135° East

US在住・会社員トラベラーによる旅ブログ

【台南観光まとめ】台湾の小京都!台南で訪れておきたい観光スポット

家族が住んでいるので、毎年訪問している台南。

台南は台湾の京都とも呼ばれるように、近代化されてしまった台北と比べて、昔ながらの町並みが残っており、ほどよく栄えて、かつ昔の町並みも残っている点が印象的です。

本記事では、実際に訪れた感想と共に台南の観光スポットについて紹介します。

ここだけは外せない台南の観光スポット1「赤嵌楼」

赤嵌楼

台南で一番の観光スポットだと思います。

台南の繁華街の中でも中心地に位置しているので、アクセスもしやすいです。

赤嵌楼の中には学問の神様が祀ってあったり、その歴史について少しだけ展示がありました。

ここでぜひ入手してほしいのは、鄭成功グッズ!

台南では英雄として祀られている鄭成功さんのグッズ、ビールからポテトチップスまで色々と売店で売っているので、休憩がてら赤嵌楼の庭園を眺めながら一杯飲むのもいかがでしょうか、成功を祈って。

成功ビールに関しては、こちらの記事「【台南限定】成功したいなら飲むしかない!成功ビール!」で詳しく紹介しています。

 

赤嵌楼の基本・詳細情報とアクセス方法

 

ここだけは外せない台南の観光スポット2「安平古堡」

台南の歴史を語る上では要となる場所なので、おそらく台南では主要な観光スポットのひとつだと思います。

印象に残っているのは、1600年代に作られたというレンガ塀と展望台。

展望台からは台南の街を一望できました。

11月に訪問しましたが、とにかく暑かったです。

安平古堡の周りには小さな商店が並んでおり、2ブロックぐらい離れると墓地もありました。

更にその先を散策していると、野良犬がかなりいるエリアも...

というと、ちょっと怖いエリアのようですが、昼間はそんなことはありません。

観光客もたくさんいますので、ご安心ください!

 

安平古堡は台南の繁華街から遠く離れているので、バスかタクシーでのアクセスになります。

私達は、台南駅からバスに乗り約1時間ほどでした。

台南駅からであれば、バスは直行便があるので比較的簡単だと思いますよ。

歩いて5分位の場所にある、近くにある安平樹屋と一緒にまわるのがおすすめです。

 

安平古堡の基本・詳細情報とアクセス方法

 

ここだけは外せない台南の観光スポット3「安平樹屋」

安平樹屋

かつては日本企業の倉庫だったようですが、ガジュマルの木がかつての建物にからみついています。

まるでジブリ映画「天空の城ラピュタ」の世界を思い出させるようなエリアです。

樹木の中を散策するのも気持ちがいいですし、さらに奥の方まで進むと川沿いに展望台のようなものもあり、川を眺めながらのんびりするのも気持ちがいいです。

そんなに安平樹屋自体が大きくないので、2時間も滞在すれば十分だと思います。

安平樹屋に隣接して雰囲気がいいカフェもありました。

 

安平樹屋の基本・詳細情報とアクセス方法

  • 住所:708台南市安平區古堡街
  • 電話番号:+886-6-3913901
  • 開館時間:午前8時30分〜午後5時30分
  • 休館日:なし
  • 入場料:50元
  • 公式サイト:なし

 

ここだけは外せない台南の観光スポット4「永樂市場」

永樂市場

赤嵌楼のスグ近くにある、小さな屋台が集まる市場。

週末は、地元の人や観光客が集まり、かなりの賑わいを見せていました。

永樂市場では、ひとつのお店で一品たべて、次のお店でまた違うメニューを食べてという食べ歩きがオススメです。

一品、一品やすいですし、行列ができているお店もちらほら。

行列が出来ていなくても、おいしい!というお店もありました。

 

永樂市場の基本・詳細情報とアクセス方法

 

ここだけは外せない台南の観光スポット5「林百貨店」

林百貨店

台湾の名産品とともに、オシャレな台湾グッズが売られているデパート。

その建物もレトロな感じでいい雰囲気ですが、屋上には神社までありました。

屋上には戦争で壊れたという部分が今も大切に保存されており、当時の戦争の激しさを感じることができます。

林百貨店のオリジナル雑貨も売っています。私も筆箱とお弁当バッグを買いました。

お土産の購入にいいとおもいます。

 

林百貨店の基本・詳細情報とアクセス方法

 

興味があったらオススメ!台南の観光スポット1「国立台灣歴史博物館」

国立台灣歴史博物館

台灣市内から少し離れていますが、台湾の歴史に関する展示が行われていました。かなり新しい建物なので、快適に見学ができます。

こちらの歴史博物館で印象的だったのは、Virtual Reality(VR)を使った展示。

私には馴染みがなくてわかりにくかった赤嵌楼の歴史も、VRで見るとすごくよくわかりました。

もしかしたらVRでの展示は期間限定だったかもしれません。

 

国立台灣歴史博物館の基本・詳細情報とアクセス方法

  • 住所:709台南市安南區長和路一段250號
  • 開館時間:9時〜4時30分
  • 休館日:月曜日
  • 公式サイト:http://jp.nmth.gov.tw/(日本語サイト)
  • 入場料:100元(一般)

  

興味があったらオススメ!台南の観光スポット2「鄭成功歴史文物館」

鄭成功歴史文物館

地元のタクシー運転手は、ここは観光客しか行かないと酷評していましたが、台南にくると鄭成功にたいする崇拝がすごいので、一体どんな人なんだろうと興味を持つと思います。

鄭成功に関して色々と学ぶことができる、絶好の場所がこちらの鄭成功博物館。

実は長崎でうまれたという生い立ちから、家族との生き別れまで、色々と辛い人生を生きたということがこちらの博物館にくるとよくわかります。

何度も来る場所じゃないとは思いますが、1度は訪れてみてもいいのではないでしょうか。

ちなみに、地元のタクシー運転手によると、この鄭成功博物館の周りには美味しいレストランはないということでしたので、ご飯は違う場所ですませてからの訪問をオススメします。

 

鄭成功歴史文物館の基本・詳細情報とアクセス方法

 

台南観光!こんな人におすすめ

個人的には、少し落ち着いた雰囲気がある台南の方が居心地がいいですね。

観光スポットは、正直沢山あるわけではないですが、その分地元の人の生活を垣間見ることができるエリアがたくさんありますよ。

 

台湾のグルメ情報は記事「【台南グルメ】地元の人もオススメ!台南の美味しいレストラン・リスト」をどうぞ。

地元に住む家族が連れて行ってくれたお店ばかりですので、ガイド本「地球の歩き方」や「るるぶ」よりもよりローカルの人が行くお店が紹介できている自信作です!