺りは街の様子が変わるので、少し注意は必要ですが、住宅街の中にありますし、メインのJackson通りとその周辺の1-2ブロックは大丈夫です。

ただ、自分の勘を信じて、ん?って思ったら、早くその場所を去るようにしたほうがいいです。また、暗くなったら、やはりアメリカですので、1人で小道をウロウロしないほうがいいですね。私が知っている限りでは、過去1年間に1回だけ銃による殺人事件がありました。

サンノゼ・ジャパンタウンの歴史

個人的に日系移民に興味があり、San Jose JapantownのWebサイトで調べてみました。

  • 1890年頃に、農作業のためにやってきた日本からの移民が住み始めたのがはじまり。
  • 当時、この辺りにはチャイナタウンがあり(今はありません)、当時の日本人は同じアジア人ということで、チャイナタウンで生活をしながら、日本人コミュニティを作り上げていき、1900年台はじめにはジャパンタウンができたと言われています。
  • 1907年に結ばれた協定のおかげで、日本人の女性がアメリカに移住できるようになり、日系二世が生まれジャパンタウンは反映していきます。
  • 1920年代に入ると、San Jose Buddhist Churchをはじめ、ガソリンスタンドや新しい商店、アメリカの教育を受けた日系医師の病院が開業するなど、着実に街は成長していきます。
  • 一方で、皮肉にも最初に日本人を支えてくれたチャイナタウンは、世界恐慌と中華系移民に反発する法律が制定されたことにより、住民は追い出され、チャイナタウンは倉庫街へと変えられてしまいました。
  • 1942年5月、第二次世界大戦中には、この辺りに住んでいた日系人達は収容所もしくは西海岸から遠く離れた場所への引越を余儀なくされます。結果的に、このジャパンタウンも人がいなくなり、ゴーストタウンとなってしまいました。
  • SMAPの草彅剛主演でドラマ化された「99年の愛 ~ Japanese Americans~」でも収容所の様子が描かれていましたね。2010年のドラマですが、いいドラマでした。恥ずかしながら、その時まで日系人が収容所に入れられていたという事実を知りませんでした。。
  • 1945年に、このジャパンタウンに戻ることが許された日系人の方達は、地域一丸となって開発をすすめ、今のジャパンタウンへと発展していきました。今、活躍されている日系人の方々は4世や5世とのことです。 

サンノゼ・ジャパンタウンで行われるお祭り

数ヶ月に1度は何かしらのイベントが定期的に行われています。最新のイベント情報が、San Jose Japantown のWebサイトにも掲載されているのでチェックしてみてください。

2018年であれば、例えば下記のようなイベントが計画されています。

  • 4月 日系まつり
  • 6月 Sake Walk
  • 7月 お盆フェスティバル
  • 12月 Beer Walk

 

オススメのイベントはと聞かれたら、夏に行われるお盆フェスティバルです!

アメリカにありながら、日本よりも日本らしい!このお祭りをみて、そう感じました。

道路の一角を通行止めにして、日本人もアメリカ人も一緒に、何時間も盆踊りをしている姿は感動的です。「上を向いて歩こう」や「炭坑節」など、おなじみの日本の楽曲が流れていました!福岡出身なので、炭坑節は懐かしかった!

毎年の夏休みを、母の実家がある兵庫県のある田舎の村で過ごしていた私にとって、その盆踊り大会に行った時のような、懐かしさを感じました。

1890年代にアメリカに渡ってきた方たちが、大変な異国での生活の中で、遠くから祖国を思い、仲間同士でこうしたお盆まつりを行っていたのではと想像すると、嬉しいような切ないような気持ちになりました。

f:id:novotabi:20180426161912j:plain

 

サンノゼ・ジャパンタウンのレストランレビュー

 

私が友人を連れて行くなら、GOMBEIかSUSHIMARUです。定食を食べるならGOMBEI。寿司や居酒屋メニューだったらSUSHIMARUにします。また、和食ではないのですが、ジャパンタウンの一角にあるメキシカンレストランもいつも人が入っているので、個人的には気になっています。

GOMBEI

いつもお客さんが入っている人気店。メニューは、GOMBEIメニューでみることが出来ます。定食メニューが中心。メキシコ人のシェフが作っていますが味は結構美味しい。支払いは現金のみなので、現金を忘れずに。

GOMBEIのおすすめメニューについて詳しく、記事「近日公開予定」で紹介しています。

 

SUSHIMARU

いつも、それなりにお客さんが入っている人気店。回転寿司が中心ですが、居酒屋メニューもあります。

日本人の友達も、何人かはここのお寿司が美味しいと言っていましたし、味は悪くないです。居酒屋メニューも普通に美味しかった印象があります。

ただ、私にはちょっと価格が高く感じます。2人で控えめに食べて$80くらいいきました。ただ、他のお店で寿司を食べるくらいなら、このお店で寿司を食べたほうがいいです。

TSUGARU

居酒屋メニューの他に、定食やお寿司等何でも出している日系レストラン。友人は、鍋焼きうどんは美味しいといって食べていました。また、カキフライも美味しいと思いました。定員さんは親切ですが、人手が足りないのか忙しそうでした。寿司や鶏のから揚げは、もう少し改良の余地があるかなと個人的には思います。

KAITA

金曜の夜はお客さんでいっぱいになっている居酒屋。定食メニューもありました。お店の雰囲気はかなりカジュアル。小さな店内に、テーブルがたくさん並んでいます。アメリカ人の同僚は、KAITAに週に1回ランチを食べに行くぐらいのKAITAファンもいるようです。個人的には、味は普通かなと思います。

 

 

f:id:novotabi:20180427132759j:plain

サンノゼ・ジャパンタウンのレストラン

サンノゼ・ジャパンタウン訪問時のホテル

もし近くにホテルを予約するのであれば、サンノゼ空港の近くファーストストリート沿いに幾つかホテルがあります。そこを外すと、モーテルみたいな怪しいホテルしかないので、私だったらファーストストリート沿いのホテルに泊まります。

エクスペディアでホテルを検索する

さいごに

100年以上の日系人の歴史を刻んできた地元の人に愛されているサンノゼ・ジャパンタウン。和食店だけでなく、ぜひ、訪れてみてください!