海外在住の旅好きが届けるブログ135° East

世界各国の旅行情報を紹介

肩の力を抜いたラスベガスの滞在に!ホテルRenaissance Las Vegas

f:id:novotabi:20180826152733j:plain

ラスベガス観光、ホテルがありすぎてどこのホテルに泊まったらいいかわからない!と嘆いている人もいるのではないでしょうか?そんな方向けに、本記事ではラスベガスのストリップから少し離れたマリオット系列のルネッサンスホテル/Renaissance Hotelに2018年8月に滞在した経験について紹介しています。

Renaissanceのロケーションはストリップの外れ、だけど静か!

ストリップから少し離れていますが、ストリップを走るモノレールの駅「Las Vegas Convention Center」の近くに建っています。駅からは徒歩5分の距離。

下記は、夜10時30分ごろにモノレール駅から撮った写真ですが、街灯がたくさんあったので、そんなに危険な感じはしませんでした。ただ、女性一人であれば、あまり遅くに一人でウロウロしないことをおすすめします。

モノレール駅から見えるRenaissanceホテル

モノレール駅から見えるRenaissanceホテル


有名レストランやショーが行われるストリップまではモノレールを使うと便利です。私が滞在したときは、ホテルがモノレールの片道乗車券を支給してくれました。モノレールは1回の乗車につき約$5かかるので、この支給は助かりますが、どうせなら往復ほしかったな。

 

もちろん、歩いて行くことも可能です。実際に歩いてみましたが、最も近いベネチアンホテルまで20-30分位でしょうか。真夏は歩くのも辛いですが、少し涼しい季節であれば問題ないと思います。なお、UberやLyftを使うと、5〜10分ぐらいで$10ぐらいで着きます。

 

Renaissanceの設備

Renaissanceの中庭

Renaissanceの中庭

入って左手にはチェックインカウンターがあり、正面には中庭が見えます。中庭は、大きくはないですが、10メートル位あるプールとジャグジーがありました。全体的に、かなり綺麗で新しいホテルであることが感じられます。設備面では、大満足でした。

 

Renaissanceの部屋

Renaissanceの部屋

Renaissanceの部屋

新しく、かなりきれいでした。広さも平均的なアメリカのホテルの広さがあります。テレビが普通のホテルよりひとまわり大きかったです。テレビ好きの主人は、大喜びでした。

 

ベッドの硬さは、硬いベッドを好む日本人の立場からすると柔らかめですが、他のアメリカのホテルと比較すると硬めで寝やすいです。

 

コンセント口がたくさんあるので、充電や電気製品の利用が便利。特に、ベッド周りのコンセントが充実しています。こういう細かい心遣いは、結構重要ですね。

 

また、無料の水ペットボトルが毎日2本補給されていました。

  

Renaissanceのバスルーム

洗面所まわりは浴槽はあるけれども、浅い。シャワーは別スペース。キレイです。浴槽が深いとベストですが、アメリカなので仕方がないですね。

Renaissanceのバスルーム
Renaissanceのバスルーム
Renaissanceのバスルーム

アメニティはAveda。特に、ボディクリームがいい香りかつさわやかな塗り心地で、ここラスベガスの湿っぽい空気でも塗りたくなる爽やかさです。

Renaissanceのアメニティ

Renaissanceのアメニティ

 

Wi-Fiの速さ

平日内にホテルの部屋から、Wi-Fiの速さを測定してみました。結構、早くて快適にインターネットを楽しむことができました。

f:id:novotabi:20180817091423p:plain

 

基本情報

 

さいごに

本記事では、ストリップから少し外れたところにあるマリオット系列のルネサンスホテルについて紹介しました。新しくて綺麗なホテルですが、観光スポットが多いストリップから外れるので、レンタカーを借りる予定の人やモノレールに乗っても構わないという人にオススメです。コンベンションセンターはすぐ横なので、コンベンションセンターに行く人には300%オススメします。

 

ストリップ沿いのホテルを探している方には、ミラージュのホテルのレビュー記事「【実体験】火山噴火ショーでおなじみのラスベガス・ミラージュホテル」もあわせてどうぞ。