仕事も旅も楽しむ会社員ライフブログ

世界のストーリーを伝える、会社員のためのライフスタイルブログ

ジョージアのお土産購入にオススメ!トビリシ・フリーマーケット(蚤の市)

ジョージア トビリシ

ジョージアの首都「トビリシ」でフリーマーケット(蚤の市)に行ってきました。

トビリシで参加したツアーのガイドさんが、「本物のワインカップを買いたかったら、観光地のお土産屋ではなくフリーマーケットに行け」とフリーマーケットをオススメしていたので、訪ねてみることにしました。

訪問時間は午後がオススメ。

午前中はほとんどお店が開いていません。

ピンバッジや食器・絵を購入したい人には特にオススメです。

ジョージア・トビリシのフリーマーケットの基本・詳細情報とアクセス方法 

  • 住所:ხიდის ქუჩა, Tbilisi, ジョージア
  • 営業時間:午前8時〜午後7時
  • 定休日:日曜日

 

ジョージア・トビリシのフリーマーケットへの行き方・アクセス方法

ジョージア トビリシ Liberty Square

メトロ「Liberty Square」から歩けます。

もしくは、バスでフリーマーケットが行われている公園までアクセスできれば、歩く時間が短くてすみます。

公園自体が道路で2つに分断されており、反対側の公園に行くと何もないのでフリーマーケットは休みかと(私のように)勘違いしてしまいます。

道路を超えて逆側に行ってみると、公園の内外に小さな露店が連なっていました。

気をつけてくださいね。

 

トビリシ・フリーマーケットの様子と雰囲気

トビリシ フリーマーケット

月曜日の午前11時頃という早めの時間帯に行ってしまったせいか、開いているフリーマーケットのお店自体も少なかったです。

上の写真のように開いているお店がまばらで、何とも寂しい雰囲気でした。

もう少し遅い時間帯に行くべきでした。

 

ジョージア トビリシ フリーマーケット

フリーマーケットで売っていたのは、絵画・食器・壺・シャンデリア・アクセサリー・パソコンのバッテリーなどの電化小物・時計・ワイングラスなどが売っていました。

絵と骨董品のお店が多かったですね。

電化小物は、パソコンのファンやケーブルなどが多く、「こんな物が売れるのか!」と驚きました。

私も自宅の電化小物を持ってきて、ビジネスをしたいぐらいです。

 

食器類はかなり充実していたので、ヨーロッパのアンティーク調の食器好きの方にはオススメです。

フリーマーケットのメイン会場から少し外れた、階段を降りてアクセスできる小広場(場所はこちら)にはシャンデリアや食器が多く売られていました。

 

オッと興味をひいたのは、ソビエト連邦時代?もしくは世界大戦?での勲章と思われるメダルが売っていたこと。

購入したいなと少しだけ思いましたが、「自分が戦争に行って手柄をたてたわけでもないのに、購入してどうする?」と自問自答して、購入を諦めました。

Googleマップでは偽物も売っているとのレビューもあったので、注意が必要ですね。

 

個人的には牛の角のワインカップを探しに行ったのですが、売っているお店が一つしかなかったので、結局購入しませんでした。

 

なお、こちらのフリーマーケットは勧誘がおとなしめ。

ゆっくり見て歩くことができました。

 

ジョージア・トビリシのフリーマーケットはこんな人にオススメ

ジョージア トビリシ フリーマーケット

ジョージアならではの骨董品を購入したい方にオススメです。

ガイドさんによると、購入する場合には価格交渉が必要とのこと。

値切りましょう!

 

ワインや食品系のお土産購入は、こちらのカルフールがオススメです。

www.135east.com

 特集・まとめ記事

priority-pass-review

 カテゴリでさがす

20200602072648 20200602072700 20200602072713 20200602072723 20200602072743 20200602072733

 地域・国で旅行情報をさがす

アジア 日本 台湾(台北・台南)|タイカンボジアベトナムネパールマレーシア|インドネシア|中国|フィリピン|韓国

アメリカ ハワイカリフォルニアニューヨークワシントンD.C.ラスベガス

ヨーロッパ アイスランドイギリスイタリアギリシャクロアチアジョージアスペインスイスポルトガルトルコフランス

アフリカ モロッコ

 最新記事