海外在住の旅好きが届けるブログ135° East

世界各国の旅行情報を紹介

実体験に基づく!カリフォルニアの運転で気をつけたい3つ

f:id:novotabi:20180407050642j:plain

アメリカ、特にカリフォルニアで車の運転をするというあなた向けに、私が実際の失敗談をもとに考える、カリフォルニアでの車の運転で特に気をつけたいことについて紹介します。

カリフォルニアで運転する方法

アメリカのDMV(Deparment of Motor Vehicle)によると、日本の有効な運転免許があればOKとのことですが、レンタカー会社の社員が日本語を読めないので国際免許証をあわせて持っていくのがいいです。

International Driving Permits

California does recognize a valid driver license that is issued by a foreign jurisdiction (country, state, territory) of which the license holder is a resident.

Reference:DMV International Driving Permits 

レンタカー会社は各社ありますが、メジャーな会社の方がメンテナンスがきちんとされている印象があるので、私はNationalかEnterprise、Herzが多いです。レンタカー料金は残念ながら空港から借りると少し料金が割高ですので、可能であれば街に出てから借りた方がお得です。

カリフォルニアでの運転ルール

基本的には、日本の運転免許をとった方であれば大丈夫です。ただ、赤信号時の右折OK等、数箇所ルールが異なる場合もあります。

アメリカの他州とも殆ど変わらないはずですが、もし不安な方は下記にアメリカのDMV(Deparment of Motor Vehicle)が日本語でのルールブックが公開されています。参考にしてください。

DMV公式 カリフォルニア 運転者用ハンドブック(日本語)

カリフォルニアでの運転で特に気をつけたい3つのポイント

1. 赤信号での右折

赤信号で右折するときは、必ず一旦停止して安全を確認してから右折してください。他州に住んでいたときはそんなに厳しく取り締まっていなかったので、スピードを落として停まらずに安全を確認して右折していました(反省)。

しかし、カリフォルニアは厳しいです。

参考までに、運転者用ハンドブックから引用:

f:id:novotabi:20180407035036p:plain

引用:カリフォルニア運転者用ハンドブック 22ページ

時々、一時停止せずに右折している車があります。しかし、カリフォルニアでは厳しく取り締まられ、違反時には罰金は約5万円です!

無人カメラも多く設置されているので、絶対に赤信号での右折時にはきちんと停止した方がいいです!カメラが設置されているマップが、Googleで”California Photo Enforcement Locations"というキーワードで検索すると出てきます。かなりの数のカメラが設置されていることがわかると思います。

f:id:novotabi:20180407050910j:plain

私の赤信号違反体験談

サンフランシスコ空港の近くにあるMillbraeのBARTの駅前の交差点でやられました。

レンタカーに乗っていたのですが、写真と動画がきっちり撮影されており、レンタカー会社を通して、違反チケットが送付されてきました。請求金額は$500ぐらいだったはず。もちろん、レンタカー会社の処理手数料なるものまで加算されていました…

チケットを受け取った後は、下記の2つのオプションがあります。

1. おとなしく支払う

2. 決められた日に裁判所に出向く

専門の弁護士を雇うというオプションもあるようですが、実際に複数の事務所に問い合わせをしましたが、おそらく案件として規模が小さすぎるので、問い合わせに対する返事すらもらえませんでした。

結局、裁判所に出向くことを決めました。というのは、裁判所に出向くと$100ほど罰金を減額してくれるとのインターネット情報を見たためです。

朝9時につくと長蛇の列があり、順番に審議へと通されます。アメリカらしからず、結構てきぱきとしていて、2-3時間ぐらいの拘束でした。

まず、100人ぐらいがひとつの部屋に入れられて、順番に審議されていきます。

他の人の違反ケースを傍聴しながら、自分の順番を待ちます。アメリカの裁判は、審議される側もあの手この手で言い訳を考えてきて、人によっては「お金がないので罰金を分割払いさせてー」と依頼していたり、審議する裁判官も「お前たち、この人の証言を信じられるか?信じられないやつは拍手して!」みたいな聴衆参加型の審議もあり、テレビのショーのようです。

自分の順番がきたら、名前を確認されて、罪を認めるか等の簡単な質問を2-3個聞かれて、罪を認めたので、その場ですぐに$100を減額してもらいました。その場で、罪を認めない場合は、「X月X日にもう一回来て審議しましょう」という感じで進んでいました。

部屋を出たら、窓口で罰金を支払って終わりです。私は罰金のついでに、Traffic SchoolというWebでの交通安全クラスを受講(もちろん有料)させられました。

最後に、殆どの人が私と同じMillbraeの交差点で写真をとられていましたので気をつけてくださいね。

2. 携帯電話で話しながらの運転

携帯電話をもってLINEを送ったり、話をしながら運転しているところを警察に見つかるとすぐにチケットです。絶対にやめましょう!

裁判所に行ったときも、何人かは運転中に携帯電話を手にとって運転していたという罪で出頭している人たちがいました。あるおじさんは、「いや、あれはコーヒーカップで携帯電話じゃなかったんだ!」と必死の言い訳をしていましたが、さすがに裁判官も「そんなわけないだろ!」と一喝していました。

3. 雨の日の運転

カリフォルニア、例えばサンノゼ市は年間に62日にしか雨が降らない、年中晴天の街です。なので、カリフォルニアの道路も人も、雨に慣れていないので、日本人の間隔で普通の雨が降るとニュースでも大騒ぎになります。

例えば、インフラでいうと、下水道が決壊して高速道路に染み出したので高速道路を閉鎖しますとか、とかいう騒ぎになります。

雨の日は、高速道路を走る車もかなりゆっくりになります。いつもは、すごいスピードでみんな走っているのですが、雨の日は半分くらいのスピードじゃないかと思うほど。。周りがそんな感じなので、特に雨の日は回りの車に注意して運転してくださいね。

さいごに

カリフォルニアでの運転で気をつけてほしい、赤信号右折、携帯電話を持ちながらの運転、雨の日の運転、について紹介しました。