会社員がつづる世界の旅ブログ135east

ストーリーを伝える、会社員のための旅ブログ

私がジョージアを旅先に選んだ3つの理由

f:id:novotabi:20191120134954j:plain

「ジョージアに行った」と友人や同僚に話したら、多くの人が「ジョージア?!なぜそんなところに行ったの?」との反応でした。

やはりアメリカでも認知されていない国のようですね。

日本の方には、「相撲取りが多い、昔のグルジアだよ」と説明すると国名までは通じますが、場所がわからない人が多いです。

アメリカ人は、まず間違いなく「ジョージア州か?」と反応し、「違う」というとGoogleマップを使って検索をはじめます。

こんな感じで、まだまだマイナーな国「ジョージア」へ、なぜ私が旅行に行ってきたのかを紹介したいと思います。

この記事を読めば、ジョージアへの興味が湧いてくるかも!?

1. ジョージア最高というTweetを見かけることが多くなった

f:id:novotabi:20191202182830j:plain

旅の最新情報が知りたくて、Twitterで何人かの旅アカウントをフォローしているのですが、その中で数ヶ月前から目につくようになってきたのは、「ジョージア最高」というツイート。

何十カ国も旅した人たちが「ジョージア最高」ってつぶやいていたら…

やっぱり気になりませんか?どれだけ良い国なんだろうと…

私も黒海周りの国々は、行ったことがない未踏の地だったので、つぶやきを何度か見かけるうちに、ドンドン興味がでてきました。

 

2. 世界的にみてもまだマイナーな観光地

f:id:novotabi:20191207151218j:plain

今年のはじめに、カンボジアのアンコール・ワットを訪れたとき、(私も観光客ですが)その観光客の多さにぐったりしました。

アンコールワットの街には、アメリカのポップミュージックが流れ、遺跡にも人が溢れていました。

人が多すぎて写真をゆっくり撮れない、そして自由に歩き回れないという状態。

あの経験をして、もうメジャーな観光地は嫌だと感じました。

特にツアー客が押し寄せている観光地は最悪です…

どうせ旅行に行くなら、まだ世界から注目されていない、そしてツアー客も少なそうな少しマイナーな都市が良い、という思いから、ジョージアを選びました。 

 

カンボジアへの旅行直後に書いたカンボジアの印象・感想記事はこちら

www.135east.com

 

3. 治安が安定しており、物価が低い国

f:id:novotabi:20191207151209j:plain

ジョージアが候補に上がったところで、ジョージアについて調べていくと、人&食べ物&治安が良いと三拍子揃った、素晴らしい国であることがわかってきました。

さらに、物価が低いとのこと!

であれば、飛行機代は多少かかっても、トータルで見たら意外と安くつくかもしれないと思い、航空券とホテルの値段を調べてみたら悪くない!

そんな理由で、ジョージア行きの航空券を探していたら、少し予算オーバーだったけれども、そこそこの航空会社(ルフトハンザ航空)で、時間がめいいっぱい使えそうなレッドアイ(深夜便)の飛行機を予約できたので、ジョージアへの旅行が決定しました。

 

4.そしてもう一つ。主人が一緒に来てくれなさそうな国

ジョージア トビリシ

実は、主人は大の東南アジア好き。

西洋の香りがする国はあまり好きではないようです。

今回は、サンクスギビング(11月末)の休暇は夫婦で別々の国を旅しようということで、ひとり旅の行き先を探していたので、「できれば主人は行きたがらないけど、私は行きたい国」に行きたいなと思っていました。

夫婦ひとり旅の経緯はこちら

www.135east.com

 

ジョージアはモノによっては、アジアに分類されることもあるようですが、写真を見た限りだと、西洋の影響を多く受けている国のように感じました。

一応、主人にもジョージア旅行は興味があるかと聞いてみましたが、「ない」との二つ返事。まあ、想定どおりです。

 

さいごに

とまあ、色々な条件が揃ったので、今回は旅人に話題の国「ジョージア」をひとり旅することにしました。

こちらのブログで、ジョージアの様子を紹介していきますね。